522件中 51 - 60件表示
  • 松阪市立柿野小学校

    松阪市立柿野小学校から見た少子化少子化

    1975年(昭和50年)には9学級256人が在籍していたが、少子化が進み、2009年(平成21年)には7学級(うち1学級は特別支援学級)93人まで減少した。松阪市立仁柿小学校を統合した2010年(平成22年)には103人になった。松阪市立柿野小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀市立追浜中学校

    横須賀市立追浜中学校から見た少子化少子化

    1961年4月、過密状態であった横須賀市立田浦中学校から分離、開校した。初代校長には井汲暢が着任した。開校時は木造校舎を使用していたが、1981年から1983年にわたって改築された。1970年代後半には湘南鷹取団地の拡大に伴って生徒数が急増し、横須賀市立鷹取中学校が分離独立した。1990年代以降は学区内が少子化の傾向にあり、生徒数が減少し空き教室が目立っている。横須賀市立追浜中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 菊川市立堀之内小学校

    菊川市立堀之内小学校から見た少子化少子化

    かつては合併前の旧菊川町で最も児童数の多い小学校であったが、静岡県営青葉台団地の完成により六郷小学校のほうが児童数が多くなり、その後も郊外の開発の進展と中心市街地再開発の長期化、少子化の進展により、児童数は減少傾向にある。菊川市立堀之内小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸市50万人都市構想

    水戸市50万人都市構想から見た少子化少子化

    水戸市は、市自体の人口は270,801人(2014年8月1日)である。また、人口約16万人のひたちなか市等が隣接しており、周辺都市との広域合併による50万人都市化は、周辺都市との合意さえうまくいけば十分に可能である。広域合併の大部分の範囲になるとされる、水戸都市圏(水戸市、ひたちなか市、那珂市、笠間市、常陸大宮市、茨城町、大洗町、城里町)の総人口は、660,683人(2000年国勢調査)で、現在のデータは、周辺都市の人口増加で、さらに多いと見られる。また、周辺都市の予想では、少子化による人口減少はあまり深刻ではなく、ひたちなか市などは増加が見込まれている。また、水戸都市圏のみならず、それ以外の周辺都市(石岡市、小美玉市、日立市、常陸太田市、鉾田市、東海村)なども、50万人都市化には有力な合併候補地である。その皮切りに2005年には水戸市と、隣接する内原町が合併した。水戸市50万人都市構想 フレッシュアイペディアより)

  • 南花台

    南花台から見た少子化少子化

    開発面積は、同市では後に開発された南海美加の台に次いで2番目の規模で、世帯数と人口は同市では最大規模のニュータウンであるが、2010年代からは3丁目(UR集合住宅団地)の世帯数減少と少子化を抱えていて、2013年には当地区にあった小学校は2校から1校に統合された。南花台 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文具振興

    日本文具振興から見た少子化少子化

    2010年(平成22年)10月に、日本文具振興は、少子化やパソコンの普及、さらにネット販売の増加による売上高の減少、また、文具券を受け付ける個人経営の文房具店が減少したことも追い打ちをかけ、売上高はピーク時の約3分の1にまで落ち込んでいたため、年内限りで販売と利用を終了することを決定、10月31日に文具券の販売を中止、12月31日をもって有効期限に関わらず全ての文具券の店頭での利用を終了すると発表した。日本文具振興 フレッシュアイペディアより)

  • 世田谷区立用賀中学校

    世田谷区立用賀中学校から見た少子化少子化

    クラスはA組、B組、C組、D組のようにアルファベットで分けられている。かつてはF組までの6クラス存在していたが、少子化や中学受験をする児童の増加で生徒数は減少し、現在はD組までの4クラスとなっている。そのため、現在では空き教室が多数存在し、それらは更衣室や図書室、多目的室、倉庫、視聴覚室、PTA室、進路相談室、教材室などに活用されている。また、2013年度の新入生により5クラスとなり、E組が追加され、倉庫として使われていた空き教室を教室として使用している世田谷区立用賀中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木りえこ

    鈴木りえこから見た少子化少子化

    主に社会現象、とりわけ少子化、女性のライフスタイル、中高年カップルの行動などを調査・分析し、国内外のメディアの取材を受けた。政府の審議会委員(「中央教育審議会」の「少子化時代の教育を考える小委員会」委員、農林水産大臣の諮問委員会「わが国の競馬に関する有識者会議」委員ほか)や、内閣府の広報テレビ番組コメンテーターとしても活躍した。鈴木りえこ フレッシュアイペディアより)

  • 赤城神社 (新宿区)

    赤城神社 (新宿区)から見た少子化少子化

    平成21年(2009年)から22年にかけて「赤城神社 再生プロジェクト」と銘する工事が行われた。老朽化した社殿全体を建て替え、当神社境内に隣接していた幼稚園(私立赤城幼稚園)は少子化などの理由により閉園。その跡地を再開発するにあたり、建築コストを神社側で全て賄うのは難しい状況にあった。赤城神社 (新宿区) フレッシュアイペディアより)

  • 若草野球部狂想曲

    若草野球部狂想曲から見た少子化少子化

    学問にも部活にも特別目立ったところの無いありふれた私立高校。それ故に特に有名私立の多い神戸市にあって、少子化の中、生徒集めと資金難に苦しんでいる。野球部は夏の大会では初戦でコールド負けを喫し、3年生の引退後は男子5人、女子4人と公式戦にすら出られなくなってしまった。直後に転入してきた東の怪物こと西宮光児によってチームの改革が行われ強豪校とも渡り合えるだけの力を付けていくことになる。若草野球部狂想曲 フレッシュアイペディアより)

522件中 51 - 60件表示

「少子化対策」のニューストピックワード