小糸製作所 ニュース&Wiki etc.

株式会社小糸製作所(こいとせいさくしょ、Koito Manufacturing Co., Ltd. )は、東京都港区に本拠を置く自動車用照明部品、航空機部品メーカーである。 (出典:Wikipedia)

「小糸製作所」Q&A

  • Q&A

    小糸製作所などで出している後付けのリアフォグランプはオートバックスなどで普通に取り付…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月11日 23:32

  • Q&A

    広島大学工学部の電気系専攻の就職と,立命館大学電気電子工学科の就職を比べると,どちら…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年8月27日 04:39

  • Q&A

    18卒就活生です。 静岡での就職を考えているのですが、 静岡ガス スター精密 鈴与…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月27日 10:15

「小糸製作所」マーケット概況 / 関連情報

チャート

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「小糸製作所」のつながり調べ

  • 日野・プロフィア

    日野・プロフィアから見た小糸製作所

    1994年、マイナーチェンジ。Lシリーズ(GVW22t・25t)を追加。平成6年排出ガス規制適合。ウイングマークが廃止され、HINOエンブレムとHマークの新しいエンブレムが装着されたほか、フロントグリルも変更される。ドアの表記が車系名から車種名に変更された。エンジンは、KC規制から、特にV型エンジンシリーズが、340psのF17Eから355psのF20C、370、380psのF20Cから390psのF21C、410psのV22Dから430psのF21C(V10からV8)、V25CからV26Cへ変更。ヘッドライト奥側(中心より)が前期型より丸みを帯びている。この変化はクルージングレンジャーがマイナーチェンジしてライジングレンジャーになった時も見られた。また、このあたりからテールランプがイチコー製から国内他3社のトラックと同様の小糸製に変更されている。(日野・プロフィア フレッシュアイペディアより)

  • YX

    YXから見た小糸製作所

    日本は民間航空機開発協会が三菱重工業、川崎重工業、富士重工業に作業を委託し、3社によって分担開発された。開発部位は三菱が後胴パネル、川崎が前胴・中胴パネル、富士が主翼胴体間フェアリングを担当し、ボーイングに引き渡すこととなった。生産分野では、川崎が中部胴体・主翼小骨、三菱が後部胴体・乗降口扉、富士が主翼胴体間フェアリングと主脚扉で、新明和工業も3社の部品製造を行っている。部品メーカーとしては、帝人、島津製作所、萱場工場、三菱電機、小糸製作所、新日本航空整備、松下電器、神戸製鋼、大同製綱、住友精密、東京航空計器、その他様々な企業が参入している。(YX フレッシュアイペディアより)

「小糸製作所」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「小糸製作所」
地図情報

「小糸製作所」のニューストピックワード