52件中 31 - 40件表示
  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た熊谷市

    小野寺 力(おのでら ちから、1980年11月26日 - )は、埼玉県熊谷市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、コーチ。現在は東京ヤクルトスワローズ二軍の投手コーチを務めている。実兄は元プロ野球選手の進藤実。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た速球

    最速154km/hの直球とフォークボールを軸に投球を組み立てる。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た球速

    熊谷市立新堀小学校・熊谷市立玉井中学校を経て埼玉県立鴻巣高等学校に進む。186cmの高身長で球速は平均130km/hを超え、3年夏の西埼玉大会では地区最高の素質を持つ投手と評されていた。同大会では準々決勝で鳥谷敬を擁する聖望学園と対戦し、延長11回を完投するも3対4で敗れている。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た防御率

    は持ち味の速球を武器に27試合に登板して防御率3.38を記録し、チームの日本一に貢献した。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た埼玉県立鴻巣高等学校

    熊谷市立新堀小学校・熊谷市立玉井中学校を経て埼玉県立鴻巣高等学校に進む。186cmの高身長で球速は平均130km/hを超え、3年夏の西埼玉大会では地区最高の素質を持つ投手と評されていた。同大会では準々決勝で鳥谷敬を擁する聖望学園と対戦し、延長11回を完投するも3対4で敗れている。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    は不調のため、開幕2軍スタートとなった。長田秀一郎・岡本篤志・藤田太陽・シコースキーと救援投手が揃ったため、先発投手が早めに降板した場合などは6回に登板することが多かったが、先の4投手が不調に陥った際には中継ぎ・抑えもこなした。同年は41試合に登板し、防御率3.67と安定感は今ひとつだった。千葉ロッテマリーンズとのクライマックスシリーズファーストステージでは2試合全て登板したが、第1戦は9回途中にシコースキーが打ち込まれた段階で登板するも、ロッテ打線を止めることができずに4点差を追いつかれてしまった。その後チームは延長11回に勝ち越され敗れてしまった。第2戦は延長10回から登板するも11回に勝ち越し打を打たれ、これが決勝点で敗戦投手となり、CS敗退となってしまった。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    高校卒業後は兄・進藤実と同じ常磐大学に進学。久保田智之と共に主戦投手として活躍し、4年生になると春・秋の関甲新学生野球連盟で防御率リーグ1位の成績を残し、のドラフト会議で西武ライオンズから4巡目指名を受け入団。契約金・年俸はそれぞれ7,000万円、1,500万円(いずれも推定)だった。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た完投

    熊谷市立新堀小学校・熊谷市立玉井中学校を経て埼玉県立鴻巣高等学校に進む。186cmの高身長で球速は平均130km/hを超え、3年夏の西埼玉大会では地区最高の素質を持つ投手と評されていた。同大会では準々決勝で鳥谷敬を擁する聖望学園と対戦し、延長11回を完投するも3対4で敗れている。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た抑え

    はFA移籍した豊田清に代わる抑えとして起用され、7月までは防御率1点台を維持し、7月には初の月間MVPを受賞した。同年はチーム最多の59試合に登板して防御率2.82、7勝29セーブを記録、被本塁打も2本に抑えた。同い年の赤田将吾に続いてチーム2人目となる個人サイト「chikara-o.net」を設立、ファンへのメッセージや心境などをブログ形式で掲載しており、絵文字を多用してコメントに寄せられた相談に答えることもある。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見たホールド

    はグラマンにつなぐ中継ぎとして起用され、50試合に登板して自己最多の9ホールド、14ホールドポイントを記録して防御率3.56と前年より改善されたが、四球が多く奪三振数も減少し、信頼を回復するまでには至らなかった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは3試合に登板し1失点であった。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「小野寺力」のニューストピックワード