40件中 21 - 30件表示
  • グリーンメーラー

    グリーンメーラーから見た小糸製作所小糸製作所

    1989年から1991年にかけて、トヨタ自動車の系列会社である小糸製作所の筆頭株主として、自らの推薦する取締役選任などを提案し経営介入を試みたが、その真意は小糸株のトヨタによる高額買い取りであったと疑われている。なお、このときトヨタにおいて財務担当役員として毅然とした態度で臨んでピケンズの要求をはねのけたのが奥田碩であり、小糸製作所を代理して株主総会や民事訴訟等を通じて防衛を行ったのが当時の西村眞田法律事務所であった。グリーンメーラー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ハイメディック

    トヨタ・ハイメディックから見た小糸製作所小糸製作所

    2004年8月 - 輝度不足からこれまで実現が難しいと言われたフロント・リアのLED式赤色灯を小糸製作所と共同開発し、オプション装備に追加。トヨタ・ハイメディック フレッシュアイペディアより)

  • 光進事件

    光進事件から見た小糸製作所小糸製作所

    同じく地産グループ総帥の竹井博友にもインサイダー情報を漏らし、国際航業・小糸製作所等の株売買で55億円の利益を得た。また、その見返りとして地産は蛇の目株買い占め資金の融資など光進に協力的な立場となった。1991年(平成3年)に約34億円の脱税が発覚し所得税法違反で逮捕され、1992年に懲役4年罰金5億円の実刑判決を受け収監された。光進事件 フレッシュアイペディアより)

  • 光陵女子短期大学

    光陵女子短期大学から見た小糸製作所小糸製作所

    旧来の学科を含めて、トヨタ自動車・デンソー・トヨタ紡織・ジェイテクト・豊田鉄工・小糸製作所ほか一般企業への就職者が多い。ほかにはサービス業への就職数も多い。光陵女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 発光ダイオード

    発光ダイオードから見た小糸製作所小糸製作所

    乗用車への利用も拡大しており、テールランプに加えアフターパーツとして室内灯やポジションランプ(スモールランプ)などが多く販売されている。光量が足りないためヘッドライトにLEDを採用例はなかったが、2007年5月発売の4代目LS600hには小糸製作所が日亜化学工業と共同開発した(鉄道以外の用途として)世界初のLEDヘッドランプが搭載されている。LS600hのLEDヘッドランプは1つのLEDランプでは光量は足りず3つのLEDランプをロービームとして使用していたが、その後LEDランプ1つあたりの光量が増え、2013年発売の3代目レクサスISでは1つのLEDランプでロービームとして使用できるようになった。LEDヘッドランプは消費電力が少なく光量はHIDより上回っており、各自動車メーカーが採用しつつある。発光ダイオード フレッシュアイペディアより)

  • トヨタグループ

    トヨタグループから見た小糸製作所小糸製作所

    小糸製作所 - トヨタ自動車を筆頭株主としている。敵対的買収の末、大口取引先であるトヨタと正式に資本業務提携。トヨタグループ フレッシュアイペディアより)

  • 富士市

    富士市から見た小糸製作所小糸製作所

    小糸製作所富士川工機工場富士市 フレッシュアイペディアより)

  • 16式機動戦闘車

    16式機動戦闘車から見た小糸製作所小糸製作所

    車体は、防弾鋼板を溶接によって組み合わせている。車体要部には中空式の増加装甲が取り付けられる。車体前方左側には出力570hpのディーゼルエンジン、補器類、オートマチック変速機を一体化したパワーパックが収容される。機関から排出されるガスは車体左側に設けられた排気孔から排気される、この後方のルーバーはラジエーター用のもので、パワーパック上面には吸気口が設けられている。車体前方右側、パワーパックと併置して操縦席が配されている。操縦はパワーステアリングつきのハンドルで行われる。また、高速走行時には操縦ハッチ上部に風防を付ける。車体中央部にはターレットおよび砲塔を備えた戦闘室がある。この戦闘室には車長、砲手、装填手が搭乗する。車体後部は弾薬庫兼多目的スペースとなっている。車体後面には乗降も可能な弾薬搭載用のドアが設けられている。前照灯は、試作車は丸形のハロゲン式のものを装備していたが、量産車は小糸製作所製のLED式に変更されている。16式機動戦闘車 フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た小糸製作所小糸製作所

    11月、運営会社であるエスラップ・コミュニケーションズの経営危機が表面化。20億円を超える負債を抱え、実質的な親会社のテレビ静岡が運営からの撤退を表明した。31万人を超える署名と1500万円の募金を集め、地元清水に本拠を置く物流大手鈴与の子会社で出版業を手掛けていた「サッカーコミュニケーションズ株式会社」(1995年11月設立)が第三者割当増資を行い、これに静岡鉄道・静岡ガス・静岡新聞社・小糸製作所が応じて株式会社エスパルスに改組、同社が営業権を譲り受けることになった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • ウランガラス

    ウランガラスから見た小糸製作所小糸製作所

    日本では、岩城硝子、島田硝子などがウランガラスの食器・ガラス工芸品を製造しており、大正から昭和にかけて、国内産品が大量に造られた。さらに、小糸製作所は、戦前のSL(蒸気機関車)や電車の前照灯にウランガラスを使用していて、現在、京都鉄道博物館に展示されている一部の機関車にもウランガラスの前照灯が付いている。ウランガラス フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「小糸製作所」のニューストピックワード