前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示
  • 少子化

    少子化から見た上野千鶴子

    出産しない、出来ない女性の立場からは、フェミニストの社会学者、上野千鶴子が『1・57ショック 出生率・気にしているのはだれ?』(1991年)を著し、社会的整備を抜きに女性に対し一方的に子育てを押しつける社会のあり方に疑問を投げかけた。「気にしている」のは、「子供がいない女性」ではなく、政府・財界だと説明したのである。この上野の著作が嚆矢(初め)となって様々な著作が書かれている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た講談社

    酒井順子著『少子』講談社、2000年12月、ISBN 4062104164 / 講談社文庫(改訂版)、2003年12月、ISBN 4062739097少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たシルヴィオ・ベルルスコーニ

    こうした中でベルルスコーニ政権は出産に際しての一時金(出産ボーナス)の導入や公的教育機関での奨学金受給枠拡大、医療産業への支援を行なった。結果2005年に出生率は1.33人にまで回復したが、依然として出生率そのものは世界的にかなり低い水準に留まっている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たマーガレット・サッチャー

    イギリスは1960年代後半から出生率が下がり1990年代後半まで1.6人前後で推移していた。トニー・ブレア労働党政権以後、フレキシブル制度の奨励をはじめとする労働環境の改善やサッチャー保守党政権下で発生した公教育崩壊の建て直し(具体的には予算の配分増加・NPOによる教育支援)、外国人の出産無料などが行なわれた。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た野田聖子

    野田聖子著『だれが未来を奪うのか 少子化と闘う』講談社、2005年5月、ISBN 4062128330少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たウラジーミル・プーチン

    ロシアではソ連崩壊後、妊娠中絶や離婚の増加で出生率が低下し、他にも社会情勢の混乱による死亡率上昇や他国への移住による人口流出のため、1992年に主要国で最も早く人口減少過程に入った。以降、人口の自然減が続き、ウラジーミル・プーチン大統領は演説で「年間70万人の人口が減っている」と述べた。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たトニー・ブレア

    イギリスは1960年代後半から出生率が下がり1990年代後半まで1.6人前後で推移していた。トニー・ブレア労働党政権以後、フレキシブル制度の奨励をはじめとする労働環境の改善やサッチャー保守党政権下で発生した公教育崩壊の建て直し(具体的には予算の配分増加・NPOによる教育支援)、外国人の出産無料などが行なわれた。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た中川正春

    人口減少下において労働人口および消費人口を確保するための施策として、移民を積極的に受け入れることが挙げられる。日本の少子化対策担当大臣である中川正春は2012年2月23日に報道各社とのインタビューにて、「北欧諸国や米国は移民政策をみんな考えている。そういうものを視野に入れ、国の形を考えていく」と発言し、出生力回復を目指すだけでは人口減少を食い止めることは困難であるとの認識を示した。しかし、移民受け入れには反対する人が多く、断固反対だという人が半数近くになったアンケートもあり、移民受け入れによる文化による摩擦、雇用や賃金の問題を懸念する声があり、現に移民を積極的に受け入れているフランスでは2005年に移民問題を背景とした大規模暴動が起こっている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た日本経済新聞社

    古田隆彦著『人口波動で未来を読む』日本経済新聞社,1996年3月、ISBN 4532144620少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た幻冬舎

    古田隆彦著『日本人はどこまで減るか』幻冬舎、2008年5月、ISBN 9784344980846少子化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示

「少子化対策」のニューストピックワード