277件中 71 - 80件表示
  • Hi Hi

    Hi Hiから見た小西康陽小西康陽

    Hi Hi?The READYMADE toon jingle 2005?(remixed by KONISHI yasuharu)(作詞:Andy Sturmer・Puffy AmiYumi・作曲:Andy Sturmer)Hi Hi フレッシュアイペディアより)

  • I LOVE UNICORN 〜FAN BEST〜

    I LOVE UNICORN 〜FAN BEST〜から見た小西康陽小西康陽

    PTA〜光のネットワーク〜 (5:39)(作詞:奥田民生・阿部義晴、作曲:奥田民生・阿部義晴・小西康陽、編曲:小西康陽、Vocal:奥田民生・阿部義晴)I LOVE UNICORN 〜FAN BEST〜 フレッシュアイペディアより)

  • Solosolo

    Solosoloから見た小西康陽小西康陽

    作詞・作曲・編曲:小西康陽Solosolo フレッシュアイペディアより)

  • おおたえみり

    おおたえみりから見た小西康陽小西康陽

    2007年、15歳の時にヤマハグループが主催する23歳以下限定の音楽コンテスト「The 1st Music Revolution JAPAN FINAL」に出場。電子ピアノの弾き語りで創作初期の楽曲「情の苗(じょうのなえ)」を披露、グランプリを受賞した。審査員を務めた小西康陽によると、彼と小森田実はおおたを推していたが、ヤマハのスタッフたちはどこか困惑していたという。おおたえみり フレッシュアイペディアより)

  • MUSIC (中島美嘉のアルバム)

    MUSIC (中島美嘉のアルバム)から見た小西康陽小西康陽

    作詞:mmm.31f.jp、中島美嘉/作曲:Lensei/編曲:小西康陽MUSIC (中島美嘉のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Hear

    Hearから見た小西康陽小西康陽

    作詞:小西康陽、作曲・編曲:有賀啓雄Hear フレッシュアイペディアより)

  • Techii

    Techiiから見た小西康陽小西康陽

    当時のテクノポップ、ニュー・ウェイヴはイエロー・マジック・オーケストラ散開後ゆるやかな衰退期を迎えつつあり、同時にヒップホップ、チップチューン、ワールド・ミュージック、渋谷系といった次の時代に流行するジャンルの萌芽が現れ始めた時期でもあった。『Techii』では創刊号からすでにメガミックスを特集で扱い、また渋谷系の中心人物の一人である小西康陽、DJ集団である日本音楽選曲者協会の連載など、これらの(発行当時の)音楽市場では非主流派であったジャンルを横断的に扱い、結果的に1980年代と1990年代の音楽シーンの流行の橋渡しとしての役割を果たしたといえる。Techii フレッシュアイペディアより)

  • 有近真澄

    有近真澄から見た小西康陽小西康陽

    ヴァリエテ(Variete)の2代目ヴォーカルとしてメジャー活動開始。その後、ソロデビュー。アルバムとしては、3枚を残している。特に、3枚目の『女の都』(1994年)は窪田晴男プロデュースで、小西康陽やジェミ・テイラーらが作家陣として参加するという特徴のある作品で、質の高い音楽+森雪之丞らの前衛的な歌詞を、妖艶な有近のヴォーカルが歌い上げる、その後の活動を方向付けるような作品となっている。有近真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 林未紀

    林未紀から見た小西康陽小西康陽

    2007年8月22日、上記オーディションの審査員を務めた、元ピチカート・ファイヴの小西康陽のプロデュースにより『アイドルになりたい。』でCDデビュー。ここまでがオーディションの特典の活動である。本人が女優志望の為グラビアやバラエティーの仕事はあまりせず、事務所で演技レッスンを受けている。林未紀 フレッシュアイペディアより)

  • 花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)

    花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)から見た小西康陽小西康陽

    作曲: 細野晴臣、編曲: 細野晴臣・越美晴・小西康陽花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

277件中 71 - 80件表示

「小西康陽」のニューストピックワード