前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • 自衛隊南スーダン派遣

    自衛隊南スーダン派遣から見た小野寺五典小野寺五典

    2013年12月15日に首都ジュバにおいてクーデター未遂事件が発生した。戦闘は北部地域を中心として内戦に拡大しており、防衛大臣小野寺五典は、首都ジュバにおいて活動していた施設部隊に対して、駐屯施設外でのインフラ整備活動の中断を命令した。部隊は施設に集まっている避難民への医療・給水支援活動に切り替えている。自衛隊南スーダン派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会

    宏池会から見た小野寺五典小野寺五典

    麻生総裁退任を受けた2009年9月の自民党総裁選では、谷垣禎一が勝利。自派も含めて幅広く支持を集めての圧勝だったが、小野寺五典が自ら立候補を模索した上河野太郎支持に回ったほか、菅義偉も派閥を退会して河野を積極的に支持するなど、総裁選は派閥単位の動きよりは世代対立の様相を呈した。宏池会が総裁派閥となるのは、皮肉にも前回の野党転落時の河野洋平以来14年ぶりだが、就任後もしばらくは離党者が相次ぐなど、厳しい党運営が続いた。宏池会 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た小野寺五典小野寺五典

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ッ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た小野寺五典小野寺五典

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ツ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 東北福祉情報専門学校

    東北福祉情報専門学校から見た小野寺五典小野寺五典

    気仙沼市の若者が地元で学べる環境を作ろうと、元衆議院議員(当時)の小野寺五典が理事長を務めていた学校法人増子学園が東北情報専門学校として2002年4月開設。最初は情報ビジネス科だけだったが、2年目に介護福祉士養成施設の認定を受けて介護福祉課も設置し学校名も改称した。東北福祉情報専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木昇

    鈴木昇から見た小野寺五典小野寺五典

    気仙沼市長選挙で当時の現職小野寺信雄を破り当選したが、衆議院選挙では義子の小野寺五典を初めて立候補したときから全面支援している。鈴木昇 フレッシュアイペディアより)

  • 中国海軍レーダー照射事件

    中国海軍レーダー照射事件から見た小野寺五典小野寺五典

    2013年1月30日 - 午前10時頃、東シナ海において中国人民解放軍海軍所属の江衛II型フリゲート「連雲港」(522)が、海上自衛隊第7護衛隊所属の護衛艦「ゆうだち」に向けて火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)を照射(小野寺五典防衛大臣が2月5日夜に発表)。中国側が「ぬれぎぬ」と言いがかりをつけてくることを念頭に、公表にあたり詳細なデータ分析・検証で事実関係を固める。中国海軍レーダー照射事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中国軍戦闘機異常接近事件

    中国軍戦闘機異常接近事件から見た小野寺五典小野寺五典

    中国軍戦闘機異常接近事件(ちゅうごくぐんせんとうきいじょうせっきんじけん)とは2014年5月24日に、東シナ海において日中中間線付近で中華人民共和国の軍隊の戦闘機が、自衛隊の戦闘機に異常接近したという事件。これは監視飛行中の自衛隊機に対して中国軍の戦闘機が相次いで近づき、その距離は30メートルから50メートルまでになったというもの。防衛省によるとこの距離というのは前例の無い異常ということで、100メートルを切る距離であったということも初めてということであった。自衛隊の撮影した写真によれば、中国軍の戦闘機にミサイルのような物が確認された。小野寺五典防衛大臣は中国軍のこの行為に対して、事故の発生につながりかねない危険な行為と認識して、政府として外交ルートを通じて中国に申し入れを行った。今後も不測の事態を回避し日中間の安全確保のために、中国側に働きかけていくとのこと。安倍晋三総理大臣には24日の夜に小野寺五典よりこの事件が報告され、安倍総理からは引き続きしっかり体制を取るように指示された。中国軍戦闘機異常接近事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国策研究会

    国策研究会から見た小野寺五典小野寺五典

    松下政経塾は研究活動のひとつとして、2010年に野田佳彦を座長、小野寺五典を副座長とする「国策研究会」と称する研究会を組織し、森尾稔、山形俊男、湯原哲夫らを講師に招いて研究会を行った。国策研究会 フレッシュアイペディアより)

  • CATCH

    CATCHから見た小野寺五典小野寺五典

    番組は硬派な報道番組だったが、公職選挙法違反の議員に対する報道に関して批判があった。自民党の小野寺五典が選挙区の有権者に香典セットを配布していたことが明らかになり、後に辞職。その際、番組は当然ながら小野寺議員に対する批判的なスタンスで報道するも、後に民主党の鎌田さゆり、そして本番組の元キャスターである今野東も公職選挙法違反をしていたことが明らかになると、番組は終始両議員を擁護し、また出演した政治評論家まで両議員に理解を示す、かつ両議員を生出演させ、弁解の場を与えるなど先述した小野寺議員との報道姿勢とは明らかに異なったために、公正を欠くとして批判が寄せられた。CATCH フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「小野寺五典」のニューストピックワード