285件中 111 - 120件表示
  • なかもとみゆき

    なかもとみゆきから見た少年院少年院

    同年、奈良少年院・奈良少年刑務所に山吹草太とともに慰問公演。なかもとみゆき フレッシュアイペディアより)

  • 出口辰夫

    出口辰夫から見た少年院少年院

    このころから、喧嘩三昧の生活を送るようになり、愚連隊の世界に入っていった。少年院で、井上喜人と知り合い、兄弟分となった。出口辰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 激!!極虎一家

    激!!極虎一家から見た少年院少年院

    ド田舎に住む虎は修学旅行で東京を訪れ、そこで極政一家と遭遇する。学帽政に敗れた虎は、その男気に惚れ網走極等少年院(通称「極少」)へ極政一家を追い、そこで様々な騒動を起こす。激!!極虎一家 フレッシュアイペディアより)

  • 虎尾山

    虎尾山から見た少年院少年院

    2015年(平成27年)9月29日、虎尾山の記念碑のそばで、伊勢市内の高校に通う3年生の女子生徒が包丁で胸を刺されて殺され、高校3年の男子生徒が逮捕される事件が起こった。加害者の男子生徒は被害者から殺害を依頼されたと供述しており、嘱託殺人の可能性があると報じられた。津地方検察庁による3か月の鑑定留置の末、地検は男子生徒の刑事責任を問えると判断し、嘱託殺人の非行内容で津家庭裁判所へ送致し、家裁は少年院送致を2016年(平成28年)5月13日に決定した。虎尾山 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンキー塾へ行く

    ヤンキー塾へ行くから見た少年院少年院

    益垣中学では危険人物として知られていた男。歯並びが悪くいつも指を噛んでいる。少年院から帰った後に恨みを持っていた碇石を襲撃した。周囲の武器を容赦無く相手の頭に振り下ろす非道さで宇都宮に重傷を負わせた。助けに入った碇石をハンマーで何度も殴り付けるも彼の気迫に気圧され、最後は「ごめん」と言い残して敗北する。ヤンキー塾へ行く フレッシュアイペディアより)

  • 千葉紘子

    千葉紘子から見た少年院少年院

    山脇学園短期大学卒業時に中学校教員免許を取得しており、歌手活動に加え、少年の育成にも携わっている。1983年に法務省の篤志面接委員、1990年には保護司に就任し、全国各地の少年院などを慰問や院生のカウンセリングを行っている。2002年には瀬戸山賞、その他法務大臣表彰を6回受けている。また、2003年には矯正協会副会長と東京家庭裁判所家事調停委員に就任している。千葉紘子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤昇

    安藤昇から見た少年院少年院

    15歳で感化院に、18歳で多摩少年院に収監されるなど、荒れた少年時代を送った。予科練の試験に合格し恩赦で少年院を退院、三重海軍航空隊に入隊後海軍飛行予科練習生へ配属。1945年(昭和20年)6月、神奈川県久里浜の伏龍特攻隊に志願し配属が叶い生死を伴う苛酷な訓練を受けるも、2ヶ月後に終戦となり、除隊。1946年(昭和21年)、法政大学予科に入学するが、翌1947年(昭和22年)退学し、仲間達と共に愚連隊(不良青少年グループ)を作った。安藤昇 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城少年院

    赤城少年院から見た少年院少年院

    赤城少年院(あかぎしょうねんいん)は、群馬県前橋市上大屋町に所在する東京矯正管区所属の男子少年院である。比較的処遇期間の長い者が収容されている。赤城少年院 フレッシュアイペディアより)

  • アルヴィン・バーク・ジュニア

    アルヴィン・バーク・ジュニアから見た少年院少年院

    プロレスデビュー前は不良であり15歳の時に武装強盗で少年院に6ヶ月半送致された。その後も再び武装強盗と誘拐の容疑で16歳ながら大人として刑罰を受け9年6か月の間刑務所に服役していた。服役期間は9年6か月だが、服役中の態度によっては刑期が最長18年となる重い判決であった(以前、この関係で日本をはじめ、一部の国で入国が難しいと自身で語っていた)。出所後の2002年にプロレスデビュー。アントニオ・バンクスのリングネームでCCWやXWAなどの団体でヘビー級王座を勝ち取った。また、TNAのPPVなどでも試合をした。アルヴィン・バーク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 家族狩り

    家族狩りから見た少年院少年院

    長女(第2子)。物語の開始時点ではすでに石倉鉄哉と家庭を持ち、母親になっている。兄の死以来、家庭を顧みない馬見原の態度を責め、非行に走る。息苦しく育てられていた勲男の死は自殺であると考えている。暴走族と付き合い、対立するグループの少年を正当防衛的形ではあるが刺して怪我をさせ少年院に送られる。その後更生し、暴走族時代から交際している石倉と結婚し娘の碧子(みどりこ)を授かる。母となって以来、昔の事件の被害者側が碧子に対し復讐をするかも知れないと心配し、神経質になっている。游子は非行時代の担当者で、更生後も連絡を取り合う仲である。家族狩り フレッシュアイペディアより)

285件中 111 - 120件表示

「少年院」のニューストピックワード

  • 自分の役をやるのも不思議な気分ですが、精いっぱい頑張ります!

  • デザイナー 渋井直人の休日

  • 光石研さんをうまく振り回すことができるのか…