93件中 41 - 50件表示
  • 美幾

    美幾から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    美幾は1869年(明治2年)8月12日、34歳で死去した。翌日、下谷和泉町にあった医学校の仮小屋で日本初の病死体解剖が実施された。医学校は美幾の霊を慰めるため、小石川植物園そばの念速寺(浄土真宗大谷派)で同月16日に葬儀を執り行って手厚く葬り、遺族には金10両が贈られた。美幾 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市青少年宇宙科学館

    さいたま市青少年宇宙科学館から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    他には、日本人宇宙飛行士と伴に宇宙飛行を行った、「宇宙桜」、「宇宙バラ」、「宇宙めだか」などの生育が大切に行われている。館の外には、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)から接木された「ニュートンのりんごの木」なども有る。さいたま市青少年宇宙科学館 フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    江戸時代以前にも、小石川御薬園のように薬草を人為的に栽培したり、研究・加工したりする取り組みがあった。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • 青木昆陽

    青木昆陽から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    江戸幕府8代将軍・徳川吉宗は、飢饉の際の救荒作物として西日本では知られていた甘藷(現在のサツマイモ)の栽培を昆陽に命じ、小石川薬園(小石川植物園)と下総国千葉郡馬加村(現在の千葉市花見川区幕張)と上総国山辺郡不動堂村(現在の千葉県山武郡九十九里町)とで試作させている。この結果、享保の大飢饉以降、関東地方や離島においてサツマイモの栽培が普及し、天明の大飢饉では多くの人々の命を救ったと評される。青木昆陽 フレッシュアイペディアより)

  • 千石 (文京区)

    千石 (文京区)から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    以前からある歴史的な地名ではなく、1967年、住居表示実施に伴い、小石川北部の西丸町、大原町、林町、氷川下町、丸山町、(巣鴨)西原町、(巣鴨)西丸町などを合併して誕生。小石川植物園のそばを流れる千川(現在は暗渠)の千と、中山道の「せん」の読み、小石川の石からその名を採った。江東区の千石と同様に、石高の「千石」とは関係がない。千石 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・モーリッシュ

    ハンス・モーリッシュから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1889年からオーストリア南東部グラーツ工科大学で助教授になり、鉄が植物の緑化に不可欠であること、植物の根が屈湿性を、花粉管が屈化性を示すことなどを発見している。1894年からはドイツプラハ大学(当時プラハ大学はドイツ語とチェコ語で分裂していた)の教授となり、植物の凍死や鉄細菌などを研究した。1897年からウィーン科学アカデミーの出資により東南アジアへ調査旅行に出る。ジャワ滞在中に、インディゴ染料の発色が発酵ではなく化学プロセスであることなどを発見している。帰国途中の1898年2月に日本に立ち寄り、当時小石川植物園にあった東京帝国大学植物学教室を訪れている。1909年にヴィースナーの後任としてウィーン大学の教授となる。しかしウィーン大学では研究環境に恵まれないまま第一次世界大戦の戦渦に巻き込まれ苦労を強いられた。この頃に徳川義親から50ポンド(当時500円)の寄付を受けている。ハンス・モーリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 荒川堤

    荒川堤から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    桜は江北から西新井にかけて植えられた。1903年(明治36年)には見頃となり、それ以降、荒川堤は東京一の桜の名所となった。荒川堤からは小石川植物園、興津園芸試験場、新宿御苑、東京府立園芸学校など、各地の研究施設に移植され、多くのサトザクラの品種が全国的に広まった。また、この荒川堤から日米親善の証として、ポトマック川の河畔に桜の苗木が贈られた。様々な種類、色であったために五色桜と呼ばれるようになり、多くの人でにぎわうようになった。荒川堤 フレッシュアイペディアより)

  • ヒトデカズラ

    ヒトデカズラから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    観葉植物として栽培される。いわゆるフィロデンドロンの代表種である。呼称としては学名カナ読みのフィロデンドロン・セレウムも用いられる。大型で立派なために植物園でもよく栽培されている。耐寒性もあり、霜に当たらなければ越冬出来る。日本では昭和初年に小石川植物園に持ち込まれた。ヒトデカズラ フレッシュアイペディアより)

  • コガネバナ

    コガネバナから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    徳川吉宗の頃、朝鮮から種子が導入され、小石川養生所(現・東京大学小石川植物園)で栽培されたのが、日本での栽培の最初とされている。コガネバナ フレッシュアイペディアより)

  • 古川晴男

    古川晴男から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    松本高等学校理科乙類を経て、1931年東京帝国大学理学部動物学科卒。小石川植物園勤務。1941年理学博士。東京学芸大学教授。1971年定年退官、名誉教授。『ファーブル昆虫記』の子供向け翻訳で知られ、今もロングセラーである。没後正四位。古川晴男 フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示