93件中 21 - 30件表示
  • ミヤコタナゴ

    ミヤコタナゴから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    明治時代後半、東京市小石川(現東京都文京区)の東京帝国大学付属植物園の池で発見された。このことが「ミヤコ」の和名由来と言われる。昭和初期には井の頭池及び神田川水系にも生息していた。ミヤコタナゴ フレッシュアイペディアより)

  • 薬園

    薬園から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    江戸時代の日本の薬園はもっぱら江戸幕府や諸藩の経済的意図のもとに渡来植物の育成及び薬種の生産研究が行われた。ただし、薬園で得られた薬草の標本が和薬改所などの検査機関において薬草・薬物の真贋判定に用いられた例や小石川御薬園での青木昆陽による甘藷研究や日光御薬園での田村藍水による高麗人参の日本国産化成功、そして実際に薬園で生産された薬種の商業流通によって実際の社会に貢献していた事実も否定は出来ない。薬園 フレッシュアイペディアより)

  • 古澤潔夫

    古澤潔夫から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    古澤 潔夫(ふるさわ いさお、1915年6月25日 - 2001年3月3日)は日本の植物学者である。小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)で働いた。古澤潔夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平瀬作五郎

    平瀬作五郎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    平瀬作五郎が精子を発見したイチョウの木は、今でも東京都文京区白山にある東京大学理学部付属植物園の中に保存されている。1956年、そのイチョウの木の下に記念碑が建てられ、「精子発見六十周年」と刻された。平瀬作五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 簸川神社 (文京区)

    簸川神社 (文京区)から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    もとは当地より南東の水源地(現小石川植物園内)に鎮座していたが、承応年間(1652年?55年)に小石川白山御殿となり、当地へ遷座した。簸川神社 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • 谷端川

    谷端川から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東武東上線の手前で支流を交えると、東に転じて下板橋駅の際で東上線を越え、板橋駅の北側で赤羽線の線路を潜る。今度は北区と豊島区の区界に沿って東南へ流れ、山手線大塚駅の北側に出る。大塚駅の東側で山手線を潜った後、大塚三業通りを経て東京都道436号小石川西巣鴨線に沿って小石川植物園脇を流れる。文京区千石、小石川と流れ、現在の富坂下を横切り、旧水戸藩上屋敷(現・東京ドーム一帯)を通って、外堀通りの仙台橋の下(水道橋の西)で神田川に注ぐ。谷端川 フレッシュアイペディアより)

  • 山中寅文

    山中寅文から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    伊佐農林高校卒業。小石川植物園に長く勤め、近所に住む幸田文と親しかった。縄文杉を見せるため、彼女を背負っていったこともあるという。1976年には彼女らとともに静岡県の大谷崩れを訪れ、そのときの体験が幸田文の「崩れ」に結実した。山中寅文 フレッシュアイペディアより)

  • 小石川

    小石川から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    こんにゃくえんまで知られる源覚寺、伝通院など所在。小石川後楽園(史跡・名勝)は後楽に小石川植物園。白山には(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)がある。石川啄木、幸田露伴がこの地に居を構えた。小石川 フレッシュアイペディアより)

  • 清水大典

    清水大典から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    埼玉県秩父市に生まれた。旧制秩父農林学校を卒業後、独学で植物学を学び、東京大学理学部小石川植物園などで働き、1940年には満州国大陸科学院植物研究室に奉職した。戦後は小石川植物園に復職した後、埼玉県下のシイタケ試験場、服部植物研究所などを経て、山形県米沢市立博物館で働き、米沢市営白布温泉熱帯植物園園長などを務めた。1968年、斎藤茂吉文化賞を受賞した。清水大典 フレッシュアイペディアより)

  • カンゾウ属

    カンゾウ属から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    甘草の栽培は日本では300年以上前から行なわれており、江戸時代には山梨県甲州市の甘草屋敷や江戸の小石川御薬園で栽培されていた。現在は輸入品の方が安いため、ほぼ100%を中国・旧ソ連・アフガニスタンなどからの輸入に頼っているが、グリチルリチンの含有量が一定でなく、乱獲による絶滅が懸念されているため、2008年度から佐賀県玄海町と九州大学の協力により再び国産栽培が試みられることになった。カンゾウ属 フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示