522件中 21 - 30件表示
  • IT業界離れ

    IT業界離れから見た少子化少子化

    一方では、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、バブル崩壊の後遺症で底無しの就職氷河期の時代に突入したことから、不況の長期化と少子化を見据えてとにかく学生の新卒就職先を確保し就職実績を伸ばしたい大学の就職指導担当部署が、インターネット接続環境普及の黎明期であったために不景気の中でも比較的求人が多かったIT企業からの求人を受け皿として集め、就職指導などにおいて就職口として熱心に勧める状況があった。IT業界離れ フレッシュアイペディアより)

  • 京都市立待賢小学校

    京都市立待賢小学校から見た少子化少子化

    1869年に「上京第十七番組小学校」として開校した。少子化による児童の減少に伴い、1997年に近隣の出水小学校と統合され、128年の歴史に終止符を打った。統合後の名称は「二条城北小学校」で、校舎は出水小学校のものを使用している。待賢小学校の校舎は閉校後、地元の区民運動会の時以外にはあまり使用されなかったが、現在は、「関西フランス語学院」と「京都市発達障害者支援センター かがやき」が使用している。京都市立待賢小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 知事ラン子

    知事ラン子から見た少子化問題少子化

    政府補助金問題、地方首長厚遇問題、地方公営競技存廃問題、役所無責任体質、第三セクター問題、少子化問題などを取り上げている。知事ラン子 フレッシュアイペディアより)

  • ママジェネ

    ママジェネから見た少子化少子化

    少子化等の深刻な社会問題を予防、改善し積極的に社会貢献する。ママジェネ フレッシュアイペディアより)

  • 三木市立自由が丘小学校

    三木市立自由が丘小学校から見た少子化少子化

    一時はマンモス校であったが、少子化の影響により、2011年現在では全学年3クラスの規模に縮小している。通常学級の他に、通級指導教室、特別支援学級がある。また総合的な学習の時間にも力を入れており非常に環境はいい。三木市立自由が丘小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 材料技術科

    材料技術科から見た少子化少子化

    近年は少子化の影響や、高卒で企業の研究部署へは就職できないため、減少していっている学科である。材料技術科 フレッシュアイペディアより)

  • 三木市立緑が丘小学校

    三木市立緑が丘小学校から見た少子化少子化

    開校当初の児童数は約630名であった。緑が丘町の住宅街は未整備であり、学校の周りには赤土以外何もない場所だったが、近隣住民の協力もあり、植樹がなされた。1974年、児童数は開校からわずか1年で1.7倍の約1100人に増え、5年目には、在籍者数は約1800人になった。その後、少子化や、近隣に三木市立緑が丘東小学校が開校したことの影響によって児童数は急減し、20年も経たないうちに開校当初の児童数を割った。三木市立緑が丘小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東北福祉情報専門学校

    東北福祉情報専門学校から見た少子化少子化

    しかし、若者の介護職離れや少子化の影響で学生が集まらなくなり、2009年度は一定学生数が確保できないことを理由に新入生受け入れを停止。2010年度は学生募集を行なわず、2010年3月6日の卒業式を最後に休校となる。東北福祉情報専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • みにくいあひるの恋

    みにくいあひるの恋から見た少子化少子化

    『恋の病』の蔓延により恋愛が禁忌視されるようになり、それにより少子化が懸念されたため、人類は『兄妹』と呼ばれる風習を作り出した。これは、血縁関係のない男女を幼少時より義理の「兄妹」もしくは「姉弟」として一緒に育て、「家族」としての感情を持たせた上で成人後に結婚させるというものである。すなわち、事実上の婚約となっている。白鳥陀衣と花々見茜子、翠風太と炉端吟はそれぞれ『兄妹』、紫舞沢遊菊と黒沼音忠は『姉弟』の関係である。ただし、『兄妹』の風習を取り入れていない家庭も存在する。みにくいあひるの恋 フレッシュアイペディアより)

  • 錦江町立神川中学校

    錦江町立神川中学校から見た少子化少子化

    2008年(平成20年)3月、過疎化と少子化により、田代中学校を除く町内の他の3中学校と共に錦江町立錦江中学校に統合され、廃校となった。錦江町立神川中学校 フレッシュアイペディアより)

522件中 21 - 30件表示

「少子化対策」のニューストピックワード