前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • アーロン・ライリー

    アーロン・ライリーから見た小見川道大小見川 道大

    2005年5月22日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の七-でプロデビュー戦であった小見川道大と対戦し、KO勝ちを収めた。アーロン・ライリー フレッシュアイペディアより)

  • L.C.デイヴィス

    L.C.デイヴィスから見た小見川道大小見川 道大

    2009年3月20日、戦極初参戦となった「戦極 〜第七陣〜」のフェザー級グランプリ1回戦に出場し、小見川道大に判定負け。L.C.デイヴィス フレッシュアイペディアより)

  • UFC 126

    UFC 126から見た小見川道大小見川 道大

    日本から山本"KID"徳郁と小見川道大が出場するも、2人とも判定負けを喫した。UFC 126 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ヨンサム

    ジョン・ヨンサムから見た小見川道大小見川 道大

    2010年7月10日、DREAM.15で小見川道大と対戦し、フロントチョークによる一本負けを喫した。ジョン・ヨンサム フレッシュアイペディアより)

  • Barbaro44

    Barbaro44から見た小見川道大小見川 道大

    2006年6月18日、『club DEEP 富山 -野蛮人祭り4-』のメインイベントで小見川道大と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。Barbaro44 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 武士道 -其の七-

    PRIDE 武士道 -其の七-から見た小見川道大小見川 道大

    DEEPから参戦した三島☆ド根性ノ助、小見川道大、TAISHOはそれぞれイーブス・エドワーズ、アーロン・ライリー、ジェンス・パルヴァーの前に敗れ去り、武士道で生き残ることは出来なかった。PRIDE 武士道 -其の七- フレッシュアイペディアより)

  • マルロン・サンドロ

    マルロン・サンドロから見た小見川道大小見川 道大

    2009年8月2日、戦極 〜第九陣〜の戦極フェザー級グランプリ準決勝で小見川道大と対戦し、小差の判定負けを喫しキャリア初黒星となったが、本人は判定への不満を漏らした。マルロン・サンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 石渡伸太郎

    石渡伸太郎から見た小見川道大小見川 道大

    2009年1月18日、「修斗伝承 05」で小見川道大と引き分ける。石渡伸太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横田一則

    横田一則から見た小見川道大小見川 道大

    2006年10月10日、『DEEP 26』にて小見川道大と対戦。接戦を制し2-0の判定で勝利する。横田一則 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居智男

    鳥居智男から見た小見川道大小見川 道大

    その後、了徳寺学園所属に変わると、2001年4月の体重別決勝でも中村に一本背負投で技ありを取られて敗れ、三度世界代表の座を逃した。しかし、5月に大阪で開催された東アジア大会には出場して優勝を飾った。2002年の体重別決勝では小見川道浩を判定で破り今大会初優勝を飾ったものの、釜山アジア大会代表には選出されなかった。しかし、ワールドカップ団体戦では準決勝のフランス戦のみの出場となったが一本勝ちして、優勝メンバーの一員として名を連ねることになった。2003年1月には嘉納杯で優勝するものの、4月の体重別では初戦で天理大学の村上嘉広に効果で敗れるが、30歳にして初の世界選手権代表に選ばれた。9月に大阪で開催された世界選手権では、準々決勝で元世界チャンピオンであるフランスのラルビ・ベンブダウに引込返で敗れると、敗者復活戦でも敗れて7位に終わった。続く11月の講道館杯では60kg級から階級を上げてきた内柴正人に指導3で敗れた。2004年2月にはフランス国際で優勝を果たすが、4月の体重別決勝で内柴に効果で敗れてアテネオリンピック代表には選出されなかった。鳥居智男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「小見川道大」のニューストピックワード