161件中 11 - 20件表示
  • 少子化

    少子化から見た野村総合研究所

    中村実、安田純子著『ベビーブーマー・リタイアメント 少子高齢化社会の政策対応』野村総合研究所広報部、2004年12月、ISBN 4889901159少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た集英社

    鈴木りえこ著『超少子化 危機に立つ日本社会』集英社、2000年7月、ISBN 4087200434少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た社会保障

    20世紀の後半になると産業と経済の発展、政府の収入の増大と社会保障支出の増大、科学と技術の向上、医学と医療技術の向上などの結果、感染症の予防法と治療法が確立されたので、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率、乳幼児死亡率、成人死亡率は著しく減少し。感染症の予防法と治療法だけでなく、生活習慣病の予防法と治療法が確立され、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術も確立されたので、平均寿命は著しく上昇し、種の保存の法則から、合計特殊出生率は著しく低下し、多産多死の社会から少産少死の社会に移行した。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た朝日新聞社

    朝日新聞社経済部編『日本縮小 ダウンサイジング社会への挑戦』朝日新聞社、2004年4月、ISBN 4022579099少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た内閣府

    内閣府編『「人口減少下の経済に関する研究会」中間報告書』経済企画庁総合計画局、2000年6月少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た2009年

    これらの対策により1999年には121万人まで減少した出生数は2008年には171万人までに増加し、2003年には79万人でピークを迎えた減少数は2008年には10万人にまで減少して改善した。合計特殊出生率は、1999年に最低の1.17を記録した後上昇し、2009年には1.6となっている。他にも近年は医療水準の向上や経済の再建による社会の安定等により死亡率は低下し、また中央アジア諸国からの移民による社会増数も増加しており、これに伴い1992年以降続いている人口減少は近年は改善傾向にあり人口減少問題に解決の兆しが見えている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たPHP研究所

    古田隆彦編著『人口減少ショック』PHP研究所,1993年10月、ISBN 456954098-8少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た勁草書房

    池本美香著『失われる子育ての時間 少子化社会脱出への道』勁草書房、2003年7月、ISBN 4326652829少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た毎日新聞社

    毎日新聞社人口問題調査会編『少子高齢社会の未来学』論創社、2003年12月、ISBN 4846003787少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た日本評論社

    阿藤誠著『現代人口学 少子高齢社会の基礎知識』日本評論社、2000年11月、ISBN 4535552274少子化 フレッシュアイペディアより)

161件中 11 - 20件表示

「少子化対策」のニューストピックワード