1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • AFS (自動車)

    AFS (自動車)から見た小糸製作所小糸製作所

    2002年秋に道路運送車両法に基づく保安基準が改正・施行されたことを受け採用が認可されたシステムで、「配光可変型前照灯システム」とも呼ばれている。小糸製作所が世界初の量産化に成功し、2003年にフルモデルチェンジしたトヨタ・ハリアーにインテリジェントAFSという名で初採用された。AFS (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LSハイブリッド

    レクサス・LSハイブリッドから見た小糸製作所小糸製作所

    2007年当時、市販車としては世界初採用となるLEDヘッドライトをロービームに搭載している。構造としては、3眼一体型のプロジェクターランプと小型反射鏡(パラボラリフレクター)の4ユニットで構成されている。 これは、小糸製作所が開発・製造したものであり、後に、プロジェクターランプ部分を流用したと思われる後付のLED式のフォグランプが小糸製作所の自社ブランド品として発売されている。後にこのLEDヘッドライトはコストダウンが進み、2009年以降には「RX450h」、「HS250h」、トヨタ「SAI」、「プリウス」(3代目)などにも採用された。ただ、LS600hのライトよりユニット数を減らしたり、左右のLEDの色温度のばらつきなどを管理していないなど、コストダウンが図られた仕様となっている。レクサス・LSハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • 発光ダイオード

    発光ダイオードから見た小糸製作所小糸製作所

    乗用車における利用も拡大しており、前述のテールランプに加えアフターパーツとして室内灯やポジションランプ(スモールランプ)等が多く販売されている。さらに、2007年5月発売のトヨタ自動車「LS600h」には小糸製作所が日亜化学工業と共同開発した(鉄道以外の用途として)世界初のLEDヘッドランプが搭載されている。LEDヘッドランプは消費電力が少なく(2007年時点では他方式に比べて大幅に少ないわけではないが)デザイン上の自由度も高いことから、今後大量生産によりコストが下がれば多くの車種に採用される可能性がある。発光ダイオード フレッシュアイペディアより)

  • 富士市

    富士市から見た小糸製作所小糸製作所

    小糸製作所富士川工機工場富士市 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・Fシリーズ

    三菱ふそう・Fシリーズから見た小糸製作所小糸製作所

    1979年10月 37車種が一斉にマイナーチェンジ。通称「ブラックマスク」と呼ばれる黒一色のフロントグリルに変更、乗用車などへの幻惑防止措置として前期型よりヘッドランプの位置が下げられた。昭和54年排出ガス規制適合、直列6気筒ターボ、新開発の8DC9型NA・ターボエンジン車追加、助手席セーフティウインドウが装備された。テールランプを丸型から小糸製の角型へ変更。三菱ふそう・Fシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 同族経営

    同族経営から見た小糸製作所小糸製作所

    小糸製作所・小糸工業 - 社長・会長が創業家(小糸家)出身であったが、のちに麻布自動車やブーン・ピケンズの手に渡り、現在はトヨタ自動車が筆頭株主となり、事実上傘下に入った。同族経営 フレッシュアイペディアより)

  • 日野・プロフィア

    日野・プロフィアから見た小糸製作所小糸製作所

    1994年、マイナーチェンジ。Lシリーズ(GVW22t・25t)を追加。平成6年排出ガス規制適合。ウイングマークが廃止され、HINOエンブレムとHマークの新しいエンブレムが装着されたほか、フロントグリルも変更される。ドアの表記が車系名から車種名に変更された。エンジンは、KC規制から、特にV型エンジンシリーズが、340psのF17Eから355psのF20C、370、380psのF20Cから390psのF21C、410psのV22Dから430psのF21C(V10からV8)、V25CからV26Cへ変更。ヘッドライト奥側(中心より)が前期型より丸みを帯びている。この変化はクルージングレンジャーがマイナーチェンジしてライジングレンジャーになった時も見られた。また、このあたりからテールランプがイチコー製から国内他3社のトラックと同様の小糸製に変更されている。日野・プロフィア フレッシュアイペディアより)

  • 静岡市

    静岡市から見た小糸製作所小糸製作所

    小糸製作所 静岡工場(清水区北脇) 主力工場・開発拠点静岡市 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「小糸製作所」のニューストピックワード