前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
277件中 1 - 10件表示
  • プレイボーイ プレイガール (アルバム)

    プレイボーイ プレイガール (アルバム)から見た小西康陽小西康陽

    詞 ? 曲 : 小西康陽featuring : GRAND-PRIXプレイボーイ プレイガール (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アイドルばかり聴かないで

    アイドルばかり聴かないでから見た小西康陽小西康陽

    2月発売の「愛のタワー・オブ・ラヴ」に続く、結成10周年記念イヤーの第2弾シングル。タイトル・トラックは小西康陽がプロデュースを担当。Negiccoのサウンド・プロデュースを手掛けるconnieが、新潟で小西と会った時、小西から7インチ・アナログのリリースとともに、楽曲提供を要望されていたことから実現した。connieは、小西との最初の打ち合わせで“アイドルばかり聴かないで”というタイトル案を聞いたときから気に入り、“Negiccoが「アイドルばかり聴かないで」と歌う、そう考えただけでもう素晴らしい”と、その場で「それでお願いします!」と返したという。小西はこの曲を「アイドルに曲を書くのが夢だった高校・大学時代の自分に聴かせてやりたいくらいの、“私の中の筒美京平”が暴発したような作品です」という。アイドルばかり聴かないで フレッシュアイペディアより)

  • アイドルばかりピチカート

    アイドルばかりピチカートから見た小西康陽小西康陽

    『アイドルばかりピチカート』は、2015年4月22日に徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された、小西康陽プロデュースによるピチカート・ファイブのカバー・アルバム。アイドルばかりピチカート フレッシュアイペディアより)

  • 東京は夜の七時

    東京は夜の七時から見た小西康陽小西康陽

    ピチカート・ファイヴと当時流行の最先端だった渋谷系の代表曲で、のちに様々なアーティストによってカヴァーバージョンが発表された。またピチカートのメンバー二人も、ボーカルの野宮真貴は自身のカバーアルバムにセルフカバーを収録し、小西康陽も女性ボーカリストをプロデュースしてリミックスヴァージョンを発表している。東京は夜の七時 フレッシュアイペディアより)

  • スクールランブル (アニメ)

    スクールランブル (アニメ)から見た小西康陽小西康陽

    作詞・作曲・編曲 - 小西康陽 / 歌 - 小倉優子スクールランブル (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • MEG

    MEGから見た小西康陽小西康陽

    フランスリリース音源をコンパイルしたアルバム「LA JAPONAISE」のプロデューサー陣には中田ヤスタカ、小西康陽、小室哲哉、the telephones、曽我部恵一などが名を連ねた。MEG フレッシュアイペディアより)

  • かまやつひろし

    かまやつひろしから見た小西康陽小西康陽

    2002年には小西康陽プロデュースのアルバム「我が名はムッシュ」を発売する。松任谷由実、小山田圭吾、ミッキー・カーチスなどがコメントを寄せたり、堺正章との共演曲などが話題を呼んだ。かまやつひろし フレッシュアイペディアより)

  • ラヴァーズ・ロック (ピチカート・ファイヴの曲)

    ラヴァーズ・ロック (ピチカート・ファイヴの曲)から見た小西康陽小西康陽

    「ラヴァーズ・ロック」は『月面軟着陸』完成後間もなく、CBS/ソニー(当時)が初めてCMタイアップを取り付けたソニー時代唯一のシングルで、3代目ボーカリストの野宮真貴加入後、最初の作品。小西康陽によれば、ベスト・アルバム『ANTIQUE 96』収録に際してマッド・プロフェッサーがリミックスを手がけた事に触れて、この曲は彼のARIWAレーベルのサウンドを強く意識して作った曲だったという。この曲は、後に『超音速のピチカート・ファイヴ』とアルバム『女性上位時代』に、「TOKYO’S COOLEST SOUND」として改作・収録された。ラヴァーズ・ロック (ピチカート・ファイヴの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 夜をぶっとばせ (ORIGINAL LOVEの曲)

    夜をぶっとばせ (ORIGINAL LOVEの曲)から見た小西康陽小西康陽

    「夜をぶっとばせ」はアルバム『LOVE! LOVE! & LOVE!』収録曲だが、レコード会社移籍後にリリースされたアーティスト非監修のベスト・アルバム『The Very Best of ORIGINAL LOVE』からの先行シングルとして税込価格¥500でリリースされた。『The Very Best of ORIGINAL LOVE』には『LOVE! LOVE! & LOVE!』と同じヴァージョンが収録されたが、このシングルにはミックスの異なる“BRAND NEW MIX”として、エンディングもフェード・アウトせず終わりまで収められ、最後に「悲しみをぶっとばせ」というフレーズが入っている。元々はオリジナル・ラヴがライブハウスを中心に活動していた頃に田島貴男によって書かれた作品だったが、ピチカート・ファイヴのレパートリィとして取り上げられることになり、レコーディングに際し、歌詞を小西康陽が書いた。田島によればこのレコーディング時はカーティス・メイフィールドの音楽に出会ったばかりで、この曲にカーティスのようなホーン・セクションを入れたいと小西に相談すると「田島君自分でアレンジしてみなよ。ドン・セベスキーのアレンジ本に音域とか書いてあるからさ。大丈夫、田島君ならきっと出来るよ。それじゃあねー」と言って帰ってしまった。ピチカートに参加してホーン・セクションのアレンジはおろか、譜面の読み書きすらあまり経験のなかった田島は、この曲を含む2曲のホーン・セクションのレコーディングが翌日の13時からとなった前日19時からスタジオに泊まり込んで譜面を書くことにした。七転八倒の末、レコーディング開始1時間前に出来上がった楽譜は結局間違いだらけだったので使い物にならなかったが、数原晋をはじめとするプレイヤーたちのおかげでレコーディングできたという。このときのテイクは『女王陛下のピチカート・ファイヴ』に収録され、その後『月面軟着陸』では田島自身のギター弾き語りにリアレンジ、再収録された。夜をぶっとばせ (ORIGINAL LOVEの曲) フレッシュアイペディアより)

  • WEAR I AM

    WEAR I AMから見た小西康陽小西康陽

    (作詞・作曲・編曲:小西康陽WEAR I AM フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
277件中 1 - 10件表示

「小西康陽」のニューストピックワード