40件中 21 - 30件表示
  • 萩野浩基

    萩野浩基から見た小野寺五典小野寺五典

    栗村和夫の死去を受け行われた1992年(平成4年)3月の参議院議員宮城県選挙区補欠選挙に連合の会(後の民主改革連合)公認で立候補し、自民党の小野寺信雄(元宮城県議会議長で後の気仙沼市長、衆議院議員小野寺五典の祖父)を約3000票差で破り初当選した。テレビの開票速報では、初めは小野寺に大差をつけられていたが、速報が入るたびに差を詰め、最後で大逆転するという劇的な勝利だった。萩野浩基 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県第6区

    宮城県第6区から見た小野寺五典小野寺五典

    96年の第41回衆議院議員総選挙では自民党の菊池が新進党の大石を破り当選。しかし後に菊池の長男が選挙違反で逮捕され、連座制の対象となった菊池は議員辞職。そのまま政界引退に追い込まれた。補欠選挙では、菊池の遠縁にあたる小野寺五典が菊池の後継として出馬し、初当選した。宮城県第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽宇一郎

    丹羽宇一郎から見た小野寺五典小野寺五典

    国会でこの件を質問した自由民主党衆議院議員・小野寺五典は、「日本政府が中国に尻尾をつかまれて、どう考えても常識外の広大な土地を中国の領事業務に差し出すことへの協力を約束してしまった」としている。櫻井よしこはこの一件について、民間企業の土地事案であるが問題があり、丹羽や玄葉・外務省の外交姿勢に発端があると非難した。丹羽宇一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県気仙沼高等学校

    宮城県気仙沼高等学校から見た小野寺五典小野寺五典

    小野寺五典 - 自由民主党衆議院議員(宮城6区選出)、防衛大臣、外務副大臣宮城県気仙沼高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀誠

    古賀誠から見た小野寺五典小野寺五典

    古賀は党の要職からは退いたが、宏池会の会長職にはとどまり、総選挙後の自民党総裁選挙で谷垣を支持し、その当選を支えた。しかし宏池会所属の小野寺五典が立候補を模索した末に河野太郎支持に回った。加えて、古賀の選挙対策委員長就任時には副委員長、その後の本部長代理への配置換え時には空席となった委員長の代理として選挙事務を取り仕切り、古賀からの深い信頼関係を保ちながらも、安倍政権で総務大臣を務めて政策面では古賀との違いを持っていた菅義偉も宏池会を離脱して河野支持を表明し、古賀の影響力低下を印象付けた。古賀誠 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍海軍

    中国人民解放軍海軍から見た小野寺五典小野寺五典

    2013年1月30日午前10時頃、東シナ海において海上自衛隊第7護衛隊ゆうだちが、中国海軍ジャンウェイ?級フリゲートから火器管制レーダーを数分間にわたって照射された(中国海軍レーダー照射事件)。2月5日、日本の防衛相小野寺五典は緊急記者会見でこのレーダー照射事件について発表、中国側に厳重に抗議した。米国務省のヌランド報道官も同じ5日にレーダー照射は緊張をエスカレートさせると警告した。国際法上、レーダー照射(ロックオン)は武器の使用(武器指向)と判断され、これは事実上攻撃予告を意味し、正当防衛による反撃を受けても違法とはならない。レーダー照射を命じたのは海軍ナンバー2の副司令徐洪猛(じょこうもう)で、海軍参謀長で東海艦隊司令の杜景臣(とけいじん)が指揮したといわれる中国人民解放軍海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 安住淳

    安住淳から見た小野寺五典小野寺五典

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では自民党が大勝する中で、宮城県で唯一民主党の議席を死守した(次の第45回衆議院議員総選挙では逆に、宮城県第6区の小野寺五典を除き宮城県内の小選挙区では民主党候補が当選)。この総選挙での民主党大敗により岡田克也民主党代表は辞任し、安住は後任の前原誠司代表の下で選挙対策委員長に就任する。2008年大阪府知事選挙ではガソリン値下げ隊36名を率いて熊谷貞俊候補を支援するが、熊谷は橋下徹に敗北した。安住淳 フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た小野寺五典小野寺五典

    3月3日、スティーブ・アーウィン号が、捕鯨船日新丸に100本以上の酪酸瓶を投げつけるなどの襲撃を行い、海上保安官2名と捕鯨船員2名に軽症を負わせた。小野寺五典外務副大臣は、同団体が船籍を置くオランダの駐日大使を外務省に呼んで抗議した。同省の小田部陽一経済局長は、同団体の船が実質母港としているオーストラリアの駐日大使を呼んで抗議した。これら日本側の抗議に対して、オーストラリア政府は一切応じないことを発表した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た小野寺五典小野寺五典

    2013年1月16日、中国訪問中の鳩山が沖縄県・尖閣諸島を巡り、日本政府の日本固有の領土であり領有問題は存在しないという立場に反して「日中間の係争を認めるべきだ」と発言した。第二次安倍内閣の小野寺五典防衛大臣はBSフジの番組で「理解できない。『国賊』という言葉が一瞬、頭をよぎった」と批判した。菅義偉官房長官も「わが国の立場と明らかに相反する。首相経験者の発言として残念で極めて遺憾だ」と公式に批判した。2013年1月18日、菅直人は、前日に鳩山が訪中して尖閣諸島が日中間の「係争地」であると発言したこと及び事実調査が未解決で真実性に疑問のある南京の30万人虐殺事件を認めるような態度を示したことなど、いずれも日本政府の見解に反し中国側のプロパガンダに有利になる言動を行ったことを取り上げ、「元総理という立場を考えれば、意見を言うにもどこで発言するのか、誰に言うのか、マスコミに流れるように言うのか、それとも個人的に伝えるのか、そうしたことを考えて発言する必要がある」と苦言を呈した。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会

    宏池会から見た小野寺五典小野寺五典

    麻生総裁退任を受けた2009年9月の自民党総裁選では、谷垣禎一が勝利。自派も含めて幅広く支持を集めての圧勝だったが、小野寺五典が自ら立候補を模索した上河野太郎支持に回った他、菅義偉も派閥を退会して河野を積極的に支持するなど、総裁選は派閥単位の動きよりは世代対立の様相を呈した。宏池会が総裁派閥となるのは、皮肉にも前回の野党転落時の河野洋平以来14年ぶりだが、党中央への権限集中をもたらす小選挙区制が定着する一方、国政選挙での相次ぐ退潮で議員の数も減った状況で、総裁派閥としてのメリットを生かせるかは微妙な情勢となっている。宏池会 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「小野寺五典」のニューストピックワード

  • 葛城発信アートFAIR2016

  • 魅力たっぷり

  • 市には多くの観光資源がある。今後、伸びる可能性がある観光業について一緒に学んでいきたい