522件中 81 - 90件表示
  • 大学倒産時代

    大学倒産時代から見た少子化少子化

    大学倒産時代(だいがくとうさんじだい)とは、日本国内において経営に行き詰まり多くの大学が倒産する事態を表す俗語である。大学倒産時代が発生する主な原因は少子化が挙げられており、長引く不況も影響しているとされる。進学希望者はあまり増えないのに対して大学側の学生募集人数は増え続けており、大学とその学生募集定員数は過剰気味となっている。入学希望者の少ない大学では「大学全入時代」と呼ばれるAO入試のような甘い入学試験によって新入学生の確保に務めているが、定員枠に対して半数程しか満たせない大学のように授業料と国からの補助金という収入が計画より大きく減ってしまって、学校法人の経営継続が困難になるところが多数現われている。短期大学では前世紀から学生が集まらずに倒産しているという例は少なくなかったものの(廃止された日本の短期大学一覧)、2009年には短期大学に加えて数多くの4年制大学まで募集停止を発表している。なお、現時点では前述のように募集停止をしたもの、民事再生法適用して生まれ変わった大学はあるものの、 完成年度を迎えている正規の四年制大学が完全に閉鎖した事例はない。大学倒産時代 フレッシュアイペディアより)

  • 小浜市立遠敷小学校

    小浜市立遠敷小学校から見た少子化少子化

    小浜市教育施設等研究委員会の答申(平成16年9月1日)をうけ、小浜市教育委員会は、少子化の影響による小学校統合の試案(4校案)を作成し、小学校統合に向けた取り組みを始めた。小浜市立遠敷小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 徳留祐太

    徳留祐太から見た少子化問題少子化

    その一環として、日本の少子化問題に伴う入学志願者減少に悩む各大学の教育体系改組や大学ブランド力の向上、並びに文部科学省が推進する高等教育改革支援事業への対応、及び地域活性化や産学官民の発展的相乗効果を目的とした大学コンソーシアムの運営支援等、教育関連のプロデュースを中心に「日本の未来を担う学生達の支援」をコンセプトに教育研究・評論家としても活動している。徳留祐太 フレッシュアイペディアより)

  • 学校支援ボランティア

    学校支援ボランティアから見た少子化少子化

    このように学校改革の流れが1つの土台であることは間違いないが、学校支援ボランティアの登場はそれだけを因としているわけではない。この制度が登場した背景としては、さらに、学校内部の問題と学校外部の問題の相互関係が考えられるのである。現状として、学校内部には、教員の平均年齢の上昇、外国籍児童の増加、少子化による学校規模の縮小など、様々な原因が入り混じり、学校教育をその内部人材だけで運営することが難しくなってしまったという問題がある。他方、学校外部には、団塊の世代の集団退職など、地域の高齢化が進む中で、高い技術や専門知識を持った人材が自己実現を果たす場所が確保できていないという問題が存在する。学校支援ボランティアは、この2つの問題を仲立ちしながら解決していく可能性を持っているのである。つまり、人手不足に悩んでいる学校が、引退組として地域に埋もれている人々を人材として登用することで、お互いのニーズを満たすことが可能となるのである。学校支援ボランティア フレッシュアイペディアより)

  • 熊野市立木本小学校

    熊野市立木本小学校から見た少子化少子化

    昭和30年(1955年)代には1,000人を超す児童が学んでいたが、少子化や過疎化に伴う児童の減少により、クラスが減ってきている。熊野市立木本小学校 フレッシュアイペディアより)

  • カッパピア

    カッパピアから見た少子化少子化

    最盛期は年間60万人以上の来客者があったが、バブル崩壊後からは入場者数は年々減少し、少子化・娯楽の分散化により、1998年度には年間入場者数が過去最低の8万5000人を記録、その後も10万人台にとどまった。また末期には施設の老朽化も著しく、存続が困難な状況であった。2003年11月30日、42年間の営業に幕を下ろし閉鎖。閉園時に開園当時から残っていた遊具は、海賊船の形をしたジャングルジムとすべり台だった。カッパピア フレッシュアイペディアより)

  • 千光寺山グリーンランド

    千光寺山グリーンランドから見た少子化少子化

    海と島の博覧会が開催された1989年、大きくリニューアルして「千光寺山グリーンランド」となる。その初年度には31万6500人が訪れたが、次年度には21万人に落ち込むなど、その後のバブル崩壊、少子化、レジャーの多様化で年々減り続け、通年の営業を1995年度からシーズン(ゴールデンウィークや盆、秋の行楽期、年始など)のみの営業に短縮していた。千光寺山グリーンランド フレッシュアイペディアより)

  • 齢構成

    齢構成から見た少子化少子化

    一般には衛生状態のよくない国では、幼児死亡率が高いため、最低年齢層から若年層の間に人数が大きく減り、その後は年齢が進むにつれて次第に人数が減るのでグラフの見かけはピラミッド形となる。衛生状態のよい国では、高年齢層までは人数がさほど変わらず、その後急に減少するので、釣鐘型になる。いずれにせよ、年齢構成がある程度安定した国では、年齢層が高いほど人数が少なくなる。日本の場合、高齢化と少子化のため、低年齢層がむしろ少ないことになるが、このような状態は安定したものとは見なせず、やがて年齢構成に大きな変化が生じることが予見できる。齢構成 フレッシュアイペディアより)

  • 土地活用モデル大賞

    土地活用モデル大賞から見た少子化少子化

    少子化に伴い廃校となった中学校を、ギャラリーや芸術系の事務所として賃貸することで、新しい観光・コミュニティーの場を作り上げた。土地活用モデル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤泰三

    佐藤泰三から見た少子化少子化

    専門は医療行政・福祉政策等。産婦人科医であることから少子化問題にも取り組む。また自身が高齢のため老人福祉問題にも取り組む。佐藤泰三 フレッシュアイペディアより)

522件中 81 - 90件表示

「少子化対策」のニューストピックワード