406件中 31 - 40件表示
  • 毎日こどもしんぶん

    毎日こどもしんぶんから見た少子化少子化

    しかし、発行部数の低迷や少子化の影響などから2000年3月25日発行分を以って毎日小学生新聞に紙面統合される形で休刊となり、創刊からわずか24年の短い歴史に幕を下ろした。毎日こどもしんぶん フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島市立坂元中学校

    鹿児島市立坂元中学校から見た少子化少子化

    伊敷ニュータウン地区の生徒も通っていた1993年度までは、各学年10学級以上になった時もあったが、1994年度に伊敷ニュータウン地区の生徒を伊敷台中学校へ分離したのを機に7学級へと減り、その後は少子化などの影響もあって現在の生徒数は495名、各学年4-5学級程度にまで減少した。鹿児島市立坂元中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急花鳥山脈

    小田急花鳥山脈から見た少子化少子化

    しかし、少子化、レジャーの多様化により集客数は減少し、営業継続は困難なことから1998年3月に閉園した。小田急花鳥山脈 フレッシュアイペディアより)

  • パーフェクトベビー願望

    パーフェクトベビー願望から見た少子化少子化

    この願望はどんな親にも多かれ少なかれあるが、とりわけ不妊治療を行ってきた親に多くみられる傾向かある。その理由は様々だが、一般には、治療にお金や時間を費やした分、その努力が報われる見返りとして、何の苦労もなくあっさり妊娠しただけの人より良い子を授かりたいという心理が働くからである。時には卵巣異常や前立腺異常など親自身が何らかの異常を抱えているために、劣等感の代償行為として余計にパーフェクトベビー願望が強くなる。また、昔は多産な一方で病気や戦死など早世の要素も少なくなく、低学歴で早くから働きに出ていた子も多かったのに比べ、少子化や進学率の上昇により社会全体が少数精鋭型の産児・子育て傾向に推移してきた背景も、パーフェクトベビー願望に拍車をかけている。高齢初産の増加等から「次のチャンス」が期待できないいわゆる「貴重児」も増え、数少ないチャンスを失敗なく物にしたいという想いが強く現れる。パーフェクトベビー願望 フレッシュアイペディアより)

  • 定員割れ

    定員割れから見た少子化少子化

    日本の大学では少子化などの影響による定員割れがみられる。日本私立学校振興・共済事業団が毎年行っている調査では、2000年代になってから私立大学の定員割れが全体の4割を超えるようになり、2007年度には私立短大の定員割れ率が初の6割超となった。定員割れ フレッシュアイペディアより)

  • えびすだわら

    えびすだわらから見た少子化少子化

    各町内会の少年たちが、台車に乗せた米俵にさまざまな飾り付けを施して神輿(えびしだら)を作り、それを曳きながら表通りを練り歩く。手には灯篭を持って、各玄関先で立ち止まっては、独特な節回しで唄を歌い、おひねりを集めて回る。俵の神輿は神社に奉納され、おひねりは神輿製作の貢献度によって分配される。夜間の成人の部では、灯篭にろうそくの火が灯り、囃し太鼓が響く中、酒に酔った男達が巨大な「えびしだら」を囲み、少年たちと同じ節回しで唄を歌い、祭りはクライマックスを迎える。祭りに参加できるのは、伝統的に男性だけである。しかし近年、過疎化および少子化のために祭りの担い手は急速に減りつつあり、町内会によっては、女の子を参加させてえびしだらを維持しようする試みも見られた。それでも神輿の数は年々減少傾向にあり、祭りの存続が危惧されている。えびすだわら フレッシュアイペディアより)

  • 水ノ上智邦

    水ノ上智邦から見た少子化少子化

    専門は、開発ミクロ経済学。少子化、教育問題も研究対象としている。水ノ上智邦 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪市立柿野小学校

    松阪市立柿野小学校から見た少子化少子化

    1975年(昭和50年)には9学級256人が在籍していたが、少子化が進み、2009年(平成21年)には7学級(うち1学級は特別支援学級)93人まで減少した。松阪市立仁柿小学校を統合した2010年(平成22年)には103人になった。松阪市立柿野小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪市立粥見小学校

    松阪市立粥見小学校から見た少子化少子化

    1975年(昭和50年)には11学級278人が在籍していたが、少子化が進み、2009年(平成21年)には7学級(うち1学級は特別支援学級)144人まで減少した。松阪市立粥見小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪市立仁柿小学校

    松阪市立仁柿小学校から見た少子化少子化

    1975年(昭和50年)には5学級68人が在籍していたが、少子化が進み、2009年(平成21年)には3学級16人まで減少した。最後の卒業生は6名だった。松阪市立仁柿小学校 フレッシュアイペディアより)

406件中 31 - 40件表示

「少子化対策」のニューストピックワード