207件中 11 - 20件表示
  • Bellissima!

    Bellissima!から見た小西康陽小西康陽

    制作に携わった人たちすべてから“大傑作”との賞賛を得たにもかかわらず、『couples』は充分なセールス結果を残せなかった。アルバムがリリースされた同月に行われたライブの翌々日、次のアルバムの打ち合わせに訪れたプロモーション・スタッフの御領博と、ディレクターの河合マイケルからヴォーカリスト交代を示唆された小西康陽は、約1ヶ月間悩んだ末、ヴォーカルの佐々木麻美子と、さらに作風が異なり始めていた鴨宮諒を、当時既にオリジナル・ラヴを率いてインディーズで活動を開始していた田島貴男と交代することに決めた。そして1988年2月5日、渋谷ラ・ママでのオリジナル・ラヴのライブ終演後、小西が田島にピチカートへの加入を要請した。Bellissima! フレッシュアイペディアより)

  • 月面軟着陸

    月面軟着陸から見た小西康陽小西康陽

    小西康陽によれば当初は“POP/ART”というアルバム・タイトルを考えていたとし、他にも“火星のグレイテスト・ヒッツ”や“ピチカート天狗”といったものも思いついたというが最終的には、アル・クーパーの同名曲のタイトルからとられた。月面軟着陸 フレッシュアイペディアより)

  • SWEET PIZZICATO FIVE

    SWEET PIZZICATO FIVEから見た小西康陽小西康陽

    ギミックを駆使した録音芸術としてのアルバム制作手法が一定の完成をみた前作『女性上位時代』を経て、本作ではこれまでのような批評眼が希薄な楽曲が並んだアルバムとなった。その理由を小西康陽は「ある日曜の朝、アル・クーパーのレコードを聴いていたんですよ、いいなあって思いながら。何かその時に、この人って自分に似てると思ったんだよ。器用で、いろんなタイプの音楽をやってて、他人のいい曲を見つけてそれをSEとかサウンド・コラージュして巧みに編集するのが上手くて。で、“ああ、僕はこんなに影響受けてたんだ”としみじみしたんだけど、同時に“これは売れないな”って思ったの! その時にに神のお告げじゃないけど、売れるってコレなんだ! って、ポジとネガだけど分かったの。反面教師っていうか。レコード会社の人って“次は売れるものを作ってください”っていつも言うんだけど、オリジナル・ラヴはそこに対してすごく上手く答えたんだよね。僕もそういうのを作りたいんだけど、他にやりたいことが多過ぎてダメだと思ってたの。だけど今回はメロディーとか音に対するセンスを全然変えずに、低学年向けっていうか、メジャーなものが作れたのが嬉しい」と、本作でギミック至上主義から楽曲至上主義に変わったことを理由として挙げ、さらに「僕の中で今回のアルバムが自信あるのはさ、『月面軟着陸』とか『女性上位時代』を突き抜けられたからだね。それが自分にとって驚きだったのよ。マニアックな能書きをいっぱい詰め込んで音楽を作っていた自分が、それを乗り越えた所にある超シンプルなことが出来たっていうのが。マイケル・ジャクソンで言うと、ジャクソン5とか『オフ・ザ・ウォール』っていろんな批評が飛び交ったけど、『スリラー』にはそういうのを寄せつけない何かがあったじゃない。そういう事かもしれない」「チャゲアスでもいいんだけど、そういうのを聴いた時に“これって深い何かがあるのかな”って考えないじゃん。そういうのを意識したんですよ」「気取った人間なんてもうどうでもいいよ、って気持ちで作ったところはある。ま、マニアの人は何やっても聴くだろうから、やっぱりマニアでない人にアピールしたかったよね」と答えている。SWEET PIZZICATO FIVE フレッシュアイペディアより)

  • Smap! Tour! 2002!

    Smap! Tour! 2002!から見た小西康陽小西康陽

    Theme of 015 作曲・編曲:小西康陽Smap! Tour! 2002! フレッシュアイペディアより)

  • アキシブ系

    アキシブ系から見た小西康陽小西康陽

    ただし、四方氏のコラムについては、解りやすさを前面に出したあまり、(本人も言及しているが)、ステレオタイプ化が極端すぎ、間違いが散見されるので注意である。(宅八郎と小西康陽は一緒にDJを行っており、相反した関係ではない。また、秋葉原には1990年代より、アニメとサブカルチャーとロッテルダムテクノ/ハードコアテクノが融合した「ナードコア」と言う重要なテクノ系音楽ムーブメントがあるが、四方文献にはこの視点が欠落しており、これは致命的なミスと言える)。アキシブ系 フレッシュアイペディアより)

  • couples

    couplesから見た小西康陽小西康陽

    CBSソニー(当時)に移籍後すぐに参加することになったクリスマス企画盤『WINTER LOUNGE』のためにをレコーディングした翌週、ディレクター河合マイケルが小西康陽の部屋を訪れ、アルバムの打ち合わせが行われた。そこで、テイチク・ノンスタンダード時代から一変して、打ち込みではなく全てスタジオ・ミュージシャンによるレコーディングとすること、ミキサーに吉田保を起用すること。そして作詞は基本的に小西が全てを手がけるということが決められた。小西は1986年12月の最初の1週間を札幌の実家で作曲とデモテープ作りを行い、1987年1月7日からレコーディングは始まり、約4週間で全てを録り終えた。couples フレッシュアイペディアより)

  • ONE PIECE FILM STRONG WORLD

    ONE PIECE FILM STRONG WORLDから見た小西康陽小西康陽

    さらに尾田の希望で、監督には同作品のテレビアニメにおいてシリーズディレクターを2006年10月から2008年9月の放送分までを担当した境宗久が、オープニング音楽には小西康陽が、金獅子のシキの声優には俳優の竹中直人が起用された。ONE PIECE FILM STRONG WORLD フレッシュアイペディアより)

  • SWEET SOUL REVUE

    SWEET SOUL REVUEから見た小西康陽小西康陽

    作者の小西康陽によれば「打ち合わせに行って“レヴュー”と“頬ずり”という言葉をCMサイズの中に織り込んでほしい、と言われた途端に頭の中にメロディが浮かんでしまいました。“ほほ頬ずりしたくなるでしょ”というサビ前のメロディが、一番自分らしいというか、自然に出てくるメロディに抵抗しないとこうなる、という感じです」という。また、サビが先に出来てしまったので、後で書いたAメロ(“今朝はじめて?ついて行こうよ”)は、反対に技巧的にうまく出来ていると自分でも感心するという。SWEET SOUL REVUE フレッシュアイペディアより)

  • INO hidefumi

    INO hidefumiから見た小西康陽小西康陽

    レーベル名は、当時Tenementの常連として来ていた小西康陽がフランス語で「イノさんレコード」と言うと「innocent record」、という駄洒落から命名。同年フェンダーローズ・ピアノの旋律をメインにした楽曲が7インチレコードでリリースされる。その後も7インチシリーズとして現在まで7枚のシングル盤が発売される。2006年に初のフルアルバム「Satisfaction」をリリースする。INO hidefumi フレッシュアイペディアより)

  • 花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)

    花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)から見た小西康陽小西康陽

    作詞: 松本隆、作曲: 細野晴臣、編曲: 細野晴臣・越美晴・小西康陽花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

207件中 11 - 20件表示

「小西康陽」のニューストピックワード

  • DESTRUCTION + 2 B rubbed PL4E edition

  • ふなっしーの買い物わっしょい!

  • インド株式市場