93件中 11 - 20件表示
  • 賀来飛霞

    賀来飛霞から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1878年(明治11年)には、本草学者伊藤圭介の招きにより老齢を押して東京大学小石川植物園取調掛となり、1881年(明治14年)には、伊藤との共著で植物図鑑『東京大学小石川植物園草木図説 巻一』を出版した。賀来飛霞 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉三五郎

    小倉三五郎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    子孫には歌人の小倉茗園や、小倉博(国文学者)、進平(言語学者)、伸吉(海洋学者)、勉(地質学者)、強(建築学者。瑞鳳殿の再建などで知られる)、謙(植物学者。小石川植物園第6代園長)の兄弟がいる。小倉三五郎 フレッシュアイペディアより)

  • トガクシソウ

    トガクシソウから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    伊藤篤太郎(1865-1941)は、本草学者で、東京大学教授の伊藤圭介(1803-1901)の孫であり、当時、東京大学植物学教室に出入りを許された在野の植物学者であった。伊藤篤太郎は、自分の叔父の伊藤謙(1851-1879)が1875年(明治8年)に戸隠山で採集し、小石川植物園に植栽した本種の標本を、1883年(明治16年)にロシアの植物学者マキシモヴィッチに送り、マキシモヴィッチは1886年にロシアの学術誌「サンクト・ペテルブルク帝国科学院生物学会雑誌」にPodophyllum japonicum T.Itô ex Maxim. として、メギ科ミヤオソウ属の一種として発表した。トガクシソウ フレッシュアイペディアより)

  • 大久保三郎 (植物学者)

    大久保三郎 (植物学者)から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    幕臣で後に東京府知事・子爵となった、大久保一翁の息子として生まれた。1871年(明治4年)にアメリカ合衆国のミシガン大学に留学し、植物学を学んだ。1876年(明治9年)にはイギリスに渡った。帰国後の1878年(明治11年)に内務省に務めた後、東京大学御用掛、小石川植物園の植物取調に任じられた。伊豆諸島、小笠原諸島の植物相の研究を行った。1883年(明治16年)助教授に昇進し、矢田部良吉を補佐し、標本施設拡充に貢献した。1887年(明治20年)にも伊豆諸島を調査した。1889年(明治22年)に『植物学雑誌』に牧野富太郎と連名でヤマトグサを日本で初めて学名をつけて発表した。1895年(明治28年)三好学がドイツ留学から帰国すると、大学を非職となり、高等師範学校の教授となるが、以後中学用の植物学教科書の編集を行う以外に、植物学の研究論文などを書くことはなかった。大久保三郎 (植物学者) フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市立矢作北中学校

    岡崎市立矢作北中学校から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    岡崎市東大友町に位置する中学校。岡崎市立矢作中学校の肥大化にともない、1976年から中学校新設が議論され、1981年に設立された。校内には東大植物園から贈られたアイザック・ニュートンの生家ゆかりのリンゴの苗が植樹されている。「矢北」(やきた)、「矢北中」と略される。岡崎市立矢作北中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ムニンツツジ

    ムニンツツジから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1984年から東京大学大学院理学系研究科附属植物園が、東京都小笠原支庁(自然公園担当、小笠原亜熱帯農業センター等)や東京都農業試験場と協力して、保護増殖の取り組みを行っている。ムニンツツジ フレッシュアイペディアより)

  • 日本植物学会

    日本植物学会から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    公益社団法人日本植物学会(にほんしょくぶつがっかい)は生物学を領域とする日本の学会。エドワード・S・モースと矢田部良吉らが設立した東京大学生物学会から独立して東京植物学会として1882年に小石川植物園で設立、その後1931年に日本植物学会と改称した。文京区に所在。日本学術会議協力学術研究団体。生物科学学会連合に加盟。略称BSJ。日本植物学会 フレッシュアイペディアより)

  • ソテツ類

    ソテツ類から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    イチョウとならんで、種子植物でありながら、独立した精子を作ることでも有名である。1896年、帝国大学農科大学(現 東京大学農学部)助教授であった池野成一郎は、鹿児島市で生育していたソテツの固定標本から精子を発見した。その時、標本を採取したソテツは、2008年4月22日に鹿児島県天然記念物に指定された。本株は、1983年10月に小石川植物園にも株分けされた。花粉は胚珠の先端に付着、発芽して花粉管を形成、その中に精子が作られる。精子は類滴形で多数の鞭毛をもつ。ソテツ類 フレッシュアイペディアより)

  • ハゴロモモ

    ハゴロモモから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    南アメリカ(アマゾン)、アメリカ合衆国などに分布。日本には1929年に小石川植物園に導入され、後に野生化したと考えられている。本州から四国、九州の全域に分布している。野菜として食用にする地域もある。ハゴロモモ フレッシュアイペディアより)

  • マツムラソウ

    マツムラソウから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    和名は、植物学者で、東京大学小石川植物園の初代園長を務めた松村任三を記念してつけられた。マツムラソウ フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示