161件中 51 - 60件表示
  • 少子化

    少子化から見た一人っ子政策

    人口抑制政策である1人っ子政策が1979年に開始され、あわせて「晩婚」「晩産」「少生(少なく産む)」「稀(1人目と2人目の時間を開ける)」「優生(優秀な人材を産もう)」の5つのスローガンが掲げられた。この方針が人口ピラミッドの年代別の人口バランスに影響を与え、今後の推移予想から、2050年時点で65歳以上の人口が4億人を越えると見られている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た少子社会

    日本政府は平成16年版少子化社会白書において「合計特殊出生率が人口置き換え水準をはるかに下まわり、かつ、子供の数が高齢者人口(65歳以上人口)よりも少なくなった社会」を「少子社会」と定義している。日本は1997年に少子社会となった。日本の人口置換水準は2.08と推計されているが、日本の出生率は1974年以降2.08を下回っており、日本の総人口は2005年に戦後初めて自然減少した。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た科学

    20世紀の後半になると産業と経済の発展、政府の収入の増大と社会保障支出の増大、科学と技術の向上、医学と医療技術の向上などの結果、感染症の予防法と治療法が確立されたので、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率、乳幼児死亡率、成人死亡率は著しく減少し。感染症の予防法と治療法だけでなく、生活習慣病の予防法と治療法が確立され、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術も確立されたので、平均寿命は著しく上昇し、種の保存の法則から、合計特殊出生率は著しく低下し、多産多死の社会から少産少死の社会に移行した。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た一人親家庭

    むしろ、事実婚や一人親家庭などの多様な家族のあり方に対して社会が寛容である事、シングルマザーでも働きながら何人も子供を生み育てることが可能な労働環境と育児支援が法整備されていることが最大の特徴と言える。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た高齢化社会

    日本政府は出生力回復を目指す施策を推進する一方、少子高齢化社会に対応した社会保障制度の改正と経済政策の研究に取り組んでいる。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た東京大学出版会

    阿藤誠編『先進諸国の人口問題 少子化と家族政策』東京大学出版会、1996年9月、ISBN 4130501348少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た原書房

    大淵寛・高橋重郷編著『少子化の人口学』原書房、2004年10月、ISBN 4562090952少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たぎょうせい

    内閣府編『少子化社会白書 平成16年版』ぎょうせい、2004年12月、ISBN 4324075670少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た情報センター出版局

    古田隆彦著『日本はなぜ縮んでゆくのか』情報センター出版局,1999年7月, ISBN 479542982-9少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た中央公論新社

    柏木恵子著『子どもという価値 少子化時代の女性の心理』中央公論新社、2001年5月、ISBN 4121015886少子化 フレッシュアイペディアより)

161件中 51 - 60件表示

「少子化対策」のニューストピックワード