406件中 41 - 50件表示
  • 松阪市立有間野小学校

    松阪市立有間野小学校から見た少子化少子化

    1975年(昭和50年)には6学級59人が在籍していたが、少子化が進み、2009年(平成21年)には3学級13人まで減少した。最後の卒業生は6名だった。松阪市立有間野小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 社会人学生

    社会人学生から見た少子化少子化

    かつては勤労学生として理解されてきたが、近年では社会人のスキル向上やその他の理由で入学するケースが増えており、大学側も少子化に対するものとして社会人の入学を歓迎している。社会人学生 フレッシュアイペディアより)

  • 市立高等学校

    市立高等学校から見た少子化少子化

    近年の少子化により高校数が減少する一方、市町村合併による町立高等学校や組合立高等学校からの移行での増加もあり増減を繰り返している。市立高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 慶北大学校

    慶北大学校から見た少子化少子化

    2007年11月 少子化に伴う国立大学校統廃合の一環として、慶尚北道尚州市にあった国立尚州大学校(サンジュだいがっこう、英称:Sangju National University、2007年現在、大学生約10,000名、教職員約470名。1921年、尚州公立農蚕学校として開校(慶尚北道所管の公立学校、韓国独立後、1965年に公立の大学校に昇格し、更に国立となる。教育大学、医科大学、農科大学、工科大学、人文科学大学、法科大学、政治学大学があった))との合併が決定。慶北大学校 フレッシュアイペディアより)

  • コウ老族

    コウ老族から見た少子化少子化

    中国では、子供を手厚く教育し、老いると成人した子供に養ってもらうということが一般的であった。これは儒教を基礎として大家族制のもとでは有効に働いたが、「一人っ子政策」の結果、中国は急速に少子化社会および高齢化社会に入り、そのような、ライフスタイルが崩壊してしまった。コウ老族 フレッシュアイペディアより)

  • 授業崩壊

    授業崩壊から見た少子化少子化

    少子化の流れの中、青少年の大学進学者数が今後低下がることが予想される状況での設置基準の緩和は大学の存続を市場原理に委ねることで、大学が自然淘汰されることを国策として容認したことを意味する。「地方」や「単科」といった単に条件の不利な大学ばかりが淘汰されることのないよう、文科省は研究機関として優秀な大学を支援するCOEや教育に努力する大学を選定する教育GP、研究教育機関として最低水準の条件を満たした大学を認定する大学認証評価などの施策をすでに進めている。しかし、大学が学生募集を停止することにより崩壊すると、学生募集が停止された大学に所属する研究者の雇用問題に直結することが問題である。授業崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀市立古賀中学校

    古賀市立古賀中学校から見た少子化少子化

    生徒数はおよそ520名。少子化の影響で近年は生徒数が減少し続けている。古賀西小学校、花鶴小学校、古賀東小学校の児童が進学する。校訓は、創造・協同・自主。古賀市立古賀中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 新世紀ベビー

    新世紀ベビーから見た少子化対策少子化

    厚生労働省は2001年1月10日から1月17日および、同年7月10日から7月17日までに生まれた子供を対象に、生活状況や親の就業時間などを追跡調査する「21世紀出生児縦断調査」を継続して行なっている。調査により21世紀初頭に生まれた子供の生活や環境の実態を明らかにし、成長・変化を長期に渡り追うことで、少子化対策などの基礎資料として活用していくことを目的としている。なお、成年者の意識の変化や結婚、出産、就業などの実態を追跡調査する「21世紀成年者縦断調査」も並行して行われている。新世紀ベビー フレッシュアイペディアより)

  • 少子化社会対策基本法

    少子化社会対策基本法から見た少子化少子化

    少子化社会対策基本法(しょうしかしゃかいたいさくきほんほう、平成15年7月30日法律第133号)とは、少子化の主たる要因であった晩婚化・未婚化に加え、「夫婦の出生力そのものの低下」という新たな現象の把握と急速な少子化の進行を踏まえ、その流れを変える為に従来の取組に加え、もう一段の対策を推進することが必要であり、国民や社会の意識変革を迫る目的で制定された、日本の法律である。2003年(平成15年)7月30日に公布、同年9月に施行された。主として内閣府(特命担当大臣 - 少子化対策担当大臣)が主幹となり、政策統括官・共生社会政策担当が省庁の調整に当たる。少子化社会対策基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 大分市立荷揚町小学校

    大分市立荷揚町小学校から見た少子化少子化

    少子化の影響や元々住宅地が少ないといったこともあり、生徒数が減少傾向にある。学校の小規模化に伴い校区の再編成や大分市立中島小学校、大分市立住吉小学校との統廃合も検討された。しかし全国的に少人数学級を推進する動きなどを受け、2005年の時点で協議を一旦終結させている。大分市立荷揚町小学校 フレッシュアイペディアより)

406件中 41 - 50件表示

「少子化対策」のニューストピックワード