前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • 東京大学大学院理学系研究科・理学部

    東京大学大学院理学系研究科・理学部から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    理学部は1877年の東京大学((旧)東京大学)設立時からある学部の一つであり、特に化学科は1877年に卒業生(3名)を出した唯一の学科である。当初は数学科、物理学科、化学科(純正化学、応用化学)、生物学科(動物学、植物学)、星学科、工学科(機械工学、土木工学)、地質学科、採鉱冶金学科の8学科で構成されていた。また、学部設置とともに小石川植物園が東京大学理学部附属施設となった。東京大学大学院理学系研究科・理学部 フレッシュアイペディアより)

  • 小石川養生所

    小石川養生所から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    養生所は享保7年(1722年)12月21日に小石川薬園(現在の小石川植物園)内に開設された。建物は柿葺の長屋で薬膳所が2カ所に設置されていた。収容人数は40名で、医師ははじめ本道(内科)のみで小川ら7名が担当した。はじめは町奉行所の配下で、寄合医師・小普請医師などの幕府医師の家柄の者が治療にあたっていたが、天保14年(1843年)からは、町医者に切り替えられた。これらの町医者のなかには、養生所勤務の年功により幕府医師に取り立てられるものもあった。小石川養生所 フレッシュアイペディアより)

  • 史跡

    史跡から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    「小石川御薬園」も、現在は東京大学大学院理学系研究科附属植物園となっているが、往事に植栽されたものとは内容も構成も異なっており、施設などの面でも往事の痕跡はとどめないので、東京都では「旧跡」に含めている。他の東京都指定旧跡には、練馬城跡、世田谷城跡、御茶ノ水などがある。史跡 フレッシュアイペディアより)

  • 文京区

    文京区から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    区の南部には商業地域が幾らかみられるものの、全体としては住宅地が多く、また公園、教育機関、医療機関も多い。千代田区と隣接していながら文京区には西片、大和郷(本駒込六丁目)、本郷、小石川、小日向、本駒込、目白台などの閑静な住宅地が残されている。また音羽の森や六義園、後楽園、小石川植物園など歴史ある広大な日本庭園がいくつも残されている。文京区 フレッシュアイペディアより)

  • ムニンツツジ

    ムニンツツジから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1984年から東京大学大学院理学系研究科附属植物園が、東京都小笠原支庁(自然公園担当、小笠原亜熱帯農業センター等)や東京都農業試験場と協力して、保護増殖の取り組みを行っている。ムニンツツジ フレッシュアイペディアより)

  • コガネバナ

    コガネバナから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    徳川吉宗の頃、朝鮮から種子が導入され、小石川養生所(現・東京大学小石川植物園)で栽培されたのが、日本での栽培の最初とされている。コガネバナ フレッシュアイペディアより)

  • 小倉三五郎

    小倉三五郎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    子孫には歌人の小倉茗園や、小倉博(国文学者)、進平(言語学者)、伸吉(海洋学者)、勉(地質学者)、強(建築学者。瑞鳳殿の再建などで知られる)、謙(植物学者。小石川植物園第6代園長)の兄弟がいる。小倉三五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 白山神社 (文京区)

    白山神社 (文京区)から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    天暦2年(948年)、加賀国の白山比咩神社から勧請を受けて、武蔵国豊島郡本郷元町(現在の本郷1丁目)に創建された。元和年間(1615年-1624年)に将軍徳川秀忠の命で巣鴨原(現 小石川植物園内)に移ったが、明暦元年(1655年)、その地に館林藩主徳川綱吉(後の5代将軍)の屋敷が作られることになったため、現在地に遷座した。その縁で綱吉とその母桂昌院の崇敬を受け、以降、徳川将軍家から信仰された。明治初期には准勅祭社に指定された。白山神社 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • 薬園

    薬園から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    江戸時代の日本の薬園はもっぱら江戸幕府や諸藩の経済的意図のもとに渡来植物の育成及び薬種の生産研究が行われた。ただし、薬園で得られた薬草の標本が和薬改所などの検査機関において薬草・薬物の真贋判定に用いられた例や小石川御薬園での青木昆陽による甘藷研究や日光御薬園での田村藍水による高麗人参の日本国産化成功、そして実際に薬園で生産された薬種の商業流通によって実際の社会に貢献していた事実も否定は出来ない。薬園 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸期のナチュラリスト

    江戸期のナチュラリストから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    小石川御薬園 - 江戸幕府の御薬園の変遷が紹介される。江戸期のナチュラリスト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示