前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 巌流島 (格闘技団体)

    巌流島 (格闘技団体)から見た小見川道大小見川 道大

    10月21日に国立代々木競技場第二体育館で第5回大会「全アジア武術選手権大会2016 in TOKYO」が行なわれ、菊野克紀、ハ・ウンピョ(テコンドー)、小見川道大(NEO柔道)、張文勝(プロ散打)、イゴール・ペルミン(ハンド・トゥ・ハンド)、アマラー・フーヘンフー(モンゴル相撲)、クンタップ・チャロンチャイ、アリ・マルバクティアリ(カンフートーア)の8名が参加したトーナメントは、菊野が小見川を破り、優勝した。更に、ミシェル・ヴェルギネリVSマーカス・レロ・アウレリオ、星風VSホンシュウ・ビワコ(ダンベ)のスーパーファイト2試合、毛利昭彦VSアディチャ・カトカデ(コシティ)のリザーブマッチ1試合、吉田貴弘(柔術)VSバル・ハーンのオープニングファイト1試合も行なわれ、巌流島パフォーマーチーム「巌流島SAMURAI ORDER」(山本千尋&瀬戸信介 with トライアングルコネクション)によるパフォーマンスも行なわれた。この大会はフジテレビONEで当日10月21日に生中継された。巌流島 (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • DREAM.15

    DREAM.15から見た小見川道大小見川 道大

    2009年までSRCに出場していた吉田道場所属の中村和裕、小見川道大がDREAMに初参戦し、それぞれ勝利を収めた。DREAM.15 フレッシュアイペディアより)

  • Barbaro44

    Barbaro44から見た小見川道大小見川 道大

    2006年6月18日、『club DEEP 富山 -野蛮人祭り4-』のメインイベントで小見川道大と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。Barbaro44 フレッシュアイペディアより)

  • 戦極 〜第九陣〜

    戦極 〜第九陣〜から見た小見川道大小見川 道大

    フェザー級グランプリ2009の準決勝、決勝が行われ、金原正徳が準決勝で日沖発に判定負けしたものの、日沖のドクターストップにより決勝に進出し、決勝では小見川道大に判定勝ちで優勝を果たし初代戦極フェザー級王座に認定された。戦極 〜第九陣〜 フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・ミラー

    ミカ・ミラーから見た小見川道大小見川 道大

    2010年4月25日、吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜で小見川道大と対戦し、判定負け。ミカ・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ヨンサム

    ジョン・ヨンサムから見た小見川道大小見川 道大

    2010年7月10日、DREAM.15で小見川道大と対戦し、フロントチョークで一本負けを喫した。ジョン・ヨンサム フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 武士道 -其の七-

    PRIDE 武士道 -其の七-から見た小見川道大小見川 道大

    DEEPから参戦した三島☆ド根性ノ助、小見川道大、TAISHOはそれぞれイーブス・エドワーズ、アーロン・ライリー、ジェンス・パルヴァーの前に敗れ去り、武士道で生き残ることは出来なかった。PRIDE 武士道 -其の七- フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ライリー

    アーロン・ライリーから見た小見川道大小見川 道大

    2005年5月22日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の七-で小見川道大と対戦し、KO勝ちを収めた。アーロン・ライリー フレッシュアイペディアより)

  • マット・ワイマン

    マット・ワイマンから見た小見川道大小見川 道大

    2007年9月22日、UFC 76で小見川道大と対戦し、3-0の判定勝ち。マット・ワイマン フレッシュアイペディアより)

  • L.C.デイビス

    L.C.デイビスから見た小見川道大小見川 道大

    2009年3月20日、戦極初参戦となった戦極 〜第七陣〜のフェザー級(-65kg)グランプリ1回戦に出場し、小見川道大に判定負け。L.C.デイビス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「小見川道大」のニューストピックワード