406件中 51 - 60件表示
  • 群馬県立太田女子高等学校

    群馬県立太田女子高等学校から見た少子化少子化

    その起源は1921年(大正10年)創立の太田町立太田実科高等女学校であり、女子高としては1908年創立の桐生女子高等学校、1917年(大正6年)創立の館林女子高等学校に次ぐ、群馬県東部地域でも有数の歴史を持つ伝統校である。1923年に県立に移管。1923年10月15日に太田市大字太田に本校舎が落成され、この日を開校記念日としている。校歌と校章が定められたのは1925年。1948年に現在の名称である群馬県立太田女子高等学校となる。1963年に本校舎を太田市八幡町に全面移転(因みに移転前の昭和17築と昭和25年築校舎が2007年まで現存した)。現在は少子化への対応のため、2000年と2003年に1クラス削減され、1学年普通科6クラスとなっている。2010年に1クラス増やし、1学年普通科7クラスとなっている。群馬県立太田女子高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • GET!フジ丸

    GET!フジ丸から見た少子化少子化

    元々は創立から100周年を迎える名門女子校だったが、少子化による生徒獲得の激化に伴い共学へ移行した。生徒数は男子60人に対し女子は840人。以上のような建前だが実際は、理事長が孫の細川真を入学させるための共学化だった。サッカー部は共学化に併せて新設されたが、学校から全面的な支援を約束されている。GET!フジ丸 フレッシュアイペディアより)

  • 生涯スポーツ

    生涯スポーツから見た少子化少子化

    都市化・少子化などによって外遊びの機会が減少し、体力が低下している乳幼児・児童から、高齢化社会における生きがいを求める高齢者まで、幅広い年代層を対象とするほか、障害者スポーツもこの範疇に含まれる。一般に、生涯スポーツは競技スポーツよりも運動強度が低いのが特徴で、既存のスポーツに加えて、体力に過剰な負荷をかけることなく気軽に行える、さまざまなニュースポーツも考案されている。生涯スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立松尾高等学校

    千葉県立松尾高等学校から見た少子化少子化

    開校以来、女子校一筋で生徒を輩出してきていたが、少子化による生徒減少の影響で、2006年度より共学化を開始した。千葉県立松尾高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉大学教育学部附属小学校

    千葉大学教育学部附属小学校から見た少子化少子化

    元々は4クラス編成だったが、少子化の影響で近年3クラスに削減された。千葉大学教育学部附属小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 空き教室

    空き教室から見た少子化少子化

    もっぱら少数の児童又は生徒により構成される集団を単位として行う授業の用に供するものとして設けられる教室(義務教育諸学校施設費国庫負担法施行令第2条第1項)。コース別授業(興味別授業・習熟度別授業)の際に普通教室を使用する教科の学級を分割するため、そのために使用される。少子化による空き教室を利用している場合が多い。小学校などでは特に一部で実験的に進められている。 例をあげると「国語科室」「社会科室」といったものである。空き教室 フレッシュアイペディアより)

  • 専門大学

    専門大学から見た少子化少子化

    また企業側の見地ではコストパフォーマンス(四大卒に比べ低賃金で即戦力になる)に優れている点から、新規卒業時における就職率は高い。近年は少子化と90年代の大学設置基準緩和による定員拡大によって専門大学や地方の四年制大学を中心に定員割れが深刻化している。また、学歴社会の影響で四年制大学への編入試験が盛んに行われている。近年は三年制課程の対象を拡大している。専門大学 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽小野田市立埴生小学校

    山陽小野田市立埴生小学校から見た少子化少子化

    少子化の影響は埴生小学校にも現れている。1980年代後半には1学年3クラスあった(第二校舎の壁画に面影がみられる)が、1990年代中ごろには1学年2クラス(40-60人台)となる。1999年(平成11年)には1クラスの学年が出現するようになり、現在では1クラスの学年が多くなりつつある。このため、元来1学年3クラスで設計されていた校舎は空き教室が増加しており、現在では第一校舎は教室としては利用されなくなりつつある。短期的な児童数の増減は海上自衛隊小月航空基地の官舎のある西大木地区の動向に頼る面が大きく、1999年度に1クラスの学年が出現した原因も当地区の児童の転出が続出したことであった。山陽小野田市立埴生小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大学倒産時代

    大学倒産時代から見た少子化少子化

    大学倒産時代(だいがくとうさんじだい)とは、日本国内において経営に行き詰まり多くの大学が倒産する事態を表す俗語である。大学倒産時代が発生する主な原因は少子化が挙げられており、長引く不況も影響しているとされる。進学希望者はあまり増えないのに対して大学側の学生募集人数は増え続けており、大学とその学生募集定員数は過剰気味となっている。入学希望者の少ない大学では「大学全入時代」と呼ばれるAO入試のような甘い入学試験によって新入学生の確保に務めているが、定員枠に対して半数程しか満たせない大学のように授業料と国からの補助金という収入が計画より大きく減ってしまって、学校法人の経営継続が困難になるところが多数現われている。短期大学では前世紀から学生が集まらずに倒産しているという例は少なくなかったものの1、2009年には短期大学に加えて数多くの4年生大学まで募集停止を発表している。なお、現時点では前述のように募集停止をしたもの、民事再生法適用して生まれ変わった大学はあるものの、 完成年度を迎えている正規の四年制大学が完全に閉鎖した事例はない。大学倒産時代 フレッシュアイペディアより)

  • 性別役割分業

    性別役割分業から見た少子化少子化

    1990年代から2000年代の経済の停滞・賃金の下落傾向により、共働きが増加し、夫婦間での役割(日本語の「ジェンダー・ロール」)が見直されつつある。少子化から労働力不足が懸念され、労働力の増加を期待した男女共同参画の政策を政府が進めている。性別役割分業 フレッシュアイペディアより)

406件中 51 - 60件表示

「少子化対策」のニューストピックワード