小石川植物園 ニュース&Wiki etc.

東京大学大学院理学系研究科附属植物園(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞくしょくぶつえん、英:Botanical Gardens, Graduate School of Science, the University of Tokyo)は、東京大学の附属施設の一つで、植物に関する様々な研究を行ってい… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」のつながり調べ

  • 松村任三

    松村任三から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京帝国大学理学部植物学教室教授、付属小石川植物園の初代園長。多くの植物標本を採取しソメイヨシノやワサビなど150種以上の植物に学名を付け、それまでの本草学と近代の植物学の橋渡しをした。また、植物の分類のための植物解剖(形態)学という新しい学問を広めた。門下生に牧野富太郎がいる。だが次第に牧野を憎むようになり、講師であった牧野の免職をたびたび画策した。位階勲等は正三位勲一等。現在の茨城県高萩市出身。同市にあるかやぶきの生家は2012年12月10日の火災によって全焼した。(松村任三 フレッシュアイペディアより)

  • 甘草屋敷

    甘草屋敷から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    高野家は江戸時代初期頃より薬草である甘草の栽培を始め、八代将軍徳川吉宗治世の享保5年(1720年)、徳川幕府の採薬師であった丹羽正伯により同屋敷内の甘草を検分され、その結果幕府御用として栽培と管理が命ぜられた。一反十九歩の甘草園は年貢諸役を免除され、その後同家が栽培する甘草は、幕府官営の小石川御薬園で栽培するための補給源となり、また薬種として幕府へ上納を行った。これらの経緯により高野家は古くから「甘草屋敷」と呼ばれてきた。(甘草屋敷 フレッシュアイペディアより)

「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「小石川植物園」
地図情報