522件中 41 - 50件表示
  • 余裕教室

    余裕教室から見た少子化少子化

    余裕教室(よゆうきょうしつ)は、少子化により児童数が減少し、学級数が減少し、将来にわたっても空き教室と見込まれる教室のことを言う。文部科学省では、余裕教室を「将来とも恒久的に余裕となると見込まれる普通教室」と定義して、その実態を1993年から毎年その増加数を統計し、余裕教室を学校の中での利用にとどまらず、地域の社会教育施設、児童・社会福祉のためのスペースとして活用することを推奨している。1993年から2005年までの13年間で、余裕教室の総数は126,866教室あり、さまざまな用途に活用して、なお余裕として残っているものは2006年5月の時点で、2,523教室ある。余裕教室 フレッシュアイペディアより)

  • 山田義塾

    山田義塾から見た少子化少子化

    しかし1990年代に入ってバブル崩壊と少子化の煽りで山田義塾の経営が悪化、1991年に起こった内紛によって解散を余儀なくされ、当時の塾長だった山田圭佑は失意のうちに塾業界から撤退。それから13年後、山田の教育に対する信念と熱意は変わらず、ここ数年の公立中高一貫校の増加や「ゆとり教育」に端を発する地元の公立校離れから、私立中学校への進学志向が高まっている現状を受けて、山田義塾の再起を賭けて、2008年の2月1日に小学生を対象とした中学受験専門塾をさいたま市大宮区で開校した。大きな合格実績も出せずに2011年2月10日に突然閉校し、3月25日運営していた株式会社大宮教育研究所は解散した。山田義塾 フレッシュアイペディアより)

  • 倉吉市立成徳小学校

    倉吉市立成徳小学校から見た少子化少子化

    現在の児童数は少子化の煽りを受け200人を切っている。倉吉市立成徳小学校 フレッシュアイペディアより)

  • DSKパーソナルスクール

    DSKパーソナルスクールから見た少子化少子化

    最盛期には全国に40校を展開し、平成7年8月期の売上は約70億円であった。個人情報保護法の制定で電話での勧誘が困難になったことや、少子化の影響などで生徒が減少、平成24年3月期の売り上げは約13億1000万円まで減少した。DSKパーソナルスクール フレッシュアイペディアより)

  • 比叡山頂遊園地

    比叡山頂遊園地から見た少子化少子化

    2000年1月24日に閉鎖。主な要因は、不況と少子化による来園者の減少であった。現在、跡地は成人を対象とした文化施設美術館ガーデンミュージアム比叡となっている。そのガーデンミュージアムにリニューアルされて程なくしてから初代「おけいはん」のCM撮影に使われたことがある(淀屋橋の助の「ここはどこだね、おけいはん。」のセリフで始まる)。比叡山頂遊園地 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川町

    梁川町から見た少子化少子化

    西南部は県庁所在地である福島市中心市街まで15km強ということもあり、新興住宅地も分譲されているが、少子化の影響もあって人口はゆっくりと減少している。梁川町 フレッシュアイペディアより)

  • サマーキャンプ

    サマーキャンプから見た少子化少子化

    米国キャンピング協会は2006年に実施された企画の75%において新たな活動項目を追加したことを発表しており、少子化や他の教育プログラムの普及によるキャンプ参加率の減少への対抗策と見られている。サマーキャンプ フレッシュアイペディアより)

  • 菊川市立六郷小学校

    菊川市立六郷小学校から見た少子化少子化

    六郷小学校は、1911年(明治44年)に六郷尋常小学校として現在地に設立された。元を辿れば、1873年(明治6年)に設立された半済学校と神尾(かんのお)学校の二校をルーツとしており、この2校が幾多の統廃合を経て一つに統合、改称されたものである。所在地は菊川市の旧菊川町中心部南東側に位置しており、菊川文化会館アエルが隣接しているほか、比較的至近に、一級河川である菊川が流れ、東名高速道路の菊川ICが所在している。校区は、旧菊川町中心部を堀之内小学校校区と二分した区域に、旧菊川町南東部の郊外地域を加えた区域を占めており、1970年代までは農村地域の小規模校に過ぎなかったが、1980年代になり、見晴台、仲島、県営青葉台団地などの新興住宅地が菊川左岸の丘陵地に次々と開発されたことで児童数が急増。最盛期には850人を超える児童数を数えた年もあったが、近年では少子化により最盛期と比べて半減に近いくらいまで児童数が減少している。仲島地区に「中央小学校」を新設の上、本校から分離させる計画もあったが、計画は白紙化されている。菊川市立六郷小学校 フレッシュアイペディアより)

  • きびの郷ワンダーランド

    きびの郷ワンダーランドから見た少子化少子化

    1980年(昭和55年)7月23日に開園。また1985年(昭和60年)には隣接地にパインツリーゴルフクラブがオープンした。しかしその後、レジャーの多様化や少子化、バブル崩壊などでワンダーランド利用者は減り続けた。末期は土・日曜のみ営業が続けられたが、1996年(平成8年)に撤退した。きびの郷ワンダーランド フレッシュアイペディアより)

  • トラック&フィールド

    トラック&フィールドから見た少子化少子化

    古くは織田幹雄、西田修平、南部忠平、人見絹枝など世界大会でも活躍した選手は多く、日本のトラック&フィールドが弱かったわけではない。ただ昨今の情勢から見るとマラソン、駅伝人気の一方でトラック&フィールドの置かれている環境は決して芳しいものではない。少子化の影響で陸上部のない中学校も増えてきている。また指導者が不在の状況では若い選手の強化もおぼつかない。日本陸連などが様々な改革を生み出していくことが臨まれている。トラック&フィールド フレッシュアイペディアより)

522件中 41 - 50件表示

「少子化対策」のニューストピックワード