前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
406件中 1 - 10件表示
  • 平成

    平成から見た少子化少子化

    内閣府設置法によって内閣府が創設されて、阪神大震災の教訓や東日本大震災への対応から防災担当大臣(復興担当大臣)が設置されて、福島第一原子力発電所事故対策の必要から原発担当大臣が設置されて、原子力安全庁(原子力規制庁)の設置計画が閣議決定された。2011年(平成23年)に東日本大震災復興基本法が成立して、2012年(平成24年)2月に復興庁設置法が施行されて、復興庁が設置された。同時に内閣の定員である担当大臣枠を1人増加させる法案が可決された。急速に進んだ少子化対策として内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)と内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)が創設された。消費者庁を管轄する消費者及び食品安全担当大臣・金融庁を管轄する金融担当大臣・沖縄問題と北方問題を管轄する沖縄及び北方対策担当大臣が創設された。経済財政諮問会議を管轄する経済財政政策担当大臣が設置された。拉致問題対策本部のトップである拉致問題担当大臣が創設された。一時的に規制改革担当大臣・科学技術政策担当大臣・防災担当大臣・食品安全担当大臣・青少年育成及び少子化対策担当・個人情報保護担当大臣・産業再生機構担当大臣・ 食育担当大臣・イノベーション担当大臣・地方分権改革担当大臣・再チャレンジ担当大臣・国民生活担当大臣・地域主権推進担当大臣・「新しい公共」担当大臣・原子力損害賠償支援機構担当大臣・原子力行政担当大臣・沖縄及び北方対策担当大臣・科学技術政策担当大臣・宇宙政策担当大臣・行政刷新担当大臣・原子力防災担当大臣・教育再生担当大臣・原発事故再生担当大臣・公務員改革担当大臣・国土強靭化担当大臣が設置された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 高齢化社会

    高齢化社会から見た少子化少子化

    高齢化社会(こうれいかしゃかい)は、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口が増大した社会のこと。人類社会は、一定の環境が継続すれば、ある一定の面積に生存している人口を養っていく能力に限界が訪れる。そして、人口を養う能力の限界に達し、ある程度の時間が経過すれば、必ず高齢化が顕在化してくる。高度に社会福祉制度が発達した国家にあっては、その負担に応じるため労働人口が子孫繁栄よりも現実にある高齢化対策に追われるため、少子化が進行して、さらなる高齢化を助長していく場合が多い。高齢化社会 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンシンドローム

    ジャパンシンドロームから見た少子化少子化

    ジャパンシンドローム(Japan Syndrome)とは、日本放送協会(NHK)の報道局に置かれるあすの日本プロジェクトが、キャンペーンとしてニュースウオッチ9やNHKニュースおはよう日本で報道する、人口減少や少子高齢化がもたらす日本社会の負のスパイラル状況。ジャパンシンドローム フレッシュアイペディアより)

  • 柴田雅人

    柴田雅人から見た少子化少子化

    東京都出身。東京都立戸山高等学校を経て、1974年一橋大学法学部を卒業し、厚生省入省。障害者・高齢者施策行政、少子化対策行政にたずさわる。柴田雅人 フレッシュアイペディアより)

  • IT業界離れ

    IT業界離れから見た少子化少子化

    1990年代にはシステムのオープン化やネットワーク化が進展する情報革命が起き、あらゆる産業で業務のIT化が否応なく進むことになると予想され、これをシステム・インテグレーターやオペレーターとして支えることになるIT業界は極度の人材不足に陥るのではないかと考えられていた。一方では、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、バブル崩壊の後遺症で底無しの就職氷河期の時代に突入したことから、不況の長期化と少子化を見据えてとにかく学生の新卒就職先を確保し就職実績を伸ばしたい大学の就職指導担当部署が、インターネット接続環境普及の黎明期であったために不景気の中でも比較的求人が多かったIT企業からの求人を受け皿として集め、就職指導などにおいて就職口として熱心に勧める状況があった。この時期、IT業界は急激に伸長し、情報処理産業はバブル崩壊後の不景気の渦中にあった日本経済を立ち直らせる新時代の花形産業として持て囃されることとなったが、実際のところこれは上述の通り若年労働者や非正規雇用労働者の低賃金での過酷な長時間労働と人海戦術によってどうにか支えられていた一過性のITバブルに過ぎなかった。IT業界離れ フレッシュアイペディアより)

  • 女性党

    女性党から見た少子化少子化

    以前はゴミの分別推進、年金改革、少子化対策として「トリプルファイブ」などを提案していた。女性党 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た少子化少子化

    小規模な市町村の「役所」という“企業”も県庁と同様な経営不振の状況にあり、「平成の大合併」や「アウトソーシング」によって「コスト削減」をして、なんとか倒産を防ぐ試みが行われている。しかし、少子化による人口減、高齢化による社会福祉費の増大などにより、税収(売上)は少なく支出(経費)が多い状況が見え、“企業”としての先細りの感は否めない。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 学都仙台

    学都仙台から見た少子化少子化

    これらの事実から、仙台を「学都」であると称する場合がある一方で、少子化によって高校在学者数は減少傾向、また、2004年(平成16年)までの10年間には、宮城県外からの宮城県内の大学・短大への進学者数の減少と、宮城県内からの宮城県外の大学・短大への進学者数の増加があり、学生の差し引き流入数は減少している状況にある。学都仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 学習塾

    学習塾から見た少子化少子化

    学習塾を取り巻く環境としては、少子化、中高一貫校の増加により対象が減少しているが、一方で通塾者の低年齢化、家計から学習塾への出費額の昇による市場の拡大傾向が見られる。学習塾 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た少子化少子化

    少子化により、出生数は1970年代前半の第二次ベビーブーム以降減少傾向で、その影響から新成人になる人口も減少し続けている自治体もある。成人式 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
406件中 1 - 10件表示

「少子化対策」のニューストピックワード