28件中 11 - 20件表示
  • 光進事件

    光進事件から見た小糸製作所小糸製作所

    同じく地産グループ総帥の竹井博友にもインサイダー情報を漏らし、国際航業・小糸製作所等の株売買で55億円の利益を得た。また、その見返りとして地産は蛇の目株買い占め資金の融資など光進に協力的な立場となった。1991年(平成3年)に約34億円の脱税が発覚し所得税法違反で逮捕されている。光進事件 フレッシュアイペディアより)

  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見た小糸製作所小糸製作所

    ヘッドランプの交換の際、ロシア製の標準ランプと小糸製作所製のハロゲンランプが用意されている。日本で使用する際、ロシア製のランプで交換をすると、ロシア仕様の左ハンドル用の光線を照射するものもあるので車検通過に難が出る場合がある。小糸製を使うと問題もなく、ハロゲンランプのため、大変明るい輝度を得ることができる(ただし、小糸製ランプは平面ランプなので、レトロ感を保持したいユーザーは好んでロシア製の曲面ランプを使用することもあるので留意)IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • パトライト

    パトライトから見た小糸製作所小糸製作所

    パトカー、救急車、非常停止表示などの回転灯(同社では「警光灯」と呼称)(近年のシェアは、ほぼ100%。他のメーカーとしては、消防車を中心に使用される「大阪サイレン」、旧型や民間の車両では「小糸製作所」製、前方集中型点滅灯には「スタンレー電気」、店舗の宣伝用には直流12・24ボルトではなく商用電源で作動する「東京メタル工業」の物も使用される また最近、消防車両にウィレン社やフェデラルシグナル社のストロボ式警告灯、モーターサイレンに「東京サイレン」の物を導入する消防本部が見られる)パトライト フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄30系電車

    国鉄30系電車から見た小糸製作所小糸製作所

    省電は、戦中戦後の酷使により荒廃し、多くの不可動車を出していたが、1947年8月から1949年(昭和24年)12月にかけて、モハ30形およびモハ31形の一部を電装解除して制御車とするとともに、使用可能な電気部品を大型車の修繕用に振り向けることとした。モハ30形については、61両について電装解除が計画されたが、最終的に施行されたのは59両で、国鉄直営工場や電車区ばかりでなく、小糸製作所や日国工業、東京電機、京成習志野工場、汽車製造東京支店、東急車輛製造横浜製作所といった民間工場でも委託施行された。国鉄30系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 特命車

    特命車から見た小糸製作所小糸製作所

    各車輌に搭載の赤色回転灯は、佐々木電機製作所社製(現・パトライト)、小糸製作所社製で、双方共、放送回(撮影日程)によって使用状況が若干異なる。特命車 フレッシュアイペディアより)

  • 増岡登作

    増岡登作から見た小糸製作所小糸製作所

    昭和23年(1948年)1月26日、株式会社増岡組に改組・改名し社長に就任した。また中国砂利(中国物産の前身)に改組・改名し社長に就任し、呉消防協会会長に就任。昭和24年(1949年)鉄鋼ビルディングを創立し社長に就任した。昭和32年(1957年)小糸電機取締役に就任、昭和37年(1962年)小糸製作所相談役に就任した。増岡登作 フレッシュアイペディアより)

  • 光陵女子短期大学

    光陵女子短期大学から見た小糸製作所小糸製作所

    旧来の学科を含めて、トヨタ自動車・デンソー・トヨタ紡織・ジェイテクト・豊田鉄工・小糸製作所ほか一般企業への就職者が多い。ほかにはサービス業への就職数も多い。光陵女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • ウランガラス

    ウランガラスから見た小糸製作所小糸製作所

    日本では、岩城硝子、島田硝子などがウランガラスの食器・ガラス工芸品を製造しており、大正から昭和にかけて、国内産品が大量に造られた。さらに、小糸製作所は、戦前のSL(蒸気機関車)や電車の前照灯にウランガラスを使用していて、現在、京都の梅小路蒸気機関車館に展示されている一部の機関車にもウランガラスの前照灯が付いている。ウランガラス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ハイメディック

    トヨタ・ハイメディックから見た小糸製作所小糸製作所

    2004年8月 - 輝度不足からこれまで実現が難しいと言われたフロント・リアのLED式赤色灯を小糸製作所と共同開発し、オプション装備に追加。トヨタ・ハイメディック フレッシュアイペディアより)

  • 和錦克年

    和錦克年から見た小糸製作所小糸製作所

    由比中学校を卒業後、小糸製作所に1年数ヶ月ほど勤務。退職後の1963年9月、春日野部屋に入門し、同年9月場所で初土俵を踏んだ。和錦克年 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「小糸製作所」のニューストピックワード