406件中 21 - 30件表示
  • マンモス校

    マンモス校から見た少子化少子化

    現在では新設校の増加や少子化によりマンモス校は少なくなっているが、東京23区内など高層マンションの建設が盛んな地域では逆にマンモス校化している学校もある。マンモス校 フレッシュアイペディアより)

  • 騎馬戦

    騎馬戦から見た少子化少子化

    最近は少子化の影響や、以下にあげるような状況から、競技としての騎馬戦は縮小が進んでいる。騎馬戦 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国以後

    帝国以後から見た少子化少子化

    ロシアは冷戦に敗れ、1998年まで経済が縮小し、また少子化により人口減少が進んでいる。しかしロシアはあらゆる撤退を受け入れた結果、戦略的にアメリカに対抗する存在に戻った。すなわち、ロシアは豊富な天然資源を持ち、十分な防衛力を持ち、アメリカ市場を必要とせず、そしてもはや危険ではないのである。ロシアは無論それを理解している。ウラジーミル・プーチンは2001年9月25日にドイツ連邦議会で演説し、「ヨーロッパがその能力をロシアのそれと結合させるなら、ヨーロッパは本当に独立した世界的大国としての声望をさらに固めることになるだろう」と述べた。帝国以後 フレッシュアイペディアより)

  • お下がり

    お下がりから見た少子化少子化

    しかし高度経済成長期以降、可処分所得が増えて購買力があがり、また少子化で親・祖父母が一人の子供にかけられるお金が増え、お下がりはだんだん行われなくなっていった。お下がり フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立大分南高等学校

    大分県立大分南高等学校から見た少子化少子化

    ここ最近少子化で生徒が激減しているため、大分県教育委員会では高校改革推進計画が進行中である。開校して間もない頃(1983年)は少子化に拍車がかかる以前であったため1学年に10クラス存在したが、2004年度の入学生(22期生)から同校も少子化の煽りを受け1学年7クラスに減少した。大分県立大分南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県立嘉穂農業高等学校

    福岡県立嘉穂農業高等学校から見た少子化少子化

    以前はどちらかと言えば入り易い県立高校であったが、団塊ジュニア世代末期の1991(平成3)年度より校名を嘉穂中央高校へ改称の上、情報処理をメインとした学校へと転換した途端に競争倍率および難易度がアップ。そのしわ寄せは本校の分校(現在の嘉穂総合高校嘉麻市立大隈城山校)にまで来てしまい、それに加え本校の所在地であった嘉飯山地区のトップ校である福岡県立嘉穂高等学校が1990(平成2)年度から理数科を、また二番手の福岡県立嘉穂東高等学校も1991(平成3)年度より普通科英語コースを設置したことによって普通科の定員を減らした結果、競争倍率および難易度が急激にアップした福岡県立稲築高等学校(現在の福岡県立稲築志耕館高等学校)と併せ嘉飯山地区の受験生にとってはトリプルパンチとなった。尚、本校の倍率と難易度は少子化時代となっても緩和されず「狭き門」のまま生徒募集を終えた。福岡県立嘉穂農業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 5・4制

    5・4制から見た少子化少子化

    「子供の早熟化を考えれば、現行の小学校6年生は、小学校1年と共に過ごすよりも、現行の中学校3年生と過ごすほうが自然。」「中学校生活に慣れるのに1年かかり、最後の1年は高校受験に追われ、現行制度では腰を落ち着けて中学校生活を謳歌できるのは2年生の1年間だけだ。」「中高一貫は教育基本法の改正が必要だが、5・4制は学校教育法の改正だけで実現できる。」「少子化の今こそ、最小限のコストで5・4制を実現する機会。」と斉藤斗志二は強調する。5・4制 フレッシュアイペディアより)

  • 化女沼レジャーランド

    化女沼レジャーランドから見た少子化少子化

    しかし、少子化やレジャーの多様化で集客数は減少し、2000年に閉鎖された。化女沼レジャーランド フレッシュアイペディアより)

  • モリシゲ (人形)

    モリシゲ (人形)から見た少子化少子化

    現在は少子化の影響もあって、CMはさして放映されていないが、一昔前は関西地区限定ながら関西テレビやよみうりテレビなどで、毎年2月・4月になると、幼稚園を舞台に、童謡の人形をCMソングにアレンジした「人形のモリシゲ、知ってる?」「知ら?ん」というCMが放映されていたことでも知られる。その他にも泉ピン子や上沼恵美子などの女性タレントなどがCMに出演していた時代もあった。モリシゲ (人形) フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県公立高校全日制欠員補充募集

    福岡県公立高校全日制欠員補充募集から見た少子化少子化

    開始当初から10年程はほぼ毎年の様に定員割れを起こしていた所謂「救済校」ランクの高校がこの制度の常連となっており、中には福岡県立大牟田南高等学校や福岡県立山田高等学校の様に長年に渡って補充募集定員が三桁を記録したケースも見受けられたが、少子化に伴う本来の募集定員枠の減少に加え2003年(平成15年)より開始された県立高校統廃合により補充募集実施校も減少。現在ではこの制度の常連であった救済校ランクの高校は統廃合により殆どが閉校してしまったが、その統廃合によって誕生した高校においても一部の学校では定員割れを起こしている。また最近では平成初期に次々と設置された「英語コース」や「理数コース」において定員割れが発生するケースが増加した為、それらのコースの補充募集が目立つようになり、年によっては旧制中学以来の歴史を誇り現在でもその地域にとっては誉れ高い存在である学区トップ校や公立高校の競争倍率においては全国屈指である福岡都市圏の公立高校においても定員割れが発生し、この制度が開始された団塊ジュニア世代時代からは想像が出来ない程少子化が進んでいるのが現状である。福岡県公立高校全日制欠員補充募集 フレッシュアイペディアより)

406件中 21 - 30件表示

「少子化対策」のニューストピックワード