96件中 61 - 70件表示
  • 小西康陽

    小西康陽から見た札幌市

    小西 康陽(こにし やすはる、1959年2月3日 - )は、日本の音楽家。北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校卒業、青山学院大学卒業。妻は、レディメイド・エンタテインメントの代表取締役で文筆家の長谷部千彩。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見たルパン三世

    企画・プロデュース業も多岐にわたり、代表的な作品ではルパン三世のリミックスアルバム『PUNCH THE MONKEY!』、beatmania「beatmania sound soundtoracks〜THE SOUND OF TOKYO!」(ゲームもデザインなどプロデュース参加)、クラシックスのダンスリミックス集である『Readymade Digs classics』のプロデュース、筒美京平のリミックス盤『京平ディスコナイト』などがある。本人も公言しているように、トリビュート・アルバムやコンピレーション・アルバムに参加することが多く、その時もクオリティー高い作品として好評を博している。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見たビクターエンタテインメント

    2009年12月より、ビクターエンタテインメントに移籍し、新レーベルREADYMADE-VICTOR INCORPORATED COMPANYの略である(レディメイドが/ビクターで/いろいろ/出しますの意味を持つ)「READYMADE V.I.C」を設立し、2010年3月にはリミックスワーク集である『ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU remixies 1996-2010』をリリースし、2011年3月31日、ユニバーサルミュージックに「PIZZICATO ONE」プロジェクトを立ち上げ、自身初のソロアルバム「11のとても悲しい歌」を5月25日にリリースした。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見た朝日新聞社

    ぼくは散歩と雑学が好きだった。 小西康陽のコラム1993-2008(朝日新聞社小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見たユニバーサルミュージック (日本)

    2009年12月より、ビクターエンタテインメントに移籍し、新レーベルREADYMADE-VICTOR INCORPORATED COMPANYの略である(レディメイドが/ビクターで/いろいろ/出しますの意味を持つ)「READYMADE V.I.C」を設立し、2010年3月にはリミックスワーク集である『ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU remixies 1996-2010』をリリースし、2011年3月31日、ユニバーサルミュージックに「PIZZICATO ONE」プロジェクトを立ち上げ、自身初のソロアルバム「11のとても悲しい歌」を5月25日にリリースした。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見た日活

    大学3年生の頃から映画マニアになり、ミュージシャンデビューする25歳までの間、名画座を渡り歩き年間200本もの映画を観る。大学卒業時には、日活の助監督試験を受験した。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見た青山学院大学

    小西 康陽(こにし やすはる、1959年2月3日 - )は、日本の音楽家。北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校卒業、青山学院大学卒業。妻は、レディメイド・エンタテインメントの代表取締役で文筆家の長谷部千彩。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見た慎吾ママのおはロック

    小西の代表的なプロデュース作品として、慎吾ママ(香取慎吾)「慎吾ママのおはロック」(2000年。プロモーション・ビデオにも出演)、深田恭子「キミノヒトミニコイシテル」(2001年)などがある。また、2002年には、元スパイダースメンバー、かまやつひろしのリミックスアルバム『我が名はムッシュ』製作。このようにレコーディングやプロデュース、リミックスに独自のポップセンスが光る、所謂「音楽オタク」としての評価が高い。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見たアメリカ合衆国

    解散後もそのマニアックな才能とキャラクターを活かし、ドラマや映画のサントラの他、CM曲や数々のリミックスアルバムに多数参加している。ヨーロッパやアメリカを中心に、海外での人気も高いミュージシャンでもあり、プロモーション・ビデオなどでのアートワークや映画評論、コラムなど多彩な活動を行っている。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見たガロ (雑誌)

    印刷業者の息子として札幌に生まれる。3歳より幼稚園・小学校を東京で、中学校・高校を札幌で過ごす。小学校5年生の頃に音楽に目覚め、以降レコード・コレクションを始める。また、漫画にも熱中し、雑誌『COM』や『ガロ』、24年組の少女漫画などを読み耽る。小西康陽 フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「小西康陽」のニューストピックワード

  • DESTRUCTION + 2 B rubbed PL4E edition

  • ふなっしーの買い物わっしょい!

  • インド株式市場