63件中 11 - 20件表示
  • 久原躬弦

    久原躬弦から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    帰国後、東京大学理学部の小石川植物園や博物課に勤務したのち、1884年(明治17年)に同大学の教授となった。翌1885年(明治18年)に医学部教授も兼務し、1886年(明治19年)に東京大学予備門の教諭になる。予備門の改組により第一高等中学校の教諭となった後、1889年(明治22年)に同校の教頭となる。1891年(明治24年)には帝國大学から理学博士の学位を授与され、1894年(明治27年)に第一高等中学校の校長に就任した。久原躬弦 フレッシュアイペディアより)

  • 中井猛之進

    中井猛之進から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1908年、東大小石川植物園に務める。中井猛之進 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・モーリッシュ

    ハンス・モーリッシュから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1889年からオーストリア南東部グラーツ工科大学で助教授になり、鉄が植物の緑化に不可欠であること、植物の根が屈湿性を、花粉管が屈化性を示すことなどを発見している。1894年からはドイツプラハ大学(当時プラハ大学はドイツ語とチェコ語で分裂していた)の教授となり、植物の凍死や鉄細菌などを研究した。1897年からウィーン科学アカデミーの出資により東南アジアへ調査旅行に出る。ジャワ滞在中に、インディゴ染料の発色が発酵ではなく化学プロセスであることなどを発見している。帰国途中の1898年2月に日本に立ち寄り、当時小石川植物園にあった東京帝国大学植物学教室を訪れている。1909年にヴィースナーの後任としてウィーン大学の教授となる。しかしウィーン大学では研究環境に恵まれないまま第一次世界大戦の戦渦に巻き込まれ苦労を強いられた。この頃に徳川義親から50ポンド(当時500円)の寄付を受けている。ハンス・モーリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 東京医学校

    東京医学校から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    本郷移転時(1876年)に新築された擬洋風建築の東京医学校本館(現在の東大病院外来棟付近に位置)は、1923年(大正12年)の関東大震災により(旧)東京大学以来の本郷校地の建造物がほとんど全半壊するなかで大きな被害を免れ、その後、小石川植物園に移築されて東京大学総合研究博物館の「小石川分館」として使用、東大の中では最古の建築物として現存している(東京大学の建造物参照)。なお、神田和泉町のかつての校地は現在三井記念病院敷地となっている。東京医学校 フレッシュアイペディアより)

  • 学士会

    学士会から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    創立は1886年(明治19年)4月18日。帝国大学を卒業した学士たちが小石川植物園で開いた「加藤弘之先生 謝恩会」の席上、このような卒業生の親睦会を継続したいという気運をきっかけとして、同年7月に創設された。初代理事長は、阪谷芳郎(貴族院議員)。創立時の主な会員には、外山正一(理科大学教授)、矢田部良吉(理科大学教授)、阪谷芳郎(明治17年文卒)、嘉納治五郎(明治14年文卒)などがいた。著名な歴代理事長には、東大総長だった南原繁、日本学士院長も兼任した有澤廣巳などがいる。学士会 フレッシュアイペディアより)

  • 早田文藏

    早田文藏から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    新潟県加茂生まれ。1903年東京帝国大学を卒業。台湾総督府の依頼で台湾の植物を研究し、さらにインドシナでも調査を行った。その後東京帝大理学部教授および東大附属植物園長となった。早田文藏 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市立矢作北中学校

    岡崎市立矢作北中学校から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    校内には東大植物園から贈られたアイザック・ニュートンの生家ゆかりのリンゴの苗が植樹されている。岡崎市立矢作北中学校 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市青少年宇宙科学館

    さいたま市青少年宇宙科学館から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    他には、日本人宇宙飛行士と伴に宇宙飛行を行った、「宇宙桜」、「宇宙バラ」、「宇宙めだか」などの生育が大切に行われている。館の外には、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)から接木された「ニュートンのりんごの木」なども有る。さいたま市青少年宇宙科学館 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部

    東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    小石川樹木園(小石川植物園北、1909年設置の樹木実験圃場を改組して2004年設置)東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部 フレッシュアイペディアより)

  • 山中寅文

    山中寅文から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    伊佐農林高校卒業。小石川植物園に長く勤め、近所に住む幸田文と親しかった。縄文杉を見せるため、彼女を背負っていったこともあるという。1976年には彼女らとともに静岡県の大谷崩れを訪れ、そのときの体験が幸田文の「崩れ」に結実した。山中寅文 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示