31件中 11 - 20件表示
  • 鈴子の恋

    鈴子の恋から見た小野薬品工業小野薬品工業

    『夫婦善哉』を専属提供する小山製薬(小野薬品工業がモデル)の専務。鈴子の恋 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤル110番

    ダイヤル110番から見た小野薬品小野薬品工業

    提供は、新三菱重工業→理研科学→小野薬品と、一社ずつで変遷し、45分時代は田辺製薬とニッカウヰスキーの二社提供となったが、最後はヤクルト本社の一社提供となった。ダイヤル110番 フレッシュアイペディアより)

  • ほくやく

    ほくやくから見た小野薬品工業小野薬品工業

    武田薬品、アステラス製薬、中外製薬、三菱ウェルファーマ、ファイザー、ノバルティス、大日本住友製薬、エーザイ、小野薬品工業、第一三共、田辺製薬、大塚製薬、塩野義製薬、持田製薬、キッセイ薬品工業、グラクソ・スミスクライン などほくやく フレッシュアイペディアより)

  • 翔薬

    翔薬から見た小野薬品工業小野薬品工業

    第一三共、エーザイ、ノバルティス、塩野義製薬、中外製薬、旭化成ファーマ、大正富山医薬品、鳥居薬品、大塚製薬、小野薬品工業、キッセイ薬品工業、久光製薬、グラクソ・スミスクライン、アステラス製薬、興和、田辺製薬、ツムラ など(順不同)翔薬 フレッシュアイペディアより)

  • お昼のお笑い街道

    お昼のお笑い街道から見た小野薬品工業小野薬品工業

    『お昼のお笑い街道』(おひるのおわらいかいどう)は、1969年7月6日から同年12月7日までTBS系列局で放送された朝日放送(ABC)製作の公開コメディ番組である。小野薬品工業の一社提供。放送時間は毎週日曜 12:15 - 12:45 (JST) 。お昼のお笑い街道 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪女学院短期大学

    大阪女学院短期大学から見た小野薬品工業小野薬品工業

    一般企業ではアイホン・オムロン・京セラ・シャープ・富士通・第一製薬・ニプロ・松下電工(現・パナソニック電工)・オーツタイヤ・小野薬品工業・麒麟麦酒・クボタ・コクヨ・塩野義製薬・積水化学・タカラスタンダード・リンナイ・オンワード樫山・トリンプ・ワコール・ハウス食品・パラマウントベッド・アスワン・エスエスケイ・カナデン・ミズノ・山善・読売新聞・イズミヤ・近鉄百貨店・伊勢丹・ミキハウス・モリタ・日本銀行・あおぞら銀行・池田銀行・大阪市信用金庫・関西アーバン銀行・紀陽銀行・国民生活金融公庫・滋賀銀行・ジェーシービー・泉州銀行・但馬信用金庫・但陽信用金庫・南都銀行・みずほフィナンシャルグループ・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・大和証券・ジャックス・第一生命保険・太陽生命保険・日本生命保険・明治安田生命保険・イズミヤカード・イオンクレジットサービス・大阪ガス・関西電力・高島屋・阪急百貨店・東海旅客鉄道・日本通運・全日本空輸・日本航空・JR西日本ホテルズ・ホテルニューオータニ・ジェイティービー・ロイヤルホテル・ロート製薬・ローム・ローランド・関西テレビなどに就職している。ほか、大阪市・大阪府・東大阪市・石川県・大阪府警察・兵庫県公立学校事務など官公庁に就職している人もいる。大阪女学院短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦善哉

    夫婦善哉から見た小野薬品工業小野薬品工業

    当初は小野薬品工業がスポンサーに付いていたが、後期では永大産業が担当していた。末期では上記の通り、複数社提供となった。(当時はP&Gなどが含まれていなかった。)夫婦善哉 フレッシュアイペディアより)

  • スチャラカ社員

    スチャラカ社員から見た小野薬品工業小野薬品工業

    舞台が「海山物産」の大阪支店とされたのは、社長役のミヤコ蝶々が当時すでに東京での仕事が多くなっていて、毎週出演する事が出来ない事を考慮して、社長不在でも番組を展開できる様にする為といわれている。当初の計画ではミヤコ蝶々は「ダイラケと共演させるにはあまりに大物過ぎる」としてキャスティングされていなかったが、スポンサーの小野薬品工業の専務取締役が蝶々の起用を強く希望し、直々に蝶々を口説いて社長役での出演を承諾させたというエピソードが残っている。蝶々の長年のパートナーである南都雄二も出演していたが、持病の糖尿病の影響でレギュラー出演出来ず、喫茶店のマスター役で時々出演した。スチャラカ社員 フレッシュアイペディアより)

  • 新婚さんいらっしゃい!

    新婚さんいらっしゃい!から見た小野薬品工業小野薬品工業

    1971年1月31日に放送開始。当初は三枝・月亭可朝・江美早苗の3人が司会でのスタートだったが可朝が同年の参議院選挙出馬を表明した為、放送開始からわずか1月弱で降板。それ以降は三枝と女性タレントのコンビとなっている。番組開始時、当時ABCで放送していた同じく視聴者参加の夫婦対談番組「夫婦善哉」のスポンサー・小野薬品工業が「内容が同じ」とクレームを出していたエピソードがあった。しかし、「新婚さん」のスタッフは、「夫婦善哉」(人生経験豊富な夫婦がほとんどのため、人生話が多かった)とは違う内容にアレンジ(新婚さんらしく、人生だけではなく、いわゆる「のろけ話」も加えてよりおもしろくさせる)したと言う。新婚さんいらっしゃい! フレッシュアイペディアより)

  • ビスホスホネート

    ビスホスホネートから見た小野薬品小野薬品工業

    ミノドロネート - リカルボン®(経口製剤:小野薬品)・ボノテオ®(経口製剤:アステラス製薬)ビスホスホネート フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「小野薬品工業」のニューストピックワード