63件中 21 - 30件表示
  • ハゴロモモ

    ハゴロモモから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    南アメリカ(アマゾン)、アメリカ合衆国などに分布。日本には1929年に小石川植物園に導入され、後に野生化したと考えられている。本州から四国、九州の全域に分布している。野菜として食用にする地域もある。ハゴロモモ フレッシュアイペディアより)

  • 小川笙船

    小川笙船から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    同年12月21日、小石川御薬園内に養生所が設立され、笙船は肝煎に就任した。しかし、養生所が幕府の薬園であった土地にできたこともあり、庶民たちは薬草などの実験台にされると思い、あまり養生所へ来る者はいなかった。その状況を打開するため、忠相は全ての江戸町名主を養生所へ呼び出し、施設や業務の見学を行わせた。そのため、患者は増えていったが、その内入所希望者を全て収容できない状況に陥ってしまった。小川笙船 フレッシュアイペディアより)

  • 小石川植物園

    小石川植物園から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    小石川植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野富太郎

    牧野富太郎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    富太郎は1883年(明治16年)、第2回内国勧業博覧会見学のため上京し、その際、文部省博物局を訪ね、田中芳男と小野職愨に小石川植物園を案内してもらっている。まだ無名の富太郎が、3年後にコーネル大学に留学した東京大学理学部植物学教室の誇り高き教授、矢田部良吉の許しを得て、この教室に出入り出来るようになったのは、田中芳男と田中の師である伊藤圭介の力があった。牧野富太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高千穂宣麿

    高千穂宣麿から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    訓蒙学舎、学習院、学農社農学校などに学び、11歳頃から小石川の薬園(東京大学小石川植物園)や御成門の開拓使博物館に通って動植物への興味を満足させる。高千穂宣麿 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学医学部附属病院

    東京大学医学部附属病院から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学医学部附属病院分院(とうきょうだいがくいがくぶふぞくびょういんぶんいん)は、東京都文京区にかつてあった大学病院である。小石川分院とも呼ばれるが、所在地は小石川植物園などとは隔たった目白台である。東京大学医学部附属病院 フレッシュアイペディアより)

  • 古川晴男

    古川晴男から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京生まれ。1931年東京帝国大学理学部動物学科卒。小石川植物園勤務。41年理学博士。東京学芸大学教授。71年定年退官、名誉教授。『ファーブル昆虫記』の子供向け翻訳で知られ、今もロングセラーである。没後正四位。古川晴男 フレッシュアイペディアより)

  • 谷端川

    谷端川から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東武東上線の手前で支流を交えると、東に転じて下板橋駅の際で東上線を越え、板橋駅の北側で赤羽線の線路を潜る。今度は北区と豊島区の区界に沿って東南へ流れ、山手線大塚駅の北側に出る。大塚駅の東側で山手線を潜った後、大塚三業通りを経て千川通りに沿って小石川植物園脇を流れる。文京区千石、小石川と流れ、現在の富坂下を横切り、旧水戸藩上屋敷(現・東京ドーム一帯)を通って、外堀通りの仙台橋の下(水道橋の西)で神田川に注ぐ。谷端川 フレッシュアイペディアより)

  • 小石川郵便局

    小石川郵便局から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    図案は『東京ドーム』・『小石川植物園の桜』小石川郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 白山 (文京区)

    白山 (文京区)から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)白山 (文京区) フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示