406件中 11 - 20件表示
  • 日本の経済

    日本の経済から見た少子化少子化

    2000年代に入り、公的資金を注入したことによって金融機関の不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消された。中国の経済発展により貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。中国をはじめとするBRICs諸国や、ASEAN諸国の経済発展に伴って伸びた外需に牽引されて、日本はデフレ脱却、景気の回復を果たし、大企業の業績は大幅に伸びた。しかし労働者にはこの好景気の分配はなく、労働者の給与は減少傾向をたどった。旧来の労使関係は見直され、終身雇用制度は崩壊し、契約社員や派遣社員が増えて労働市場の流動化が進んだ。労働環境の悪化と雇用不安のため出生率は落ち込み、少子化と高齢化により2005年から日本は人口減少を始めた。国内需要を見限った企業は海外市場に活路を求め、製造業は外需偏重となり、海外市場の動向に日本の景気が顕著に左右されるようになった。2007年夏頃よりアメリカ合衆国のサブプライムローンに端を発した世界金融危機により、戦後最長といわれた「いざなみ景気」(第14循環)は終焉を迎えた。日本経済は再び不景気の時代に突入し、またそれまでのいざなみ景気も好景気の実感が乏しいものだったため、いざなみ景気の期間も含めたバブル崩壊以降の20年間を「失われた20年」とする見方も出始めた。さらに、外需依存という日本経済の体質的な問題、産業の海外移転、少子 高齢化などから内需縮小の傾向は今後も変わらず、中進国レベルに賃金が下落するまで衰退を続けるといった悲観論も続出している。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕優子

    小渕優子から見た少子化少子化

    首相となった小渕恵三氏の娘。第1次安倍内閣で文部科学大臣政務官、麻生内閣で内閣府特命担当大臣(男女共同参画・少子化対策)を務めた。第2次安倍内閣では財務副大臣に充てられた(現職)。小渕優子 フレッシュアイペディアより)

  • ひらかたパーク

    ひらかたパークから見た少子化少子化

    長期の不況や少子化、レジャーの多様化などによって入園者数が減少傾向にあった中で、2001年(平成13年)にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が開業したこともあり、21世紀に入ってから業績不振などで近畿地方の3/4の遊園地が閉園に追い込まれている。宝塚ファミリーランドや神戸ポートピアランド、近鉄あやめ池遊園地、甲子園阪神パークなど、関西の大手私鉄が運営していた歴史のある遊園地もそのほとんどが閉園となっているが、その中でもひらかたパークは堅調な運営を続けている数少ない私鉄運営遊園地の1つとなっている。ひらかたパーク フレッシュアイペディアより)

  • 少子化対策

    少子化対策から見た少子化少子化

    少子化対策 フレッシュアイペディアより)

  • 土地活用モデル大賞

    土地活用モデル大賞から見た少子化少子化

    少子化に伴い廃校となった中学校を、ギャラリーや芸術系の事務所として賃貸することで、新しい観光・コミュニティーの場を作り上げた。土地活用モデル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大多喜町自動車学校

    大多喜町自動車学校から見た少子化少子化

    1961年に開設された県内では珍しい公営の自動車教習所で十数人の町職員が働いていたが、少子化の影響で採算が合わなくなったため、民間事業者に経営移譲することが決まった。大多喜町自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 光市立浅江中学校

    光市立浅江中学校から見た少子化少子化

    第二次ベビーブーム世代が在校していた時代は、最も多い時期で学校全体で877名の生徒が在籍し、光市内で最も生徒数の多い中学校であった(1986年度)。現在は、少子化の影響で全校で349名しかいない(2009年度)。光市立浅江中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 茂木賢三郎

    茂木賢三郎から見た少子化少子化

    また少子化問題に関心があり、子育ては授乳など三歳までのスキンシップが重要という持論を持ち、2005年から日本経済団体連合会の少子化対策委員会で初代の委員長を務めた。キッコーマンでは育児短時間勤務制度等を設け、女性社員の定着率向上を実現させた。茂木賢三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市立待賢小学校

    京都市立待賢小学校から見た少子化少子化

    1869年に「上京第十七番組小学校」として開校した。少子化による児童の減少に伴い、1997年に近隣の出水小学校と統合され、128年の歴史に終止符を打った。統合後の名称は「二条城北小学校」で、校舎は出水小学校のものを使用している。待賢小学校の校舎は閉校後、地元の区民運動会の時以外にはあまり使用されなかったが、現在は、「関西フランス語学院」と「京都市発達障害者支援センター かがやき」が使用している。京都市立待賢小学校 フレッシュアイペディアより)

  • みにくいあひるの恋

    みにくいあひるの恋から見た少子化少子化

    『恋の病』の蔓延により恋愛が禁忌視されるようになり、それにより少子化が懸念されたため、人類は『兄妹』と呼ばれる風習を作り出した。これは、血縁関係のない男女を幼少時より義理の「兄妹」もしくは「姉弟」として一緒に育て、「家族」としての感情を持たせた上で成人後に結婚させるというものである。すなわち、事実上の婚約となっている。白鳥陀衣と花々見茜子、翠風太と炉端吟はそれぞれ『兄妹』、紫舞沢遊菊と黒沼音忠は『姉弟』の関係である。ただし、『兄妹』の風習を取り入れていない家庭も存在する。みにくいあひるの恋 フレッシュアイペディアより)

406件中 11 - 20件表示

「少子化対策」のニューストピックワード