406件中 81 - 90件表示
  • 川口市立川口総合高等学校

    川口市立川口総合高等学校から見た少子化少子化

    2012年5月、少子化による生徒減に対応するため、川口市より川口市立川口総合高等学校・川口市立川口高等学校・川口市立県陽高等学校の三校を統合廃止し、新たに一校を開校する「新校基本計画」が発表された。新校は2018年度開校予定。現在の川口総合高校に校舎を新築するとともに第1グラウンドを設ける。市立川口高校校地は第2グラウンドに再整備される。県陽高校校地は跡地利用を検討する。新校には全日制普通科(1学年10クラス400名)・全日制理数科(1学年2クラス80名)・定時制総合科(1学年3クラス480名)を設置。新校名は2016年度に決定、現在の三校は2017年度まで生徒募集を継続する。川口市立川口総合高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 藤三商会

    藤三商会から見た少子化少子化

    バブル崩壊後の個人消費低迷、少子化、デザート類の多様化などにより、収益の中心であったアイスクリームの受注が伸び悩んでいた。藤三商会 フレッシュアイペディアより)

  • 駄菓子屋

    駄菓子屋から見た少子化少子化

    駄菓子屋は1980年代から著しい減少傾向が続いている。小学校近辺にある子供を相手にした店などは、少子化の影響、子供たちの遊びに対する嗜好の変化、あるいは子供らが経済的に豊かになったこと、衛生的で商品も豊富なコンビニエンスストアの増加、またスナック菓子などの人気によって、駄菓子そのものが「程度の低いお菓子」として児童や保護者らに嫌われたこと、また店舗の後継者不足、などさまざまな要因から、お婆さんが住居兼用で営む街中の駄菓子屋さんはかなり減少している。ただ、この時代に多感な年齢だった者の中には、同業態に思い入れを示す者もおり、様々な動きも見られる。駄菓子屋 フレッシュアイペディアより)

  • 春恋*乙女 〜乙女の園でごきげんよう。〜

    春恋*乙女 〜乙女の園でごきげんよう。〜から見た少子化少子化

    ごく普通の青年「早坂章仁」の通っていた学校「鷹宮学園」は少子化の影響を受け、不幸にもその年、廃校となってしまった。やむなく章仁は、やはり少子化が原因でその年から男女共学となった元女子学園「聖フランチェスカ学園」に編入することとなる。しかしそこはまるで少女漫画に登場するようなお嬢様ばかりの学園だった。しかも共学になりたてということもあって、編入先のクラスの男子生徒は章仁ただ一人。今まで会ったこともないような上流家庭の同級生達に囲まれカルチャーショックを受けつつも彼は、お年頃な妹「羽未」や完全無欠の超お嬢様「如耶」、再会した幼馴染の「結衣佳」に神秘的な後輩「ソーニャ」、勝気な同級生「莉流」におっとりした先輩の「彩夏」、そして馴れ馴れしい男友達「及川」らと共に刺激に満ち溢れた学園生活をスタートさせる。春恋*乙女 〜乙女の園でごきげんよう。〜 フレッシュアイペディアより)

  • 婦人生活社

    婦人生活社から見た少子化少子化

    同年1月15日、事務所を閉鎖、業務を停止した。出版不況や少子化が長期的原因、短期的には急激に雑誌を休刊した結果、資金がショートしたためで、負債総額は約28億円、同月20日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。同月30日、角川・エス・エス・コミュニケーションズが雑誌『セサミ』の営業権を買収で合意したと発表した。同月までに、インターネットサービス「子育てF-Net」会員総数が3,000人に到達、会社破産・雑誌廃刊に関わらず、続行を決める。同年10月1日、特定非営利活動法人化を目指し、新たに規約を発表する。婦人生活社 フレッシュアイペディアより)

  • 青木玲子

    青木玲子から見た少子化少子化

    青木 玲子(あおき れいこ, 1956年4月2日-)は、日本の経済学者。専門は産業組織論、応用ミクロ理論。一橋大学経済研究所教授。経済学博士(スタンフォード大学)。専門は理論経済学であるが、研究領域は知的財産から技術開発、商品差別化、少子化の経済学まで多岐にわたる。また、日本におけるドメイン投票方式の第一人者としても知られている。青木玲子 フレッシュアイペディアより)

  • 千光寺山グリーンランド

    千光寺山グリーンランドから見た少子化少子化

    海と島の博覧会が開催された1989年、大きくリニューアルして「千光寺山グリーンランド」となる。その初年度には31万6500人が訪れたが、次年度には21万人に落ち込むなど、その後のバブル崩壊、少子化、レジャーの多様化で年々減り続け、通年の営業を1995年度からシーズン(ゴールデンウィークや盆、秋の行楽期、年始など)のみの営業に短縮していた。千光寺山グリーンランド フレッシュアイペディアより)

  • 若草野球部狂想曲

    若草野球部狂想曲から見た少子化少子化

    学問にも部活にも特別目立ったところの無いありふれた私立高校。それ故に特に有名私立の多い神戸市にあって、少子化の中、生徒集めと資金難に苦しんでいる。野球部は夏の大会では初戦でコールド負けを喫し、3年生の引退後は男子5人、女子4人と公式戦にすら出られなくなってしまった。直後に転入してきた東の怪物こと西宮光児によってチームの改革が行われ強豪校とも渡り合えるだけの力を付けていくことになる。若草野球部狂想曲 フレッシュアイペディアより)

  • 日本スクールコーチ協会

    日本スクールコーチ協会から見た少子化少子化

    現代には学習意欲の低下、いじめ、不登校等の問題のほか、核家族化、少子化、価値観の多様化、家庭においてのコミュニケーション不足など様々な事情から他人との意思の疎通がうまく取れず、将来に対しての不安がある青少年が存在する。そのような現状に対して、コーチング(人の可能性を引き出すコミュニケーション技術)を通して、青少年が自分自身の才能や可能性に気づき、自分の目指す人生に向かって生きていけるように支援するため、スクールコーチ(コーチングの専門技術を身につけて、学校等の教育現場で青少年をサポートする人)の養成やその普及のための講演会やセミナー等を開催し、教育機関との連携をより円滑にしている。日本スクールコーチ協会 フレッシュアイペディアより)

  • でもしか先生

    でもしか先生から見た少子化少子化

    高度経済成長時代の終焉後(特に1990年代以降)は、日本国内の経済の低迷化や少子化に伴って学校の教師の採用枠は激減し、教師の採用試験は極めて競争率の高い狭き門となっているため、学校教育に対してよほど強い熱意を示すことのできる能力の高い者でなければ教師の採用試験に合格することはほぼ不可能になり、現在では「でもしか先生」という言葉が日常使われることはほとんどなくなっている。でもしか先生 フレッシュアイペディアより)

406件中 81 - 90件表示

「少子化対策」のニューストピックワード