54件中 41 - 50件表示
  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た東京海洋大学

    宮城県気仙沼市生まれ。「五典」という名前は、5月5日の午前5時に生まれたこと、実父の名前に「典」がついていたことに由来する。気仙沼市長を務めた小野寺信雄は岳父。宮城県気仙沼高等学校、東京水産大学水産学部海洋環境工学科(現在の東京海洋大学海洋科学部)卒業。大学卒業後の1983年(昭和58年)には宮城県に就職、水産資源の研究に携わった。1990年(平成2年)に退職し、松下政経塾に入塾(11期生)。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年(平成21年)に実施された 第45回衆議院議員総選挙では、菅野哲雄を5万票以上の大差で破り、菅野の比例復活も阻止した。一方、所属政党の自由民主党はこの選挙で大敗、小野寺は宮城県内6つの小選挙区において唯一の自由民主党衆議院議員となった。再選後、自民党宮城県連の会長に就任した。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た2009年自由民主党総裁選挙

    同年に行われた2009年自由民主党総裁選挙では一時立候補に向けた準備を行ったものの、最終的には立候補を断念した。この総裁選挙で小野寺は、「党再生のためには中堅・若手が存在感を示し、古い体制を壊して創り直すべき」として、自身が所属する党内派閥・古賀派の谷垣禎一ではなく、麻生派の河野太郎に投票している。翌年10月に設置された自由民主党シャドウ・キャビネットでは、「影の外務大臣」に就任。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た宏池会 (古賀派)

    同年に行われた2009年自由民主党総裁選挙では一時立候補に向けた準備を行ったものの、最終的には立候補を断念した。この総裁選挙で小野寺は、「党再生のためには中堅・若手が存在感を示し、古い体制を壊して創り直すべき」として、自身が所属する党内派閥・古賀派の谷垣禎一ではなく、麻生派の河野太郎に投票している。翌年10月に設置された自由民主党シャドウ・キャビネットでは、「影の外務大臣」に就任。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た日本

    小野寺 五典(おのでら いつのり、1960年5月5日 - )は日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)。自由民主党宮城県連会長、防衛大臣(第12代)。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た公職選挙法

    1997年(平成9年)、衆議院宮城県第6区で菊池福治郎の公職選挙法違反による辞任を受けて補欠選挙が行われ、小野寺は自由民主党公認で立候補して当選したが、選挙区内の有権者に線香セットを配ったことが公職選挙法が禁止する「寄付行為」に当たるとして、仙台地方検察庁に書類送検され、2000年(平成12年)に議員辞職した(小野寺の辞職により、宮城県第6区では衆議院史上初の“補選の補選”が行われることとなった)。記者会見で小野寺は、「不勉強ゆえの軽率な行動を反省している」と述べている。本件で小野寺は略式命令による罰金40万円の有罪判決を受け、公民権が3年間停止された。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見たジョンズ・ホプキンス大学

    議員辞職後、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究所客員研究員を経て、学校法人増子学園(東北福祉情報専門学校)理事長、及び東北福祉大学特任講師に就任した。この間に、東北放送ラジオの番組にコメンテーターとして出演していたことがある。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た比例復活

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、対立候補・菅野哲雄 (社民党)を破って3度目の当選(この選挙では、菅野も比例復活当選)、組閣された第3次小泉内閣において外務大臣政務官に就任した。2007年7月に組閣された安倍改造内閣において外務副大臣、同9月に福田康夫内閣に代わった後にも同職に再任された。同年10月8日にイランで発生した邦人誘拐事件においては、外務省緊急対策本部長を務めた。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た東北福祉大学

    1993年(平成5年)に東京大学大学院法学政治学研究科修士課程を修了、その後は東北福祉大学専任講師を経て1996年には同助教授に就任。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺五典

    小野寺五典から見た宮城県気仙沼高等学校

    宮城県気仙沼市生まれ。「五典」という名前は、5月5日の午前5時に生まれたこと、実父の名前に「典」がついていたことに由来する。気仙沼市長を務めた小野寺信雄は岳父。宮城県気仙沼高等学校、東京水産大学水産学部海洋環境工学科(現在の東京海洋大学海洋科学部)卒業。大学卒業後の1983年(昭和58年)には宮城県に就職、水産資源の研究に携わった。1990年(平成2年)に退職し、松下政経塾に入塾(11期生)。小野寺五典 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「小野寺五典」のニューストピックワード

  • 葛城発信アートFAIR2016

  • 魅力たっぷり

  • 市には多くの観光資源がある。今後、伸びる可能性がある観光業について一緒に学んでいきたい