小石川植物園 ニュース&Wiki etc.

東京大学大学院理学系研究科附属植物園(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞくしょくぶつえん、英:Botanical Gardens, Graduate School of Science, the University of Tokyo)は、東京大学の附属施設の一つで、植物に関する様々な研究を行ってい… (出典:Wikipedia)

「小石川植物園」Q&A

  • Q&A

    これも小石川植物園にありました。何の実でしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年6月27日 21:13

  • Q&A

    この白い花は何ですか?小石川植物園に生えていた草です。調べたら簡単にわかると思ったの…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2012年6月27日 21:11

  • Q&A

    小石川植物園で撮影しました。オオデマリとかコデマリの仲間かなぁと思ってとりあえず撮影…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2012年5月5日 21:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」のつながり調べ

  • 史跡

    史跡から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    「小石川御薬園」も、現在は東京大学大学院理学系研究科附属植物園となっているが、往事に植栽されたものとは内容も構成も異なっており、施設などの面でも往事の痕跡はとどめないので、東京都では「旧跡」に含めている。他の東京都指定旧跡には、練馬城跡、世田谷城跡、御茶ノ水などがある。(史跡 フレッシュアイペディアより)

  • カンゾウ属

    カンゾウ属から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    甘草の栽培は日本では300年以上前から行なわれており、江戸時代には山梨県甲州市〔旧:塩山市〕の甘草屋敷や江戸の小石川御薬園で栽培されていた。現在は輸入品の方が安いため、ほぼ100%を中国・旧ソ連・アフガニスタンなどからの輸入に頼っているが、グリチルリチンの含有量が一定でなく、乱獲による絶滅が懸念されているため、2008年度から佐賀県玄海町と九州大学の協力により再び国産栽培が試みられることになった。(カンゾウ属 フレッシュアイペディアより)

「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