前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • KIホールディングス

    KIホールディングスから見た小糸製作所小糸製作所

    1967年に小糸製作所の事業の内、鉄道車両用機器・シート部門ならびに照明・電気機器部門を継承した。KIホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 麻布建物

    麻布建物から見た小糸製作所小糸製作所

    1998年には小糸製作所株式について、仕手グループ「光進」の小谷光浩を巻き込んだ仕手戦に参加、2000億円を投じるが、最終的には1000億円の損となった。麻布建物 フレッシュアイペディアより)

  • あぶない刑事の劇用車

    あぶない刑事の劇用車から見た小糸製作所小糸製作所

    パトライトは当初小糸製作所製のものを使用していたが、すぐにパトライト社製のものに変更された(後の港302も同様)。あぶない刑事の劇用車 フレッシュアイペディアより)

  • 流鉄流山線

    流鉄流山線から見た小糸製作所小糸製作所

    モハ101 - 1949年に入線した元南武鉄道モハ107。1979年廃車。汽車会社製であるが、購入に際しては小糸製作所で改修を行い、機械はほとんど新品に換装し、その後も車内等の改装も本鉄道で行っているが、座席は木製であった。塗色は緑色であった(1952年1月27日現在)。モハ101の車歴は、南武鉄道モハ107(1928年)→国鉄モハ107(1944年)→流山(1949年)。流鉄流山線 フレッシュアイペディアより)

  • 小糸グループ

    小糸グループから見た小糸製作所小糸製作所

    小糸グループ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田衛

    柴田衛から見た小糸製作所小糸製作所

    大正時代後半に鉄道省工作局に就職、車両課で長く電車を担当した。1937年ごろ技師に昇格。1940年に退官。小糸製作所に技術部長として招聘され、常務取締役に就任、初代芝浦工場長も務め、戦後も同社役員、1978年1月副社長として在職中に死去。柴田衛 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚裕之

    手塚裕之から見た小糸製作所小糸製作所

    国際・国内の商事の訴訟・仲裁を得意とする。T・ブーン・ピケンズによる小糸製作所に対するグリーンメール事件(小糸製作所を代理)などを担当した。買収防衛や国際仲裁等に関する著作多数。手塚裕之 フレッシュアイペディアより)

  • YX

    YXから見た小糸製作所小糸製作所

    日本は民間航空機開発協会が三菱重工業、川崎重工業、富士重工業に作業を委託し、3社によって分担開発された。開発部位は三菱が後胴パネル、川崎が前胴・中胴パネル、富士が主翼胴体間フェアリングを担当し、ボーイングに引き渡すこととなった。生産分野では、川崎が中部胴体・主翼小骨、三菱が後部胴体・乗降口扉、富士が主翼胴体間フェアリングと主脚扉で、新明和工業も3社の部品製造を行っている。部品メーカーとしては、帝人、島津製作所、萱場工場、三菱電機、小糸製作所、新日本航空整備、松下電器、神戸製鋼、大同製綱、住友精密、東京航空計器、その他様々な企業が参入している。YX フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島幾三郎

    鹿島幾三郎から見た小糸製作所小糸製作所

    2007年(平成19年)6月:株式会社小糸製作所取締役。鹿島幾三郎 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンメーラー

    グリーンメーラーから見た小糸製作所小糸製作所

    1989年から1991年にかけて、トヨタ自動車の系列会社である小糸製作所の筆頭株主として、自らの推薦する取締役選任などを提案し経営介入を試みたが、その真意は小糸株のトヨタによる高額買い取りであったと疑われている。なお、このときトヨタにおいて財務担当役員として毅然とした態度で臨んでピケンズの要求をはねのけたのが奥田碩であり、小糸製作所を代理して株主総会や民事訴訟等を通じて防衛を行ったのが当時の西村眞田法律事務所であった。グリーンメーラー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「小糸製作所」のニューストピックワード