97件中 21 - 30件表示
  • 古賀誠

    古賀誠から見た小野寺五典小野寺五典

    古賀は党の要職からは退いたが、宏池会の会長職にはとどまり、総選挙後の自民党総裁選挙で谷垣を支持し、その当選を支えた。しかし宏池会所属の小野寺五典が立候補を模索した末に河野太郎支持に回った。加えて、古賀の選挙対策委員長就任時には副委員長、その後の本部長代理への配置換え時には空席となった委員長の代理として選挙事務を取り仕切るなど古賀から深い信頼を得ながらも、安倍政権で総務大臣を務めて政策面で古賀との違いが大きかった菅義偉も宏池会を離脱して河野支持を表明した。古賀誠 フレッシュアイペディアより)

  • はつゆき型護衛艦

    はつゆき型護衛艦から見た小野寺五典小野寺五典

    尖閣諸島国有化以降続発する尖閣諸島中国船領海侵犯事件に対応するため、くにがみ型巡視船の新造船が就役する2016年3月までの3年間、退役したはつゆき型を海上保安庁の巡視船として転用する計画が持ち上がった。これを受けて、2013年1月に海上保安官の担当者が「みねゆき」を視察するなどしていたが、同年6月14日に小野寺五典防衛大臣が転用計画は見送りとなったことを発表した。はつゆき型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た小野寺五典小野寺五典

    小野寺五典 自民党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本と南スーダンの関係

    日本と南スーダンの関係から見た小野寺五典小野寺五典

    2013年5月、小野寺五典防衛大臣が南スーダンを訪問、日本の防衛大臣としては初の訪問となる。その後、2015年1月に中谷元防衛大臣が、2016年10月には稲田朋美防衛大臣が南スーダンを訪問している。稲田防衛大臣は、国防副大臣および国連事務総長特別代表と会談を行い、続いて中力修1等陸佐が隊長を務める南スーダン派遣施設隊等(第10次要員)を視察し、隊員の現地での生活や活動について意見交換しただけでなく、隊員が日本に残してきた家族についても配慮しながら、任務遂行に当たっている隊員たちを激励した。日本と南スーダンの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県第6区

    宮城県第6区から見た小野寺五典小野寺五典

    中選挙区時代から菊池福治郎と、初代環境庁長官を務めた大石武一を父に持つ大石正光が議席を争ってきた。1996年の第41回衆議院議員総選挙では自民党の菊池が新進党の大石を破り当選。しかし後に菊池の長男が選挙違反で逮捕され、連座制の対象となった菊池は議員辞職。そのまま政界引退に追い込まれた。補欠選挙では、菊池の遠縁にあたる小野寺五典が菊池の後継として出馬し、初当選した。この補選には、1996年の総選挙で落選後、新進党を離党し、自民党に復党を申請したが受け入れられなかった大石も無所属で出馬していたが小野寺に敗れた。宮城県第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺信雄

    小野寺信雄から見た小野寺五典小野寺五典

    娘婿 - 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣)小野寺信雄 フレッシュアイペディアより)

  • フン・クアン・タイン

    フン・クアン・タインから見た小野寺五典小野寺五典

    2013年6月1日、シンガポールで日本の 小野寺五典防衛大臣と会談。「東シナ海と南シナ海で実効支配を強める中国を念頭に、力による現状変更は認められない」との認識で一致。フン・クアン・タイン フレッシュアイペディアより)

  • 折木良一

    折木良一から見た小野寺五典小野寺五典

    2017年(平成29年)8月8日:第3次安倍内閣 (第3次改造)にて防衛大臣に就任した小野寺五典より防衛大臣政策参与に任命折木良一 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原茂 (政治家)

    菅原茂 (政治家)から見た小野寺五典小野寺五典

    宮城県気仙沼市生まれ。宮城県気仙沼高等学校、東京水産大学水産学部(現東京海洋大学海洋科学部)卒業。大学卒業後、株式会社トーメン(現豊田通商)に入社し、1987年6月から1991年11月までオランダ王国ロッテルダムに駐在。同年12月、トーメンを退社。翌1992年4月から2006年12月まで、株式会社菅長水産に勤務。2007年1月より小野寺五典衆議院議員(自由民主党・宮城県第6区選出)の事務所で勤務し、2009年12月に小野寺の公設第一秘書に就任。菅原茂 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見た小野寺五典小野寺五典

    2013年(平成25年)11月12日大臣命令。翌13日国際緊急援助隊として35人が派遣。これに加えて15日、小野寺五典防衛大臣は、護衛艦「いせ」、輸送艦「おおすみ」、補給艦「とわだ」を含む、自衛官約1180人からなる自衛隊国際緊急援助部隊を派遣する命令を発した。これは、これまでの海外派遣の歴史の中で、最大であったインドネシア派遣を上回る規模となる。16日には、最初に出発した実働部隊10人がタクロバンに到着した。12月13日、小野寺防衛大臣は撤収命令を発し、同20日帰国した。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「小野寺五典」のニューストピックワード