161件中 91 - 100件表示
  • 少子化

    少子化から見たタイ王国

    中国やタイでも出生率が人口置換水準を下回っている。多くのアジア諸国では出生率が人口置換水準を上回っているものの低下傾向にある国が多い。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たウリヤノフスク州

    ソ連時代には200万人を超えていた出生数は1999年には121万人に減少した。2000年にプーチン大統領が就任して以降、プーチン大統領による少子化対策が行なわれるようになり2006年には大胆な少子化対策を打ち出した。2007年以降に第二子を出産した母親に、その子が3歳になった日以降に25万ルーブルの使途限定資金を支給することにした。(25万ルーブルの使途は、マイホームの購入・改築、教育、年金積立のいずれかである。)このほかプーチン大統領は、児童手当や産休中の賃金保障額の引上げなども行なった。ウリヤノフスク州知事であるセルゲイ・モロゾフ知事は、2007年以降、9月12日を「家族計画の日」を制定し、「家族計画の日」で受精して9か月後にロシア独立記念日である6月12日に出産した母親に賞品を贈与するという。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た人口密度

    他にも日本の人口密度は、世界的に見ても高いので、人口の減少による人口密度の低下は望ましく、都市部の過密解消、地価下落、住環境や自然環境の改善などに寄与する、との意見がある。これに対し、近代の社会システムは労働力と資本の集約を前提としており、都市部への人口集中が続く限り、人口の減少は過疎地の増大と地方都市の荒廃をもたらすだけだ、との反論がある。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た次世代育成支援対策推進法

    2003年、政府は次世代育成支援対策推進法を成立・公布し、出産・育児環境の整備を進めている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た台湾

    韓国、台湾、香港、シンガポールなどのNIESでは1960年代 - 70年代に出生率が急激に低下し、日本を超える急速な少子化が問題となっている。2003年の各国の出生率は、香港が0.94、台湾が1.24、シンガポールは1.25、韓国は02年で1.17である。家族構成の変化や女性の社会進出(賃金労働者化)、高学歴化による教育費の高騰など日本と同様の原因が指摘されている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た家族

    韓国、台湾、香港、シンガポールなどのNIESでは1960年代 - 70年代に出生率が急激に低下し、日本を超える急速な少子化が問題となっている。2003年の各国の出生率は、香港が0.94、台湾が1.24、シンガポールは1.25、韓国は02年で1.17である。家族構成の変化や女性の社会進出(賃金労働者化)、高学歴化による教育費の高騰など日本と同様の原因が指摘されている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たドイツ

    女性の人工中絶を禁止することが少子化対策になるのではないかという意見がある。しかし、人工中絶を悪しきものとする倫理観が高いカトリック国のイタリアとドイツも、人工中絶数が多いロシアも、ともに日本並みに出生率が低く、人工中絶数と少子化の度合いに直接の関連性はみられない。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た低開発国

    20世紀の後半以後、感染症の予防法と治療法の確立、生活習慣病の予防法と治療法の確立、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術の確立は、先進国だけでなく、開発途上国にも低開発国にも普及し、先進国では大部分の国が合計特殊出生率が2人未満になり、開発途上国でも2人未満の国や2人台が大部分になり、低開発国でも20世紀前半の先進国よりも低くなっている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た医学

    20世紀の後半になると産業と経済の発展、政府の収入の増大と社会保障支出の増大、科学と技術の向上、医学と医療技術の向上などの結果、感染症の予防法と治療法が確立されたので、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率、乳幼児死亡率、成人死亡率は著しく減少し。感染症の予防法と治療法だけでなく、生活習慣病の予防法と治療法が確立され、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術も確立されたので、平均寿命は著しく上昇し、種の保存の法則から、合計特殊出生率は著しく低下し、多産多死の社会から少産少死の社会に移行した。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た学歴

    韓国、台湾、香港、シンガポールなどのNIESでは1960年代 - 70年代に出生率が急激に低下し、日本を超える急速な少子化が問題となっている。2003年の各国の出生率は、香港が0.94、台湾が1.24、シンガポールは1.25、韓国は02年で1.17である。家族構成の変化や女性の社会進出(賃金労働者化)、高学歴化による教育費の高騰など日本と同様の原因が指摘されている。少子化 フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「少子化対策」のニューストピックワード