63件中 41 - 50件表示
  • シャクチリソバ

    シャクチリソバから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    日本には明治時代に薬種として持ち込まれ、東京大学大学院理学系研究科附属植物園で栽培された。その後、園外に飛散した種子が繁殖し、帰化植物として繁茂することとなった。路傍や河川敷などに自生しており、アレロパシーにより他種を駆逐するため、優占群落を形成することもある。北海道は「北海道の外来種リスト」にシャクチリソバを挙げている。シャクチリソバ フレッシュアイペディアより)

  • 2月27日

    2月27日から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1875年 - 日本初の近代的植物園・小石川植物園が開園。2月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都の観光地

    東京都の観光地から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園.文京区白山。東京都指定旧跡。東京都の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・アインシュタイン

    アルベルト・アインシュタインから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    11月20日午後、小石川植物園で開かれた学士院の公式歓迎会に出席。参加者は穂積陳重、長井長義、通訳を勤めた長井夫人のテレーゼら。夜は明治座で日本の芝居を見物。アルベルト・アインシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • 穂積陳重

    穂積陳重から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1922年(大正11年)11月20日午後、小石川植物園で開かれた学士院のアルベルト・アインシュタイン夫妻の公式歓迎会に長井長義夫妻らとともに出席。穂積陳重 フレッシュアイペディアより)

  • イチョウ

    イチョウから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    4 - 5月に新芽が伸びた後に雌花、雄花とも開花する。実が結実する為には雄株の花粉による受粉が必要である。花粉は1km程度離れた雄株からでも飛散してくるという。裸子植物であるイチョウの受粉様式は、被子植物のそれは大きく異なる。まず、雌花の胚珠に取り込まれた花粉は胚珠の上部にある花粉室と呼ばれる部分で4か月程度そのままの状態を保つが、胚珠は直径約2cm程度に成長する。成長した胚珠内の花粉では数個の精子が作られ、9 - 10月頃放出された精子が花粉室の液体の中を泳ぎ、造卵器に入り受精が完了し種子の成熟が始まる。種子は11月頃には熟成すると被(果肉)は軟化しカルボン酸類特有の臭気を発する。なお、種子植物であるイチョウにも精子があることを世界で初めて発見したのは、日本人の平瀬作五郎(東京大学)で、1896年のことである。現在、東京大学小石川植物園に発見のもととなった株が残っており、東京大学の附属施設である同園のシンボルになっている。イチョウ フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ

    リンゴから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1964年、イギリス国立物理学研究所の所長ゴードン・サザーランドから日本学士院長・柴田雄次にニュートンのリンゴの苗木が寄贈されたが、防疫検査により、この苗木はすでに高接病ウイルスに汚染されていることが発覚。一時は焼却処分が検討されたが、学術上貴重なものであること等から例外的に東京大学理学部附属小石川植物園に隔離され、ウイルス除去の研究対象となった。1980年、ようやくこの木からウイルスに汚染されていない接ぎ穂の切り出しに成功。これ以降、ニュートンのリンゴは日本国内各地に移植されている。リンゴ フレッシュアイペディアより)

  • ソメイヨシノ

    ソメイヨシノから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    明治初年に樹齢100年に達するソメイヨシノが小石川植物園に植えられていたという記録や、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋の記録にソメイヨシノを作出したという記録が発見されたことから、岩崎文雄らは染井村起源説を唱えている。この植木屋の記録により、1720-1735年ごろ、駒込の西福寺に墓の残る当地の伊藤伊兵衛政武が人工交配・育成したとの推定もある。これによって、現在では染井村起源という可能性が有力である。ソメイヨシノ フレッシュアイペディアより)

  • カンゾウ属

    カンゾウ属から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    甘草の栽培は日本では300年以上前から行なわれており、江戸時代には山梨県甲州市〔旧:塩山市〕の甘草屋敷や江戸の小石川御薬園で栽培されていた。現在は輸入品の方が安いため、ほぼ100%を中国・旧ソ連・アフガニスタンなどからの輸入に頼っているが、グリチルリチンの含有量が一定でなく、乱獲による絶滅が懸念されているため、2008年度から佐賀県玄海町と九州大学の協力により再び国産栽培が試みられることになった。カンゾウ属 フレッシュアイペディアより)

  • サツマイモ

    サツマイモから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1734年、青木昆陽は薩摩藩から甘藷の苗を取り寄せ、「薩摩芋」を江戸小石川植物園、下総の幕張村(現千葉市花見川区)、上総の九十九里浜の不動堂村(現:九十九里町)において試験栽培し、1735年栽培を確認。これ以後、東日本にも広く普及するようになる。サツマイモ フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示