93件中 61 - 70件表示
  • 本多天城

    本多天城から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    明治19年(1886年)の第2回鑑画会大会に「山水」を発表、賞状を受賞しており、研究会における受賞歴は秋水とともに最多であった。同年1月に小石川植物園内に文部省の図画取調掛ができると秋水や不崩と日参して芳崖を囲んでその教えを受けた。明治21年(1888年)末に芳崖が没すると天心の勧めで東京美術学校第一期生として入学、普通科修了後、明治24(1891年)2月に絵画科選科生となって明治26年(1893年)7月に同校を卒業する。天城は明治28年(1895年)には研究のため東海近畿を旅し、明治29年(1896年)2月から天心から選抜されて下村観山、菱田春草、天草神来、溝口禎次郎の5人で高野山金剛峰寺、滋賀の三井寺、京都醍醐寺などの宝物の模写に従事、同年の7月には東京美術学校助教授に任命される。この年の秋、天心が盟主になって日本絵画協会が結成されるとその第1回には「秋草図」を、第2回に「蘇武」を、第3回に「羅浮美人」と「鬼」、「競馬」を、第4回に「老子」をと毎年力作を出品している。しかし、明治31年(1898年)の日本美術院の創立には不参加で、明治32年(1899年)から東京高等師範学校において教鞭をとるようになり、芳崖門下四天王と呼ばれ鑑画会、図画取調掛の中心となった秋水、不崩、肖哲、天城らは何れも日本美術院には参加せずに各々の道を進むこととなった。天城は明治40年(1907年)の第1回文展に「志ぐれ」を出品、入選する。明治43年(1910年)10月には秋水とともに芳崖23回忌の遺墨展覧会を発起、東京美術学校倶楽部において盛大に開催した。小石川原町に住んでおり、近くに住んでいた不崩と親しくしていたが晩年には好きな囲碁を楽しむこと多くなった。昭和21年に79歳で没している。本多天城 フレッシュアイペディアより)

  • 2月27日

    2月27日から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1875年 - 日本初の近代的植物園・小石川植物園が開園。2月27日 フレッシュアイペディアより)

  • ハナミズキ

    ハナミズキから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり。この話は、1981年改訂版の日本の中学生向け教科書『NEW PRINCE』中3版でもエピソード的に取り上げられた。贈られたハナミズキは全部で60本で、うち白花の苗木が40本、ピンク花の苗木が20本で、日比谷公園、小石川植物園などに植えられた。 原木は第二次世界大戦中にほとんどが伐採されるなどして、戦後小石川植物園で切株が発見されて、その標本が憲政記念館に展示されており 、原木は現在東京都立園芸高等学校にしか残っていない。なお、2012年にサクラの寄贈100周年を記念して、再びハナミズキを日本に送る計画が持ち上がっている。ハナミズキ フレッシュアイペディアより)

  • 穂積陳重

    穂積陳重から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1922年(大正11年)11月20日午後、小石川植物園で開かれた学士院のアルベルト・アインシュタイン夫妻の公式歓迎会に長井長義夫妻らとともに出席。穂積陳重 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校・附属中学校

    横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校・附属中学校から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    敷地内に、東京大学大学院理学系研究科附属植物園から寄贈されたニュートンのリンゴの樹とメンデルのブドウの樹、ネイチャーから寄贈された月桂樹の樹が植えられている。横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校・附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中井猛之進

    中井猛之進から見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    中井 猛之進(なかい たけのしん、1882年11月9日 - 1952年12月6日)は日本の植物分類学者。東大教授、小石川植物園長、ボゴール植物園長、国立科学博物館長。小説家の中井英夫は息子。中井猛之進 フレッシュアイペディアより)

  • シャクチリソバ

    シャクチリソバから見た東京大学大学院理学系研究科附属植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    日本には明治時代に薬種として持ち込まれ、東京大学大学院理学系研究科附属植物園で栽培された。その後、園外に飛散した種子が繁殖し、帰化植物として繁茂することとなった。路傍や河川敷などに自生しており、アレロパシーにより他種を駆逐するため、優占群落を形成することもある。北海道は「北海道の外来種リスト」にシャクチリソバを挙げている。シャクチリソバ フレッシュアイペディアより)

  • 大黒屋光太夫

    大黒屋光太夫から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    その後、光太夫と磯吉は江戸・小石川の薬草園に居宅をもらって生涯を暮らした。ここで光太夫は新たに妻も迎えている。故郷から光太夫ら一行の親族も訪ねて来ており、昭和61年(1986年)に発見された古文書によって故郷の伊勢へも一度帰国を許されていることも確認されている。寛政7年(1795年)には大槻玄沢が実施したオランダ正月を祝う会に招待されており、桂川甫周を始めとして多くの知識人たちとも交際を持っていた。大黒屋光太夫 フレッシュアイペディアより)

  • サツマイモ

    サツマイモから見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    1734年、青木昆陽は薩摩藩から甘藷の苗を取り寄せ、「薩摩芋」を江戸小石川植物園、下総の馬加村(現千葉市花見川区幕張町)、上総の九十九里浜の不動堂村(現:九十九里町)において試験栽培し、1735年栽培を確認。これ以後、東日本にも広く普及するようになる。サツマイモ フレッシュアイペディアより)

  • 大久保一翁

    大久保一翁から見た小石川植物園東京大学大学院理学系研究科附属植物園

    9月29日、三郎が東京帝国大学理学部植物学教場助手・小石川植物園植物取調方として採用される。月給30円。大久保一翁 フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示