277件中 21 - 30件表示
  • BAD GIRL

    BAD GIRLから見た小西康陽小西康陽

    本作も前作同様、藤田浩一と新川博の共同プロデュースとなっており、アレンジは全曲新川博が行なっている。またシングル「REIKO」より新たな作詞家を起用し始めており、本作品では小西康陽、秋元康を起用している。ミキシングエンジニアは、吉田保を初めて起用した。BAD GIRL フレッシュアイペディアより)

  • 赤田祐一

    赤田祐一から見た小西康陽小西康陽

    2002年10月、『QuickJapan』の連載をまとめて加筆した『証言構成 ポパイの時代──ある雑誌の奇妙な航海』を刊行。雑誌『POPEYE』をカタログ誌のルーツとしてでなく、70年代の思想誌として新たな価値体系を提示した一冊であり、小西康陽も絶賛した(その流れで小西は『READYMADE MAGAZINE』創刊号で原稿依頼をしている)。赤田祐一 フレッシュアイペディアより)

  • シュガシュガルーン

    シュガシュガルーンから見た小西康陽小西康陽

    音楽 - 福田康文、小西康陽、蓑部雄崇、佐々木朋子シュガシュガルーン フレッシュアイペディアより)

  • Koizumi Chansonnier

    Koizumi Chansonnierから見た小西康陽小西康陽

    作詞・作曲:Barbara/日本語詞:覚和歌子/編曲:小西康陽Koizumi Chansonnier フレッシュアイペディアより)

  • TOK10

    TOK10から見た小西康陽小西康陽

    各曲のプロデューサーには曽我部恵一や小西康陽など超豪華メンバーが集結した。TOK10 フレッシュアイペディアより)

  • ふかわ りょう

    ふかわりょうから見た小西康陽小西康陽

    1998年、小西康陽と音楽ユニットROCKETMANを結成。ふかわりょう フレッシュアイペディアより)

  • カップルズep

    カップルズepから見た小西康陽小西康陽

    1987年4月リリースのピチカート・ファイヴのアルバム『couples』収録の「七時のニュース」と「皆笑った」の2曲をカップリング。バーニー・グランドマンによるシングル向けのカッティングが施された完全生産限定盤。小西康陽が7インチDJとして“今クラブで回したい”、“7インチのアナログ盤で出して欲しい”ソニー・ミュージックの1980年代から2000年代までの有名楽曲を1枚のCDにまとめた17曲入りコンピレーション・アルバム『エース』発売に合わせ、「ベリッシマep」と同時リリースされた。カップルズep フレッシュアイペディアより)

  • ベリッシマep

    ベリッシマepから見た小西康陽小西康陽

    1988年9月リリースのピチカート・ファイヴのアルバム『Bellissima!』収録の「惑星」と「これは恋ではない」の2曲をカップリング。バーニー・グランドマンによるシングル向けのカッティングが施された完全生産限定盤。小西康陽が7インチDJとして“今クラブで回したい”、“7インチのアナログ盤で出して欲しい”ソニー・ミュージックの1980年代から2000年代までの有名楽曲を1枚のCDにまとめた17曲入りコンピレーション・アルバム『エース』発売に合わせ、「カップルズep」と同時リリースされた。ベリッシマep フレッシュアイペディアより)

  • バニラビーンズ

    バニラビーンズから見た小西康陽小西康陽

    「プロデュース会議」のネット放送などでの好評に味を占めた事務所は2009年5月15日「バニラビーンズ プロデュース会議2」(阿佐ヶ谷ロフト)を企画(アルバムが出てオリジナル曲が十分あるにもかかわらず、またもワンマンライブではない)。ゲストは掟ポルシェ(今回も実際には司会)に加え、漫画家・コラムニスト辛酸なめ子、元ピチカートファイブの小西康陽、さらに映画『腐女子彼女。』の監督兼重淳である。このイベントの最後に、レナが今後の音楽活動について「ニコラ」のような「優しい音楽」を続けていきたいという発言をし、小西に「自分たちの音楽についてきちんと考えていて感激した」といわせている。バニラビーンズ フレッシュアイペディアより)

277件中 21 - 30件表示

「小西康陽」のニューストピックワード