522件中 11 - 20件表示
  • 知の回廊

    知の回廊から見た少子化少子化

    第14回:少子化という病 -その処方箋とは- / 和田光平(経済学部)知の回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 少子高齢化

    少子高齢化から見た少子化少子化

    少子高齢化(しょうしこうれいか)とは少子化と高齢化が同時に進行している状況である。対義語は多子若齢化。少子高齢化 フレッシュアイペディアより)

  • 下田市立下田中学校

    下田市立下田中学校から見た少子化少子化

    少子化の影響で、2009年度は1年生のみ4クラス、その他は1学年3クラスである。市内で唯一3クラス以上ある中学校。下田市立下田中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 猪口邦子

    猪口邦子から見た少子化少子化

    第2次男女共同参画基本計画や女性の再チャレンジ支援プランに関わり、少子・高齢化で人口が減少する日本では再チャレンジ(結婚出産等で退職した女性の再就職)を希望する女性の活用が重要であるとして、その支援に必要な法整備に力を入れた。猪口邦子 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽タクシー

    山陽タクシーから見た少子化少子化

    2009年(平成21年)には、昨今の重要な問題となっている少子化と高齢化にスポットライトを当て、その対策の一環として妊婦に向けたサービスの充実を図るため、公式ウェブサイトでの妊婦さん専用顧客登録の開始によって陣痛が始まった時などの救急対応を心掛けた新たな配車サービスを開始した。山陽タクシー フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立豊岡高等学校

    埼玉県立豊岡高等学校から見た少子化少子化

    校名の由来となった豊岡町が1956年(昭和31年)に自治体名としては消滅し、校名に現行自治体名を冠していない高校である。加えて住民の入れ替わりが多い地域にあるため、伝統校ではあるものの新住民の間ではなかなか校名が浸透せず、認知度がやや低くなっている。かつては周囲に有力校がなかったこともあり、長らく比較的高いランクを維持していた。第2次ベビーブーム世代が在校していた1980年代後半から1990年代前半には、志願倍率はさほど高くはなかったものの高偏差値となり、活発な学校行事の中優良な進学実績をあげていた。しかし少子化時代を迎えるにあたっても学校改革が進まず、2000年代以降は設備の老朽化なども影響し志願者数は大きく減少。周辺の新設校や私立校に押され偏差値も下落傾向にある。2004年度の学区制廃止後は更にこの傾向が顕著となり、2007年度新入生以降、このランクの高校としては異例の定員割れとなっている。長らく進路指導への取り組みは充実したものとは言い難い状態が続いていたが、近年は進学実績がいよいよ振るわなくなったため、少人数制クラス編成の導入や夏休み進学補講(自主ゼミ)実施、生活指導の厳格化等の改革に着手している。2011年に創立90周年を迎えるも、現状には地域や卒業生からの批判が多く、学校の信頼を失う事態に立ち至っており、2009年度からは「地域に根ざした特色ある進学校」を目指し授業時間大幅増や学校行事の見直しなど更に改革を進めている。埼玉県内では本校以外にも埼玉県立飯能高等学校・埼玉県立小川高等学校・埼玉県立本庄高等学校・埼玉県立深谷第一高等学校など戦前からの歴史を持つ共学校は、歴史はあるものの教育面における特色を打ち出せない状態が続いたため、少子化の影響をより大きく受け低迷。低廉な学費の公立学校こそが有為な人材を育てなければならないという地域社会における役割を果たせていないため、2010年代からは埼玉県が改革を主導し、様々な研究指定・再編整備を行っている。埼玉県立豊岡高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 学都仙台

    学都仙台から見た少子化少子化

    これらの事実から、仙台を「学都」であると称する場合がある一方で、少子化によって高校在学者数は減少傾向、また、2004年(平成16年)までの10年間には、宮城県外からの宮城県内の大学・短大への進学者数の減少と、宮城県内からの宮城県外の大学・短大への進学者数の増加があり、学生の差し引き流入数は減少している状況にある。学都仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 成人式

    成人式から見た少子化少子化

    少子化の影響より、出生数は1970年代前半の第二次ベビーブーム以降減少し続け、過疎地域では子育て世代の人口流出から、新成人になる人口も減少し続けている市町村もある。成人式 フレッシュアイペディアより)

  • ひらかたパーク

    ひらかたパークから見た少子化少子化

    関西の大手私鉄が運営する遊園地は、全体的に長期の不況や少子化、レジャーの多様化などもあって入園者数の減少により赤字経営を強いられるようになっていた。その上、2001年(平成13年)にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が大阪市に開業したことが追い打ちとなり、21世紀以降は業績不振などで宝塚ファミリーランドや神戸ポートピアランド、近鉄あやめ池遊園地、甲子園阪神パークなど、その3/4が閉園に追い込まれた。その中でひらかたパークは赤字続きでありながらも営業を続けたことで、みさき公園や生駒山上遊園地、須磨浦山上遊園などとともに関西では数少ない私鉄運営遊園地として現在も残っている。ひらかたパーク フレッシュアイペディアより)

  • 日本の人口統計

    日本の人口統計から見た少子化少子化

    日本の人口統計(Demographics of Japan)は、総務省統計局がまとめる国勢調査(国調)または各都道府県による人口統計値を表したもの。日本はOECD諸国の中で最も少子高齢化が進んでおり、世界のどの国も経験したことのない速度で人口の少子化・高齢化が進行している。日本の人口統計 フレッシュアイペディアより)

522件中 11 - 20件表示

「少子化対策」のニューストピックワード