406件中 71 - 80件表示
  • 菊川市立堀之内小学校

    菊川市立堀之内小学校から見た少子化少子化

    かつては合併前の旧菊川町で最も児童数の多い小学校であったが、静岡県営青葉台団地の完成により六郷小学校のほうが児童数が多くなり、その後も郊外の開発の進展と中心市街地再開発の長期化、少子化の進展により、児童数は減少傾向にある。菊川市立堀之内小学校 フレッシュアイペディアより)

  • なぞらえ屋

    なぞらえ屋から見た少子化少子化

    社会の少子高齢化と核家族化による世代隔絶によって、21世紀に入ってなお伝承や迷信が軽んじられる風潮に危惧を抱いた、当時の四谷於岩稲荷田宮神社の禰宜が有里にその悩みを打ち明けた事により「現代に通用する新世代の怪談 」を創作する試みで製作された作品群である。なぞらえ屋 フレッシュアイペディアより)

  • 幼保一元化

    幼保一元化から見た少子化少子化

    幼保一元化(ようほいちげんか)は、少子化の進行、育児サービスの多様化に伴って生じている幼稚園と保育所の抱える問題点を解決するべく、幼稚園と保育所の一元化を図ろうとする政策である。幼保一元化 フレッシュアイペディアより)

  • 消費社会

    消費社会から見た少子化少子化

    消費社会では、商品を購入する能力で、優劣が決まる。少子化で、購買力の高まった子供は、今や子供扱いされておらず、一人前の消費者として扱われている。消費社会は、大人と子供の関係に、影響を及ぼしている。消費社会 フレッシュアイペディアより)

  • 錦江町立宿利原中学校

    錦江町立宿利原中学校から見た少子化少子化

    2008年(平成20年)3月、過疎化と少子化により、田代中学校を除く町内の他の3中学校と共に「錦江町立錦江中学校」へ統合され、廃校となった。錦江町立宿利原中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 錦江町立池田中学校

    錦江町立池田中学校から見た少子化少子化

    2008年(平成20年)3月、過疎化と少子化により、町内の他の3中学校(大根占中学校、神川中学校、宿利原中学校)と共に「錦江町立錦江中学校」に統合され、閉校した。錦江町立池田中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 無縁仏

    無縁仏から見た少子化少子化

    たとえ数代は供養する子孫が続いたとしても、縁者が遠方に移転したり、代が途切れたりすればいずれ無縁仏と化す。確率論的には子々孫々まで供養される可能性の方がはるかに低く、全ての墓はいずれ無縁化する運命をたどる。一部にはこうした考えを背景に墓など作らず、自然葬や海洋散骨などの方法で、直接遺骨を海、山などの大自然の循環の中に返させようとする人々もある。これは都市部などに見られる墓地不足、墓園や宗教団体の商業主義に対する反感、宗教観の変化、核家族化、少子化による管理維持への不安なども背景にあるものと考えられる。無縁仏 フレッシュアイペディアより)

  • みさき公園

    みさき公園から見た少子化少子化

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) の開業や少子化などの影響から苦戦を強いられている関西私鉄経営の遊園地だが、京阪電気鉄道のひらかたパークと共に順調な経営を行っている。特に、後述する動物園併設型施設の特性を活かし、「低炭素社会」「生物多様性に貢献する」環境にやさしい鉄道の象徴という私鉄経営における動物園(併設型遊園地)の新しい意義を提示した(南海電鉄CSR報告書2009 p2-7)。なお、姉妹遊園地として大阪府大阪狭山市に「さやま遊園」があったが、2000年に閉園している。みさき公園 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市立二条城北小学校

    京都市立二条城北小学校から見た少子化少子化

    少子化による児童の減少に伴い、1998年に出水小学校と待賢小学校が統合し、二条城北小学校が開校した。校舎は旧出水小学校のものを使用している。京都市立二条城北小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 亀岡市立亀岡小学校

    亀岡市立亀岡小学校から見た少子化少子化

    長年、亀岡市内最大の小学校であり、1000人を超える生徒が通っていたが、校区内の人口の高齢化と少子化により生徒数は現在、ピーク時の半分以下である。又、市内中心部であり旧亀岡町地域(通称:旧町)に存在するため長年、亀岡市内の初等教育の中心的存在であり障害児学級や、聴覚や言語に障害を持つ生徒の為の施設が併設されている。亀岡市立亀岡小学校 フレッシュアイペディアより)

406件中 71 - 80件表示

「少子化対策」のニューストピックワード