93件中 31 - 40件表示
  • 小石川郵便局

    小石川郵便局から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    図案は『東京ドーム』・『小石川植物園の桜』小石川郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部櫟斎

    阿部櫟斎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    明治維新後、政府に移管した駒場薬園御薬草培養方、小石川薬園御薬草培養方試補を務めた。明治3年(1870年)10月19日死去し、菩提寺三ノ輪梅林寺に土葬された。法号は宝珠院殿義簪華将翁居士。阿部櫟斎 フレッシュアイペディアより)

  • ワダンノキ

    ワダンノキから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    塚谷裕一は、「木とも草ともつかぬ」という描写、葉の形が「菊の葉に似ていた」という描写や、安部が執筆当時住んでいた東京都文京区茗荷谷の近くに小石川植物園があり、当時実際に同園では本種が栽培されていたことから、安部は同園で栽培されていた本種の幼木を実見したのではないか、と推測している。ワダンノキ フレッシュアイペディアより)

  • 岡不崩

    岡不崩から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    明治19年(1886年)1月に図画取調掛が発足すると翌月から学校に通うように小石川植物園内の事務所に通った。岡倉天心とフェノロサは欧米に派遣されていたため、友信と芳崖が毎日植物園に出勤、彩色の研究を行っていたが、不崩は本多天城、秋水らと師の傍らで学んでいた。図画取調掛といっても芳崖や友信らを中心にして橋本雅邦、立嶽、山名貫義、狩野探美らが集まる画塾のような趣の部署であり、ここにおける研鑽が不崩にとっての画業の基礎となっていった。不崩は明治20年(1887年)3月に芳崖、友信らの妙義山行きに随伴する。フェノロサ不在中は鑑画会はほとんど休会状態であったが、時々河瀬秀治宅において開かれる小会に出席、芳崖指導の下、色彩研究をしていた。しかし、明治21年(1888年)11月に東京美術学校開校の直前に芳崖が没したため、前途の指針をなくし、天心の勧めもあって同年の暮れに東京美術学校の入試を受け、翌明治22年(1889年)2月に第1回生として同校に入学する。開校したばかりの同校で不崩はフェノロサの講義を聞いたり、その年の夏は東北地方を漫遊する。明治23年(1890年)9月には高等師範学校講師に抜擢され、東京美術学校は1年8ヶ月で退学、その後、師範学校を明治28年(1895年)8月退職した後、長崎の私立活水女学校の日本画講師となって九州へ赴いた。明治30年(1897年)には長崎の私立中学玖嶋学館教諭に就任している。岡不崩 フレッシュアイペディアより)

  • クモタケ

    クモタケから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    小石川植物園(東京都文京区)で見出された標本をもとに、Isaria属の新しい未知種ではないかと考えられたが、結局はIsaria arachnophila Ditmar(ドイツ産)と同定・報告された。しかし後者は徘徊性のクモ類を宿主とするとともに子実体が非常に小型かつ繊細であることから、日本産のクモタケとはまったく別の菌であると改めて判断され、新たにIsaria atypicolaとして新種記載された。比較的発達した分生子柄束を形成する点で共通する別属 Spicariaに移し、S. atypicola (Yasuda) Petch の学名を用いる意見もあったが、Isariaに置く処置が伝統的に続いていた。クモタケ フレッシュアイペディアより)

  • ケントの花

    ケントの花から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    しかし、防疫検査によりこの苗木は高接病ウイルス(Apple chlorotic leafspot virus)感染の疑いをもたれ、条件付きの輸入許可となり横浜植物防疫所大和隔離圃場で1年間隔離栽培のうえ詳細に検査することとなった。その検査結果は、やはり高接病ウイルスに感染していたことがわかり、焼却処分さえ検討された。この苗木は学術上貴重な文化遺産であるので何としても残したいという柴田たちの要望を受け入れて、小石川植物園に隔離されることになったケントの花 フレッシュアイペディアより)

  • 小川笙船

    小川笙船から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    同年12月21日、小石川御薬園内に養生所が設立され、笙船は肝煎に就任した。しかし、養生所が幕府の薬園であった土地にできたこともあり、庶民たちは薬草などの実験台にされると思い、あまり養生所へ来る者はいなかった。その状況を打開するため、忠相は全ての江戸町名主を養生所へ呼び出し、施設や業務の見学を行わせた。そのため、患者は増えていったが、その内入所希望者を全て収容できない状況に陥ってしまった。小川笙船 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野富太郎

    牧野富太郎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    富太郎は1883年(明治16年)、第2回内国勧業博覧会見学のため上京し、その際、文部省博物局を訪ね、田中芳男と小野職愨に小石川植物園を案内してもらっている。まだ無名の富太郎が、3年後にコーネル大学に留学した東京大学理学部植物学教室の誇り高き教授、矢田部良吉の許しを得て、この教室に出入り出来るようになったのは、田中芳男と田中の師である伊藤圭介の力があった。牧野富太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 甘草屋敷

    甘草屋敷から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    高野家は江戸時代初期頃より薬草である甘草の栽培を始め、八代将軍徳川吉宗治世の享保5年(1720年)、徳川幕府の採薬師であった丹羽正伯により同屋敷内の甘草を検分され、その結果幕府御用として栽培と管理が命ぜられた。一反十九歩の甘草園は年貢諸役を免除され、その後同家が栽培する甘草は、幕府官営の小石川御薬園で栽培するための補給源となり、また薬種として幕府へ上納を行った。これらの経緯により高野家は古くから「甘草屋敷」と呼ばれてきた。甘草屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学医学部附属病院

    東京大学医学部附属病院から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学医学部附属病院分院(とうきょうだいがくいがくぶふぞくびょういんぶんいん)は、東京都文京区にかつてあった大学病院である。小石川分院とも呼ばれるが、所在地は小石川植物園などとは隔たった目白台である。東京大学医学部附属病院 フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示