小西康陽 ニュース&Wiki etc.

小西 康陽(こにし やすはる、1959年2月3日 - )は、日本の音楽家。北海道札幌市生まれ。幼少期から中学途中までは東京都渋谷区で育つ。北海道札幌南高等学校卒業、青山学院大学卒業。妻は、レディメイド・エンタテインメントの代表取締役で文筆家の長谷部千彩。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「小西康陽」のつながり調べ

  • ANTIQUE 96

    ANTIQUE 96から見た小西康陽

    ソニー時代の4枚のオリジナル・アルバム(『カップルズ』、『ベリッシマ』、『女王陛下のピチカート・ファイヴ』、『月面軟着陸』)のリマスタリングによる再発に併せ企画されたソニー時代のアンソロジー。選曲・監修は当時ディレクターだった河合マイケルが担当し、小西康陽が“マイケルへのメッセージ”と題したライナーノーツを書いた。ブックレットには左ページに小西のライナー、右ページに各アルバムのジャケットのトリミングを掲載。(ANTIQUE 96 フレッシュアイペディアより)

  • パイド・パイパー・ハウス

    パイド・パイパー・ハウスから見た小西康陽

    1980年代には、タワーレコードやWAVEなどの大手輸入レコード店の登場や、競争相手の増加などによって、品揃えの特化が進み、ウェストコースト・ロック、AOR、ニューオリンズ系、オールディーズに強いといった評判を得ていた。もともと岩永が主導していた時期から、パイド・パイパー・ハウスはレコード販売のほか、海外のアーティストの公演などにも関わっていたが、長門が主導していた時期にもドクター・ジョンの初来日を実現させている。また、青山学院大学の学生時代から常連客だった小西康陽のピチカート・ファイヴなど、日本のアーティストのプロモーションにも関与していた。(パイド・パイパー・ハウス フレッシュアイペディアより)

「小西康陽」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「小西康陽」のニューストピックワード