277件中 101 - 110件表示
  • EXPO防衛ロボット GRAN SONIK

    EXPO防衛ロボット GRAN SONIKから見た小西康陽小西康陽

    One Sugar Dream pot-pourri of the beats by KONISHI yasuharuEXPO防衛ロボット GRAN SONIK フレッシュアイペディアより)

  • 柴田くに子

    柴田くに子から見た小西康陽小西康陽

    小西康陽(ピチカート・ファイヴ)がプロデュース柴田くに子 フレッシュアイペディアより)

  • I JUST FEEL SO LOVE AGAIN 〜そばにいるだけで〜

    I JUST FEEL SO LOVE AGAIN 〜そばにいるだけで〜から見た小西康陽小西康陽

    1999年2月10日発売。全作詞は秋本瑞月、全作曲は大野愛果、編曲は古井弘人(#1)・小西康陽(#2)・鴨宮諒(12cm盤#3)。I JUST FEEL SO LOVE AGAIN 〜そばにいるだけで〜 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争に反対する唯一の手段は。-ピチカート・ファイヴのうたとことば-

    戦争に反対する唯一の手段は。-ピチカート・ファイヴのうたとことば-から見た小西康陽小西康陽

    2001年のピチカート・ファイヴ解散からちょうど一年を経て発売された。トリビュート・アルバムを銘打っているが、事実上は小西康陽のソロ・プロジェクトにゲストを招いたセルフカバーアルバムになっている。戦争に反対する唯一の手段は。-ピチカート・ファイヴのうたとことば- フレッシュアイペディアより)

  • HAPPY END PARADE

    HAPPY END PARADEから見た小西康陽小西康陽

    はいからはくち / 小西康陽HAPPY END PARADE フレッシュアイペディアより)

  • 横浜幻想

    横浜幻想から見た小西康陽小西康陽

    歌・編曲: 種ともこ、作詞: 橋本淳、作曲: 筒美京平、編曲: 小西康陽横浜幻想 フレッシュアイペディアより)

  • Bellissima!

    Bellissima!から見た小西康陽小西康陽

    制作に携わった人たちすべてから“大傑作”との賞賛を得たにもかかわらず、1987年リリースの前作『couples』は充分なセールス結果を残せなかった。アルバムがリリースされた同月に行われたライブの翌々日、次のアルバムの打ち合わせに訪れたプロモーション・スタッフの御領博と、ディレクターの河合マイケルからヴォーカリスト交代を示唆された小西康陽は約1か月間悩んだ末、ヴォーカルの佐々木麻美子と、さらに作風が異なり始めていた鴨宮諒を、当時既にオリジナル・ラヴを率いてインディーズで活動を開始していた田島貴男と交代することに決めた。そして1988年2月5日、渋谷ラ・ママでのオリジナル・ラヴのライブ終演後、小西が田島にピチカートへの加入を要請した。Bellissima! フレッシュアイペディアより)

  • the Quantum EP

    the Quantum EPから見た小西康陽小西康陽

    またリミックスアルバム『EXPO防衛ロボット GRAN SONIK』(2001年) に小西康陽がリミックスを手掛けた「One Sugar Dream pot-pourri of the beats by KONISHI yasuharu」が収録されている。the Quantum EP フレッシュアイペディアより)

  • ニュームーンに恋して

    ニュームーンに恋してから見た小西康陽小西康陽

    作詞: こだまさおり・小西康陽、作曲・編曲:小西康陽ニュームーンに恋して フレッシュアイペディアより)

  • オンナのコ・オトコのコ

    オンナのコ・オトコのコから見た小西康陽小西康陽

    表題曲・カップリング曲共に、作詞・作曲・編曲は小西康陽。そのため、サウンド面ではかつて小西が率いていたピチカート・ファイヴを彷彿させるような楽曲となっている。オンナのコ・オトコのコ フレッシュアイペディアより)

277件中 101 - 110件表示

「小西康陽」のニューストピックワード