63件中 51 - 60件表示
  • 熊本県立済々黌高等学校

    熊本県立済々黌高等学校から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    松崎直枝 - 植物学者、元小石川植物園園長熊本県立済々黌高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中井英夫

    中井英夫から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京市滝野川区田端に生まれ育つ。父は植物学者で国立科学博物館館長、陸軍司政長官・ジャワ・ボゴール植物園園長、小石川植物園園長等を歴任した東京帝国大学名誉教授の中井猛之進。中井英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平瀬作五郎

    平瀬作五郎から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    平瀬作五郎が精子を発見したイチョウの木は、今でも東京都文京区白山にある東京大学理学部付属植物園の中に保存されている。1956年、そのイチョウの木の下に記念碑が建てられ、“精子発見六十周年”と刻された。平瀬作五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 青木昆陽

    青木昆陽から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    江戸幕府8代将軍徳川吉宗は、飢饉の際の救荒作物として西日本では知られていた甘藷(現在の薩摩芋、サツマイモ)の栽培を昆陽に命じ、小石川薬園(小石川植物園)と下総国千葉郡馬加村(現在の千葉市花見川区幕張)と上総国山辺郡不動堂村(現在の千葉県山武郡九十九里町)とで試作させている。この結果、享保の大飢饉以降、関東地方や離島において薩摩芋の栽培が普及し、天明の大飢饉では多くの人々の命を救ったと評される。青木昆陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小石川

    小石川から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    こんにゃくえんまで知られる源覚寺、伝通院など所在。小石川後楽園(史跡・名勝)は後楽に、小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)は隣町の白山にある。白山、本郷、春日、小日向、大塚と隣接。石川啄木、幸田露伴がこの地に居を構えた。小石川 フレッシュアイペディアより)

  • 文京区

    文京区から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)文京区 フレッシュアイペディアより)

  • 高萩市

    高萩市から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    松村任三:明治時代の植物学者。初代小石川植物園長。高萩市 フレッシュアイペディアより)

  • 甘草屋敷

    甘草屋敷から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    高野家は江戸時代初期頃より薬草である甘草の栽培を始め、八代将軍徳川吉宗治世の享保5年(1720年)、徳川幕府の採薬師であった丹羽正伯により同屋敷内の甘草を検分され、その結果幕府御用として栽培と管理が命ぜられた。一反十九歩の甘草園は年貢諸役を免除され、その後同家が栽培する甘草は、幕府官営の小石川御薬園で栽培するための補給源となり、また薬種として幕府へ上納を行った。これらの経緯により高野家は古くから「甘草屋敷」と呼ばれてきた。甘草屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 日光植物園

    日光植物園から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    日光植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園

    東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園 フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示