40件中 11 - 20件表示
  • アダプティブ・フロントライティング・システム

    アダプティブ・フロントライティング・システムから見た小糸製作所小糸製作所

    2002年秋に道路運送車両法に基づく保安基準が改正・施行されたことを受け採用が認可されたシステムで、「配光可変型前照灯システム」とも呼ばれている。小糸製作所が世界初の量産化に成功し、2003年にフルモデルチェンジしたトヨタ・ハリアーにインテリジェントAFSという名で初採用された。アダプティブ・フロントライティング・システム フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺喜太郎

    渡辺喜太郎から見た小糸製作所小糸製作所

    東京・深川生まれ。東京大空襲で両親を失って戦災孤児になり、足利市の織物工場で7年間丁稚奉公をしたのち、1956年に22歳で麻布にオートバイ販売の麻布小型自動車を開業。1964年に輸入車販売の麻布自動車産業、不動産業の麻布建物を設立。不動産投資や仕手株などで莫大な利益を上げ、バブルのチャンピオンと呼ばれた。三井信託銀行の元社長中島健や小佐野賢治の後ろ盾を得て、最盛期にはホノルルのハイアット・リージェンシー・ワイキキなど、ハワイに6つの高級ホテル、港区に165か所の土地と建物、栃木県にゴルフ場「喜連川カントリー倶楽部」を所有。ヴィンテージのロールス・ロイスのコレクターでもあった。資産は55億ドルを数え、1986年にはフォーブス誌の世界の長者番付で6位にランキングされた。中島の急逝による三井信託銀行からの債権回収請求、小糸製作所の仕手戦での失敗、バブル崩壊が続き、麻布建物は2006年に倒産。負債総額は5,648億円にのぼった。渡辺喜太郎 フレッシュアイペディアより)

  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見た小糸製作所小糸製作所

    ヘッドランプの交換の際、ロシア製の標準ランプと小糸製作所製のハロゲンランプが用意されている。日本で使用する際、ロシア製のランプで交換をすると、ロシア仕様の左ハンドル用の光線を照射するものもあるので車検通過に難が出る場合がある。小糸製を使うと問題もなく、ハロゲンランプのため、大変明るい輝度を得ることができる(ただし、小糸製ランプは平面ランプなので、レトロ感を保持したいユーザーは好んでロシア製の曲面ランプを使用することもあるので留意)IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • 柴田衛

    柴田衛から見た小糸製作所小糸製作所

    大正時代後半に鉄道省工作局に就職、車両課で長く電車を担当した。1937年ごろ技師に昇格。1940年に退官。小糸製作所に技術部長として招聘され、常務取締役に就任、初代芝浦工場長も務め、戦後も同社役員、1978年1月副社長として在職中に死去。柴田衛 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄30系電車

    国鉄30系電車から見た小糸製作所小糸製作所

    省電は、戦中戦後の酷使により荒廃し、多くの不可動車を出していたが、1947年8月から1949年(昭和24年)12月にかけて、モハ30形およびモハ31形の一部を電装解除して制御車とするとともに、使用可能な電気部品を大型車の修繕用に振り向けることとした。モハ30形については、61両について電装解除が計画されたが、最終的に施行されたのは59両で、国鉄直営工場や電車区ばかりでなく、小糸製作所や日国工業、東京電機、京成習志野工場、汽車製造東京支店、東急車輛製造横浜製作所といった民間工場でも委託施行された。国鉄30系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 増岡登作

    増岡登作から見た小糸製作所小糸製作所

    昭和23年(1948年)1月26日、株式会社増岡組に改組・改名し社長に就任した。また中国砂利(中国物産の前身)に改組・改名し社長に就任し、呉消防協会会長に就任。昭和24年(1949年)鉄鋼ビルディングを創立し社長に就任した。昭和32年(1957年)小糸電機取締役に就任、昭和37年(1962年)小糸製作所相談役に就任した。増岡登作 フレッシュアイペディアより)

