522件中 91 - 100件表示
  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見た少子化少子化

    2005年-2006年の新学期に188(内訳:公立幼稚園86校、公立保育園6校、公立小学校56校)の公共教育機関が稼動していた。2006年-2007年に4校の公立小学校が閉鎖されたなど、公立小学校の縮小化を計画実行した。少子化や他国・地域への人口流出がその原因だが、1990年代初めには学童がわずかしか在籍しない学校があったほどだ。さらに1980年代終わりには、3交代制(朝学年、昼学年、夜学年)で9学年同時並行で授業をした学校もあった。だが現在は殆どの学校が全日制(朝〜昼)である。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

  • 結婚情報サービス

    結婚情報サービスから見た少子化少子化

    しかし、以前から事業者だけでなく少子化問題に悩む日本国政府・経済産業省からもCM解禁を求める声があり、2014年11月1日に放送基準を「人権侵害や差別の助長につながるかたちで、個人情報を調査・収集・利用するものは取り扱わない。」と改正し、この日よりテレビ・ラジオでのCM放映が解禁された。結婚情報サービス フレッシュアイペディアより)

  • 人口ピラミッド

    人口ピラミッドから見た少子化少子化

    ただし、日本をはじめとした先進諸国では、医療の発達や少子化の影響により三角形型にならず壺状になるものがみかけられる。人口ピラミッド フレッシュアイペディアより)

  • 山陽小野田市立埴生小学校

    山陽小野田市立埴生小学校から見た少子化少子化

    少子化の影響は埴生小学校にも現れている。1980年代後半には1学年3クラスあった(第二校舎の壁画に面影がみられる)が、1990年代中ごろには1学年2クラス(40-60人台)となる。1999年(平成11年)には1クラスの学年が出現するようになり、現在では1クラスの学年が多くなりつつある。このため、元来1学年3クラスで設計されていた校舎は空き教室が増加しており、現在では第一校舎は教室としては利用されなくなりつつある。短期的な児童数の増減は海上自衛隊小月航空基地の官舎のある西大木地区の動向に頼る面が大きく、1999年度に1クラスの学年が出現した原因も当地区の児童の転出が続出したことであった。山陽小野田市立埴生小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 水産高等学校

    水産高等学校から見た少子化少子化

    近年は、少子化の影響により、全国各地で高等学校統廃合の動きがみられる。主な例として、日本初の水産高等学校だった福井県立小浜水産高等学校は、2013年(平成25年)統合により福井県立若狭高等学校海洋科学科となった。2015年(平成27年)小浜水産高等学校は、閉校となったものの現在は、福井県立若狭高等学校海洋キャンパスとして利用されている。水産高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • でもしか先生

    でもしか先生から見た少子化少子化

    高度経済成長が終わり、とりわけ冷戦が終わった1990年代以降は、日本国内の経済の低迷や少子化に伴って、学校の教師の採用枠は激減し、教師の採用試験は競争率の高い狭き門となっているため、現在では「でもしか先生」という語が日常使われることはほとんどなくなっている。でもしか先生 フレッシュアイペディアより)

  • 工業高等学校

    工業高等学校から見た少子化少子化

    1990年代以降、少子化の影響で指定校推薦に変化が生じており、文系大学や文系学部が工業高等学校に対して、指定校推薦の定員を設けるようになってきている。また、公立高校と各大学が連携して進学を支援する高大連携や、全国工業高等学校長協会による特別推薦による募集もある。工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 授業崩壊

    授業崩壊から見た少子化少子化

    少子化の流れの中、青少年の大学進学者数が今後低下がることが予想される状況での設置基準の緩和は大学の存続を市場原理に委ねることで、大学が自然淘汰されることを国策として容認したことを意味する。「地方」や「単科」といった単に条件の不利な大学ばかりが淘汰されることのないよう、文科省は研究機関として優秀な大学を支援するCOEや教育に努力する大学を選定する教育GP、研究教育機関として最低水準の条件を満たした大学を認定する大学認証評価などの施策をすでに進めている。しかし、大学が学生募集を停止することにより崩壊すると、学生募集が停止された大学に所属する研究者の雇用問題に直結することが問題である。授業崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • すまいるスクール

    すまいるスクールから見た少子化少子化

    学童保育施設を児童センター名で運用を行っていた品川区が、少子化にともなう区立小学校の空き教室を改築し、その機能を移した施設。児童センター施設はそのまま残し、児童・幼児・乳児を中心とした地域の交流施設として運用している。一部の児童センターは、「TEEN'S PLAZA」と称し中学生・高校生対応の児童センターとなっている。すまいるスクール フレッシュアイペディアより)

  • 移民1000万人計画

    移民1000万人計画から見た少子化少子化

    移民1000万人計画(いみん1000まんにんけいかく)とは、外国人政策研究所所長の坂中英徳が提言し、自民党国際人材議員連盟に属する国会議員により計画されている政策。これは今後の日本は少子化となることから、大量の外国からの移民を受け入れ、その数を50年間で1,000万人の規模にしようとするものである。これが実現したならば日本の人口の10人に1人は移民になるわけだが、これはイギリス、フランス、ドイツと同じくらいの割合である。高齢化社会などと言われているようにこれからの日本は労働力となる人口が減少していき産業では人手不足が著しくなるだろうと予想されているが、大量の移民を受け入れることでこの問題が解決できるとされている。また農業や漁業などのような少子化だけでなく業界そのものが不人気となっていることでも人材不足が著しいような職業に移民を配置することからも日本の産業に置かれておる問題点が解決できるとされている。また農業や漁業を産業としているような地域に多く見られる過疎化という問題も持っているが、そのような地域に移民が移住することで過疎化の問題も解決できるとされている。移民1000万人計画 フレッシュアイペディアより)

522件中 91 - 100件表示

「少子化対策」のニューストピックワード