63件中 31 - 40件表示
  • スマトラオオコンニャク

    スマトラオオコンニャクから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    2007年9月8日:東京都の小石川植物園スマトラオオコンニャク フレッシュアイペディアより)

  • 大場秀章

    大場秀章から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    『日本植物研究の歴史 小石川植物園三〇〇年の歩み』編 東京大学総合研究博物館 1996 東京大学コレクション大場秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義成

    畠山義成から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    薩摩藩第一次英国留学生の一人、開成学校(現在の東京大学)校長、書籍館(現在の国立国会図書館)の初代館長、博物館(現在の東京国立博物館と国立科学博物館及び付属小石川植物園の前身)館長として、文明開化期の教育に貢献。渡航時の名はたけのすけ(丈之助、武之介)、留学中の変名は杉浦弘蔵(すぎうら こうぞう、Kozo Soogiwoora)、号・純常。畠山義成 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒屋光太夫

    大黒屋光太夫から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    その後、光太夫と磯吉は江戸・小石川の薬草園に居宅をもらって生涯を暮らした。ここで光太夫は新たに妻も迎えている。故郷から光太夫ら一行の親族も訪ねて来ており、昭和61年(1986年)に発見された古文書によって故郷の伊勢へも一度帰国を許されていることも確認されている。寛政7年(1795年)には大槻玄沢が実施した新年会に招待されており、桂川甫周を始めとして多くの知識人たちとも交際を持っていた。大黒屋光太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 笠森稲荷

    笠森稲荷から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    後に小石川御薬園となる地に勧請された稲荷社。(文京区白山3-7-1)笠森稲荷 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学の建造物

    東京大学の建造物から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)の園内には以下の歴史的建造物がある。東京大学の建造物 フレッシュアイペディアより)

  • 松村任三

    松村任三から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京帝国大学理学部植物学教室教授、付属小石川植物園の初代園長。多くの植物標本を採取しソメイヨシノやワサビなど150種以上の植物に学名を付け、それまでの本草学と近代の植物学の橋渡しをした。また、植物の分類のための植物解剖(形態)学という新しい学問を広めた。門下生に牧野富太郎がいる。だが次第に牧野を憎むようになり、講師であった牧野の免職をたびたび画策した。位階勲等は正三位勲一等。現在の茨城県高萩市出身。同市にあるかやぶきの生家は2012年12月10日の火災によって全焼した。松村任三 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学白山キャンパス

    東洋大学白山キャンパスから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学附属小石川植物園に隣接しており、静かな環境である。東洋大学白山キャンパス フレッシュアイペディアより)

  • 千石 (文京区)

    千石 (文京区)から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    以前からある歴史的な地名ではなく、1967年住居表示に伴い、小石川北部の西丸町、大原町、林町、氷川下町、丸山町、(巣鴨)西原町、(巣鴨)西丸町などを合併して誕生。小石川植物園のそばを流れる千川(現在は暗渠)の千と、中山道の「せん」の読み、小石川の石からその名を採った。江東区の千石と同様に、石高の「千石」とは関係がない。千石 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • 簸川神社 (文京区)

    簸川神社 (文京区)から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    もとは当地より南東の水源地(現小石川植物園内)に鎮座していたが、承応年間(1652年?55年)に小石川白山御殿となり、当地へ遷座した。簸川神社 (文京区) フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示