277件中 51 - 60件表示
  • let love be your destiny

    let love be your destinyから見た小西康陽小西康陽

    発売当時、批評家からは、その実験的な試みや、過去から同時代の音楽を幅広く消化した豊かな音楽性、また一段と成長を見せたボーカリストとしての表現力などが高い評価を得たものの、目立ったセールスを上げることはできず、本作をもって徳間ジャパンを離れ、以後しばらくは劇伴や楽曲提供など裏方の活動にほぼ専念することになるが、後年 Columbia readymade(当時)レーベルのプロデューサー、小西康陽が前作及び本作を高く評価したことが、シンガーソングライターとしての復帰作にして最後のアルバム(2010年7月に急逝したため)となった『かなえられない恋のために』(2008年)リリースへと繋がった。またbice自身は本作を自身の最高傑作であると位置づけていた。let love be your destiny フレッシュアイペディアより)

  • HERE TODAY

    HERE TODAYから見た小西康陽小西康陽

    前作『MIGHTY BLOW』以来、約1年ぶりのオリジナル・アルバム。5thアルバム『COLLECTOR NUMBER.5』で小西康陽、その後の3作で吉田仁、前作『MIGHTY BLOW』で伊藤銀次がプロデュースをしてきたが、今作はザ・コレクターズのセルフ・プロデュースである。セルフ・プロデュースは、4thアルバム『PICTURESQUE COLLECTORS' LAND ~幻想王国のコレクターズ~』以来約7年ぶり。HERE TODAY フレッシュアイペディアより)

  • 小野英作

    小野英作から見た小西康陽小西康陽

    多摩美術大学の絵画科を卒業後、プロペラ・アート・ワークスに入社。2年間、Macintoshを使ったデザインを行う。1993年、在籍中に自主制作したフリーペーパー『コロコロcud』を見た小西康陽をはじめミュージシャンらから仕事が来るようになり、グラフィックデザイナーとして独立。多くのCDジャケット、ブックデザインを手がけている。同時期に話題になったグルーヴィジョンズと同じく、90年代以降の日本における、スイス・タイポグラフィのリバイバルの一端を担った。小野英作 フレッシュアイペディアより)

  • Paradiso (南佳孝の曲)

    Paradiso (南佳孝の曲)から見た小西康陽小西康陽

    作詞:小西康陽/作曲:南佳孝/編曲:松本晃彦Paradiso (南佳孝の曲) フレッシュアイペディアより)

  • THE SOUND OF MUSIQUE

    THE SOUND OF MUSIQUEから見た小西康陽小西康陽

    ふかわりょうの音楽プロジェクトであるロケットマンの4枚目のアルバム。前作同様にプログラミングは小西康陽の専属マニピュレーターとして知られる吉田哲人が担当。THE SOUND OF MUSIQUE フレッシュアイペディアより)

  • THE IDOLM@STER MASTER ARTIST

    THE IDOLM@STER MASTER ARTISTから見た小西康陽小西康陽

    作詞・作曲・編曲:小西康陽THE IDOLM@STER MASTER ARTIST フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ファントムギフト

    ザ・ファントムギフトから見た小西康陽小西康陽

    1987年(昭和62年)3月10日、自主制作サード・シングル(EP)『魔法のタンバリン』を高護率いるソリッドレコードからリリース、同年、MIDIからアルバム『ザ・ファントムギフトの世界』が発売され、メジャーデビューを果たす。同年、小西康陽と共同アレンジしたシングル『ハートにOK! / 太陽とベロニカ』が発売されるが、レコーディングされたセカンド・アルバム『ザ・ファントムギフトの奇跡』は発売が見送られ、メジャーからのリリースはこの1枚のみとなった。ザ・ファントムギフト フレッシュアイペディアより)

  • ☆Taku Takahashi

    ☆Taku Takahashiから見た小西康陽小西康陽

    1997年に帰国した後、女性ボーカルとユニット "Love Soul" を結成。この時に影響を受けたアーティストとして、竹村延和・小西康陽・スチャダラパーを挙げている。その後、デモテープを通じてARTIMAGEの浅川真次に出会い、以後音楽活動を本格化させ、1999年にm-floとしてメジャーデビューした。☆Taku Takahashi フレッシュアイペディアより)

  • MI-CHEMIN

    MI-CHEMINから見た小西康陽小西康陽

    たぶん・そうね・きっと(作詞:小西康陽、作曲:筒美京平、編曲:本間昭光)MI-CHEMIN フレッシュアイペディアより)

  • P&ART SASANOOOHA

    P&ART SASANOOOHAから見た小西康陽小西康陽

    1999年に小西康陽プロデュースのリミックスアルバム「フィンガー天国」「PUNCH THE MONKEY!2」にリミキサーとして参加。その後も浜崎あゆみ、モーニング娘。、Pizzicato Fiveなどのリミックスを手がけつつ、2000年3月に1st EP「pandart sasanoooha」、2001年5月に1stアルバム「p&art」をリリースした。P&ART SASANOOOHA フレッシュアイペディアより)

277件中 51 - 60件表示

「小西康陽」のニューストピックワード