  • YX

    YXから見た小糸製作所小糸製作所

    日本は民間航空機開発協会が三菱重工業、川崎重工業、富士重工業に作業を委託し、3社によって分担開発された。開発部位は三菱が後胴パネル、川崎が前胴・中胴パネル、富士が主翼胴体間フェアリングを担当し、ボーイングに引き渡すこととなった。生産分野では、川崎が中部胴体・主翼小骨、三菱が後部胴体・乗降口扉、富士が主翼胴体間フェアリングと主脚扉で、新明和工業も3社の部品製造を行っている。部品メーカーとしては、帝人製機、島津製作所、萱場工業、三菱電機、小糸製作所、新日本航空整備、松下電器、神戸製鋼、大同製綱、住友精密工業、東京航空計器、その他様々な企業が参入している。YX フレッシュアイペディアより)

  • ディスチャージヘッドランプ

    ディスチャージヘッドランプから見た小糸製作所小糸製作所

    一般的なHIDバルブには水銀が封入されているため、現状では、仕向け地によっては使用されていない。2004年7月26日、トヨタ自動車より発売されたトヨタ・ポルテにおいて世界で初めて水銀フリーディスチャージランプが採用された。開発元は小糸製作所およびフィリップス社である。水銀代替物質としてヨウ化亜鉛(ZnI2)を使用している、HIDバルブを点灯させるのに必要な電圧や電流は水銀を使用しているHIDバルブと差異があるため水銀フリーランプ専用の点灯システムが必要となり、電球部分のみを取り換えて既存の車両を水銀フリー化する事はできない。また水銀フリーバルブは水銀を排して環境に優しいだけでなく・コールドスタート時の色特性が良い(水銀を使用しているバルブはコールドスタート後法令で定められた白色となるまでに15秒程度かかるが、水銀フリーバルブはスタート直後から白色の範囲に収まる)・色特性の変化が小さい・調光やバラスト小型化への将来対応が可能である点など水銀を使用しているバルブと比べていくつかのメリットがある。主として、上記のポルテ以降のトヨタ自動車やダイハツ工業製の自動車に採用されている。ランプ形式はD4S/D4Rとなる。ディスチャージヘッドランプ フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LSハイブリッド

    レクサス・LSハイブリッドから見た小糸製作所小糸製作所

    2007年(平成19年)当時、市販車としては世界初採用となるLEDヘッドランプをロービームに搭載している。構造としては、3眼一体型のプロジェクターランプと小型反射鏡(パラボラリフレクター)の4ユニットで構成されている。 これは、小糸製作所が開発・製造したものであり、後に、プロジェクターランプ部分を流用したと思われる後付のLED式のフォグランプが小糸製作所の自社ブランド品として発売されている。後にこのLEDヘッドランプはコストダウンが進み、2009年(平成21年)以降には「RX450h」、「HS250h」、トヨタ「SAI」、「プリウス」(3代目)などにも採用された。ただ、LS600hのランプよりユニット数を減らしたり、左右のLEDの色温度のばらつきなどを管理していないなど、コストダウンが図られた仕様となっている。レクサス・LSハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • 木内信夫

    木内信夫から見た小糸製作所小糸製作所

    1923年(大正12年)、東京府赤坂区に生まれ育つ。航空技能養成校卒業。満州で航空隊・飛行戦隊を経て、終戦後旧ソビエト連邦(主にウクライナ)に抑留。1948年(昭和23年)7月に引揚船恵山丸にて舞鶴港に帰還を果たす。復員後、小糸製作所(沼津市)勤務の傍ら絵を描き始める。小糸製作所が解体した後退社。東京に移り住み、絵を描き続けながらパン屋、菓子屋、小物屋、ろうけつ染め職人、焼絵職人、クラフト職人、簪絵職人などの職を経て今日にいたる。木内信夫 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「小糸製作所」のニューストピックワード