前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • eiju

    eijuから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    2005年に、埼玉西武ライオンズの小野寺力元投手にシーズン試合用の登場曲2曲を提供した事で親交が深まり、翌年以降もシーズン試合用登場曲を制作、提供している。この事がサンケイスポーツでも取り上げられ、また文化放送にゲスト出演するなど、多方面でマルチな活躍をみせている。eiju フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    シーズン当初はアレックス・グラマンへ繋ぐための中継ぎとして起用する予定だったが、グラマンに復帰の目処が立たなかったのに加えて小野寺力と大沼幸二も開幕二軍スタートになったため、急遽藤田太陽・長田秀一郎と共に試合終盤を任されることになった。しかし、この窮余の策がはまり、6月8日には両リーグ最速の20S、8月19日にはパ・リーグ最速の30Sにそれぞれ到達。開幕戦で移籍後初セーブを挙げてから、9月4日の対楽天戦でサヨナラ打を打たれるまでセーブ機会では負けなしの活躍を見せた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・グラマン

    アレックス・グラマンから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    7月からは不振の小野寺力に代わってクローザーとして活躍し、7月7日のソフトバンク戦で初セーブを挙げた。その後も最後まで抑えとして活躍し続け、わずか実質3ヶ月でリーグ5位の17セーブを挙げた。リリーフ転向後は1敗もせず、30試合に登板して防御率は2.08と抜群の安定感を誇った。アレックス・グラマン フレッシュアイペディアより)

  • 大村直之

    大村直之から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    8月20日の対西武ライオンズ16回戦(インボイスSEIBUドーム)で、9回に小野寺力から安打を放って史上89人目の通算1500本安打を達成した。この年パ・リーグで唯一となる136試合全てに出場すると共に、165安打を放って13年目で初の最多安打を獲得、4年連続で20盗塁以上を記録した。シーズン終了後も日米野球(初戦はファン感謝デーと重なって欠場)、パ・リーグオールスター東西対抗戦(日米野球とのダブルヘッダー)と出場した。大村直之 フレッシュアイペディアより)

  • 大沼幸二

    大沼幸二から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    にチームを去った豊田・森慎二の後釜として、キャンプ時から小野寺力と共にクローザーの候補に挙げられる。オープン戦で結果を残すものの、シーズンでは制球難で結果を残すことはできなかった。大沼幸二 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2011

    プロ野球スピリッツ2011から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    小野寺力(埼玉西武ライオンズ)⇔鬼崎裕司(東京ヤクルトスワローズ)プロ野球スピリッツ2011 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤吉宏

    佐藤吉宏から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    初打席:同上、12回表に小野寺力から四球佐藤吉宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2006年のパシフィック・リーグプレーオフから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    (西)西口、●星野(1敗)、山岸、三井、小野寺?細川2006年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 杉本大成

    杉本大成から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    2010年9月19日、福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦に球審として出場した杉本は、7回裏に西武小野寺力が投じたソフトバンク小久保裕紀への頭部への死球を危険球とし退場を命じた。しかしこのボールはすっぽ抜けであり直球には見えなかったため西武監督の渡辺久信が猛抗議するも判定は通り危険球による退場となり、併せて両チームに警告が命じられた。杉本大成 フレッシュアイペディアより)

  • 田中彰 (1982年生の内野手)

    田中彰 (1982年生の内野手)から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    初安打:2005年9月27日、対西武ライオンズ19回戦(インボイスSEIBUドーム)、9回表に小野寺力から右前安打田中彰 (1982年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「小野寺力」のニューストピックワード