57件中 21 - 30件表示
  • 小見川 道大

    小見川道大から見た桜井速人

    小学校1年から柔道を始める。土浦日大高校では、同じ柔道部所属の桜井"マッハ"速人、レスリング部の宮田和幸と同級生であった。国際武道大学時代には野村忠宏、中村行成に勝利したこともある。同じ吉田道場所属の中村和裕は、大学の後輩にあたる。大学卒業後は、綜合警備保障で柔道を続けた。1998年2月、ハンガリー国際66kg級優勝、2002年1月、日本国際66kg級優勝、2003年、7月 トレトリ国際66kg級優勝などの実績を残した。柔道時代も寝技を得意としていて、2001年にはアマチュア総合格闘技大会JTCに出場し、ベスト8。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見た金原正徳

    2009年8月2日、戦極 〜第九陣〜のフェザー級グランプリ準決勝でマルロン・サンドロに判定勝ち、決勝では金原正徳に判定負けとなり、準優勝となった。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見たマット・ワイマン

    2007年9月22日、UFC初参戦となったUFC 76でマット・ワイマンと対戦し、0-3の判定負け。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見たジョン・ヨンサム

    2010年7月10日、DREAM初参戦となったDREAM.15でジョン・ヨンサムと対戦し、フロントチョークで一本勝ち。自身初の一本勝ちとなった。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見たコール・エスコヴィード

    2010年9月25日、DREAM.16でコール・エスコベドと対戦し、アームバーによる一本勝ち。試合後のリング上で「世界のフェザー級の、世界の中心は俺だ」とマイクアピールした。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見た宮田和幸

    小学校1年から柔道を始める。土浦日大高校では、同じ柔道部所属の桜井"マッハ"速人、レスリング部の宮田和幸と同級生であった。国際武道大学時代には野村忠宏、中村行成に勝利したこともある。同じ吉田道場所属の中村和裕は、大学の後輩にあたる。大学卒業後は、綜合警備保障で柔道を続けた。1998年2月、ハンガリー国際66kg級優勝、2002年1月、日本国際66kg級優勝、2003年、7月 トレトリ国際66kg級優勝などの実績を残した。柔道時代も寝技を得意としていて、2001年にはアマチュア総合格闘技大会JTCに出場し、ベスト8。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見たDREAM (格闘技イベント)

    2010年7月10日、DREAM初参戦となったDREAM.15でジョン・ヨンサムと対戦し、フロントチョークで一本勝ち。自身初の一本勝ちとなった。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見た2009年

    2009年1月18日、これまでの70kg級から65kg級へ階級を下げ、初参戦となった修斗で石渡伸太郎と対戦し、判定ドロー。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見た柔道

    ワイルドな風貌から「吉田道場の荒獅子」、「柔の餓狼」の異名を持つ。柔道とボクシングを合わせた、ネオ柔道という独自のファイトスタイルを有する。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

  • 小見川 道大

    小見川道大から見た土浦日本大学高等学校

    小見川 道大(おみがわ みちひろ、男性、1975年12月19日 - )は、日本の総合格闘家、元柔道家(元柔道強化指定A選手)。茨城県出身。土浦日本大学高等学校、国際武道大学卒業。吉田道場所属。柔道三段。小見川道大 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「小見川道大」のニューストピックワード