93件中 51 - 60件表示
  • クルマギク

    クルマギクから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    本種が最初に記録されたのは1874年、飯沼慾斎の草木図説に『根葉ヨメナの如く。茎上二尺餘……』と詳しい記載があり、学名は Aster hispidus (これはヤマジノギクの学名)を当てている。産地等の記載はなく、図の様子からは栽培品を元にしたものと思われる。記載は牧野によって1898年に行われたが、この時のタイプ標本は小石川植物園で栽培されていたものであった。クルマギク フレッシュアイペディアより)

  • 献名

    献名から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    一方、事前承諾が察知され、献名を握り潰す事件がトガクシソウの新属独立時に発生している。東京帝国大学の矢田部良吉は採取した新種を「トガクシショウマ」と命名して育成し、カール・ヨハン・マキシモヴィッチに鑑定依頼したところ、1888年、マキシモヴィッチは新属新種と判断し、Yatabea japonicaの新学名の承諾を求めるとともに、検討材料として花の標本の送付を要求した。しかし、トガクシショウマは先に伊藤謙により発見され、伊藤圭介が「トガクシソウ」と命名し、1885年に伊藤篤太郎によって既にPodophyllum japonicumと発表されていた。東京帝大・小石川植物園へ頻繁に出入りしていた篤太郎は矢田部の動きを知り、両者が同一種と気づいた。叔父が発見し、祖父が命名し、自らが世界に知らしめたトガクシソウを「伊藤家の花」と認識していた篤太郎は、伊藤家を差し置いて矢田部が発見者と誤解されることを危惧し、矢田部より先手を打ち、江戸時代の植物学者小野蘭山の名を持ち出し、新属Ranzaniaと新属移転を発表した。これが日本人から日本人へ献名した最初のケースとなったのだが、献名を無効化された矢田部は激怒し、篤太郎を出入り禁止とした。献名 フレッシュアイペディアより)

  • 小野蘭山

    小野蘭山から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    没後100年に当たる明治42年(1909年)従四位を贈位され、小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)で「小野蘭山先生百年記念展覧会」が催された。平成22年(2009年)の没後200年記念でも各地で催し物が開かれ、京都府立植物園には「小野蘭山顕頌碑」が建てられている。小野蘭山 フレッシュアイペディアより)

  • 笠森稲荷

    笠森稲荷から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    後に小石川御薬園となる地に勧請された稲荷社。(文京区白山3-7-1)笠森稲荷 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部

    東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    小石川樹木園(小石川植物園北):1909年(明治42年)設置の樹木実験圃場を改組して2004年(平成16年)設置東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部 フレッシュアイペディアより)

  • 学士会

    学士会から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    創立は1886年(明治19年)4月18日。帝国大学(現在の東京大学)を卒業した学士たちが、小石川植物園で開いた「加藤弘之先生 謝恩会」の席上、このような卒業生の親睦会を継続したいという気運をきっかけとして、同年7月に創設された。初代理事長は、阪谷芳郎(貴族院議員)。創立時の主な会員には、外山正一(理科大学教授)、矢田部良吉(理科大学教授)、阪谷芳郎(明治17年文卒)、嘉納治五郎(明治14年文卒)などがいた。学士会 フレッシュアイペディアより)

  • 久原躬弦

    久原躬弦から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    帰国後、東京大学理学部の小石川植物園や博物課に勤務したのち、1884年(明治17年)に同大学の教授となった。翌1885年(明治18年)に医学部教授も兼務し、1886年(明治19年)に東京大学予備門の教諭になる。予備門の改組により第一高等中学校の教諭となった後、1889年(明治22年)に同校の教頭となる。1891年(明治24年)には帝國大学から理学博士の学位を授与され、1894年(明治27年)に第一高等中学校の校長に就任した。久原躬弦 フレッシュアイペディアより)

  • 松村任三

    松村任三から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    東京帝国大学理学部植物学教室教授、付属小石川植物園の初代園長。多くの植物標本を採取しソメイヨシノやワサビなど150種以上の植物に学名を付け、それまでの本草学と近代の植物学の橋渡しをした。また、植物の分類のための植物解剖(形態)学という新しい学問を広めた。門下生に牧野富太郎がいる。だが次第に牧野を憎むようになり、講師であった牧野の免職をたびたび画策した。位階勲等は正三位勲一等。現在の茨城県高萩市出身。同市にあるかやぶきの生家は2012年12月10日の火災によって全焼した。松村任三 フレッシュアイペディアより)

  • サクラ

    サクラから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    明治維新後に大名屋敷の荒廃や文明開化・西洋化の名の下に多くの庭園が取り潰されると同時に、そこに植えられていた数多くの品種の桜が切り倒され燃やされた。これを憂いた駒込の植木・庭園職人の高木孫右衛門は多くの園芸品種の枝を採取し自宅の庭で育てた。これに目を付けた江北地区戸長(後に江北村村長)の清水謙吾が村おこしとして荒川堤に多くの品種による桜並木を作り、これを嚆矢として多くの園芸品種が小石川植物園などに保存されることになり、その命脈を保った。サクラ フレッシュアイペディアより)

  • 白山神社 (文京区)

    白山神社 (文京区)から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    天暦2年(948年)、加賀国の白山比咩神社から勧請を受けて、武蔵国豊島郡本郷元町(現在の本郷1丁目)に創建された。元和年間(1615年-1624年)に将軍徳川秀忠の命で巣鴨原(現 小石川植物園内)に移ったが、明暦元年(1655年)、その地に館林藩主徳川綱吉(後の5代将軍)の屋敷が作られることになったため、現在地に遷座した。その縁で綱吉とその母桂昌院の崇敬を受け、以降、徳川将軍家から信仰された。明治初期には准勅祭社に指定された。白山神社 (文京区) フレッシュアイペディアより)

93件中 51 - 60件表示