38件中 11 - 20件表示
  • 岩崎哲也

    岩崎哲也から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    は新人として唯一の開幕一軍に登録された。開幕戦で西口文也を救援し、1イニングを無失点に抑えたものの、翌日は9回に登板して2/3回6失点とプロの洗礼を受けた。同年6月14日に中継ぎでプロ初勝利を達成。7月4日の対北海道日本ハムファイターズ戦では小野寺力の不調で抑え投手が不在になり、それまでチーム最多ホールドを挙げていた岩崎が登板、プロ初セーブを挙げた。序盤こそ不安定だったが、オールスター以降の防御率は1点台と大きく安定した。右のセットアッパーとして主に7回を任され、最終的に新人ながらチームトップの55試合に登板、防御率2.82・3勝1敗2セーブ、チーム2位となる16ホールドポイントの好成績を収めた。岩崎哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 進藤実

    進藤実から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    実弟は元プロ野球選手の小野寺力進藤実 フレッシュアイペディアより)

  • 金子洋平

    金子洋平から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    初安打:2007年3月30日、対西武ライオンズ1回戦(札幌ドーム)、9回裏1死に木元邦之の代打で出場、小野寺力から左翼フェンス直撃適時二塁打金子洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    東京ヤクルトスワローズは一場靖弘、加藤幹典、小野寺力、渡辺恒樹、木下達生、福川将和に戦力外通告2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ミッチ・ジョーンズ

    ミッチ・ジョーンズから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    初本塁打:2007年7月3日、対西武ライオンズ9回戦(札幌ドーム)、8回裏に小野寺力から左越ソロミッチ・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のアジアシリーズ

    2008年のアジアシリーズから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    西:○ 岸 - 星野 - S 小野寺2008年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小田智之

    小田智之から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    初本塁打:2004年4月3日、対西武ライオンズ2回戦(札幌ドーム)、8回裏に小谷野栄一の代打として出場、小野寺力から右越ソロ小田智之 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    第5戦はダイエーが第1戦先発の新垣、西武は中3日で第2戦先発の松坂の先発で始まった。4回表まで無得点で進んだが4回裏、ダイエーは城島のソロ本塁打で先制、さらに四球のバルデスを一塁に置いて、ズレータが二塁打を放った。しかしセンター赤田の好返球でバルデスは本塁でタッチアウトとなった。5回にもダイエーは柴原洋を二塁に置いて宮地克彦がライトにヒットを放った。しかし、ライト小関竜也の好返球で柴原は本塁でタッチアウト、追加点を奪えなかった。西武は6回表、1死満塁のチャンスをつかむと代打に石井義人を起用、石井はレフトフェンス直撃の二塁打を放ち2-1と逆転、さらに野田の犠飛で1点を追加、3-1とした。松坂は中3日の影響もあり6回で降板、西武は継投で逃げ切りをはかった。だが、8回裏、ダイエーは先頭の井口が小野寺力からソロ本塁打を放ち、1点差と迫ると、1死後に城島が四球を選び同点のチャンスを迎えた。ここで西武はクローザーの豊田を投入し、バルデス、ズレータを連続三振に斬ってとった。このまま西武が逃げ切ると思われたが9回裏ダイエーは粘りを見せ、先頭の鳥越が二塁打を放つと、送りバントで三塁に進んだ後、柴原に同点タイムリーが飛び出し土壇場で3-3の同点となった。この後、井口の二塁打で2死2.3塁のチャンスを迎え、ランナーが帰ればダイエーのサヨナラ逆転リーグ優勝と同時にリーグ連覇となるところだったが豊田は不振の松中をセカンドゴロに打ち取り同点で切り抜け延長戦となった。10回表、西武は先頭の小関が二塁打で出塁、送りバントと敬遠の後、代打の犬伏稔昌がセンターに犠飛を放ち勝ち越し、その裏は第1戦で先発してKOされた石井貴が締めて第1戦のリベンジを果たす形で西武ライオンズが2年ぶり20度目のリーグ優勝に輝いた。一方、ダイエーは新垣が6回に逆転を許すもこの回以外は得点を許さず9回3失点の好投を見せたが打線が二度の本塁憤死、さらに9回のサヨナラのチャンスで松中が凡退したことが響きリーグ連覇はならなかった。さらにこのシーズンのオフにソフトバンクに球団を身売りしたため、結果的にこの試合が福岡ダイエーホークスとしての最後の試合となった。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 矢貫俊之

    矢貫俊之から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    高校卒業後は、AO入試で常磐大学に進学。2年春からベンチ入りし、秋にリーグ戦初勝利。関甲新リーグ通算10勝11敗。同大学の3学年上に小野寺力、久保田智之が在籍していた。矢貫俊之 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た小野寺力 (野球)小野寺力 (野球)

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「小野寺力」のニューストピックワード