161件中 81 - 90件表示
  • 少子化

    少子化から見た新生児死亡率

    20世紀の前半までは感染症の予防法も治療法も確立されていなかったので、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率、乳幼児死亡率、成人死亡率が現在と比較して著しく高く、生活習慣病の予防法も治療法も確立されてなく、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術も確立されていなかった。そのような社会状況では平均寿命は50歳前後が限界であり、死亡率の高さを補うために種の保存の法則から、健康で妊娠出産能力がある女性は、10代の後半や20代前半から40代前半や40代後半まで産めり限り産む考えの社会であり、多産多死の社会であり、十代の出産も高齢出産も現在よりも実数で多かった。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た衆議院

    2003年7月23日、超党派の国会議員により少子化社会対策基本法が成立し、9月に施行された。衆議院での審議過程で「女性の自己決定権の考えに逆行する」との批判を受け、前文に「結婚や出産は個人の決定に基づく」の一文が盛り込まれた。基本法は少子化社会に対応する基本理念や国、地方公共団体の責務を明確にした上で、安心して子供を生み、育てることのできる環境を整えるとしている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た未婚

    未婚化・晩婚化の進展がより強く少子化に影響しているという側面もある。また、結婚した場合も経済的理由により子供が生まれたときの十分な養育費が確保できる見通しがたたないと考え、出産を控える傾向がある。子育てにかかる費用が高いことも要因として指摘されている。国民生活白書によれば子供一人に対し1300万円の養育費がかかるという。但しこの数値は基本的な生活費によるもので、高校や大学への進学費を含めると最低2,100万円はかかるという。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たフェミニスト

    出産しない、出来ない女性の立場からは、フェミニストの社会学者、上野千鶴子が『1・57ショック 出生率・気にしているのはだれ?』(1991年)を著し、社会的整備を抜きに女性に対し一方的に子育てを押しつける社会のあり方に疑問を投げかけた。「気にしている」のは、「子供がいない女性」ではなく、政府・財界だと説明したのである。この上野の著作が嚆矢(初め)となって様々な著作が書かれている。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た渋谷区

    厚生労働省の1998年から2002年までの人口動態統計によると、市区町村別の合計特殊出生率は渋谷区が最低の 0.75 であり、最高は沖縄県多良間村の 3.14 であった。少子化傾向は都市部に顕著で、2004年7月の「平成15年人口動態統計(概数)」によれば、最も合計特殊出生率が低い東京都は全国で初めて 1.00 を下回った(発表された数字は 0.9987 で、切り上げると1.00となる)。一方、出生率の上位10町村はいずれも島(島嶼部)であった。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た臓器移植

    20世紀の前半までは感染症の予防法も治療法も確立されていなかったので、妊産婦死亡率・周産期死亡率・新生児死亡率・乳児死亡率、乳幼児死亡率、成人死亡率が現在と比較して著しく高く、生活習慣病の予防法も治療法も確立されてなく、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術も確立されていなかった。そのような社会状況では平均寿命は50歳前後が限界であり、死亡率の高さを補うために種の保存の法則から、健康で妊娠出産能力がある女性は、10代の後半や20代前半から40代前半や40代後半まで産めり限り産む考えの社会であり、多産多死の社会であり、十代の出産も高齢出産も現在よりも実数で多かった。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た厚生省

    その後さらに出生率減少傾向が進み、1987年には一年間の出生数が丙午のため出産抑制が生じた1966年(約138万人)の出生数を初めて割り込み、出生数は約135万人であった。1989年の人口動態統計では合計特殊出生率が1.57となり、1966年の1.58をも下回ったため「1.57ショック」として社会的関心を集めた。同年、民間調査機関の未来予測研究所は『出生数異常低下の影響と対策』と題する研究報告で2000年の出生数が110万人台に半減すると予想し日本経済が破局的事態に陥ると警告した。一方、厚生省(現・厚生労働省)の将来人口推計は出生率が回復するという予測を出し続けた。1992年度の国民生活白書で少子化という言葉が使われ、一般に広まった。さらに、1995年に生産年齢人口(15?64歳)が最高値(8717万人)となり、1996年より減少過程に入った。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た中小企業庁

    中小企業庁は「配偶者や子供がいる割合」は概ね所得の高い層に多く、所得が低くなるに従って未婚率が高くなるという傾向があり、低収入のフリーターの増加は、結婚率、出生率の低下を招く」と分析している。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見たセステルティウス

    今に始まったことでは無く、少子化問題は2000年以上の古代ローマ時代にもあったようである。アウグストゥスは紀元前18年に「ユリウス正式婚姻法」を施行した。現代の考え方とは違って既婚女性の福祉を図るというより、結婚していない場合様々な不利益を被らせるというものであった。すなわち女性の場合、独身で子供がいないまま50歳をむかえると遺産の相続権を失う、さらに5万セステルティウス(現在の約700万円)以上の資産を持つことが出来ない、又独身税というのもあって2万セステルティウス(現在の約280万円)以上の資産を持つ独身女性は、年齢に関わらず毎年収入の1パーセントを徴収された。男性の場合にも元老院議員等の要職につく場合既婚者を優遇し、さらに子供の数が多いほうが出世が早い制度を作っていた。それがために中には売春婦と偽装結婚してまで法の目を潜り抜けようとした者もいたという。いずれにしてもこの少子化のいう問題は社会が成熟してくると起きてくる問題だったようではある。少子化 フレッシュアイペディアより)

  • 少子化

    少子化から見た開発途上国

    20世紀の後半以後、感染症の予防法と治療法の確立、生活習慣病の予防法と治療法の確立、臓器の機能不全を代替する人工臓器や臓器移植の医療技術の確立は、先進国だけでなく、開発途上国にも低開発国にも普及し、先進国では大部分の国が合計特殊出生率が2人未満になり、開発途上国でも2人未満の国や2人台が大部分になり、低開発国でも20世紀前半の先進国よりも低くなっている。少子化 フレッシュアイペディアより)

161件中 81 - 90件表示

「少子化対策」のニューストピックワード