285件中 11 - 20件表示
  • ろくでなしBLUES

    ろくでなしBLUESから見た少年院少年院

    三迫工業高校の頭。ブラウンシュガーとの抗争の中、当時真冬の彼氏だった武士の策略にはまり、警察の目の前で武士の右目を殴ったために少年院行きとなった。出所後、留守を任せていたナオトが喧嘩に負けた事を知って激怒し、彼に徹底的な制裁を加える。その後、真冬への報復と太尊への敵対心のために舎弟を率いて帝拳高校を襲撃。電話線を断ち切った上で勝嗣らを始めとする生徒、更にはマサさんにまでも暴行を加える。その後、賢徳寺にて武士の墓の前にいる真冬を仲間と共に痛めつけ復讐を果たそうとするも襲撃時には不在だった太尊、輪島、浜田の3人が駆けつけたことにより阻止された。最後は太尊との一騎討ちとなり、彼の止めの一撃によって武士の墓に頭を叩きつけられてKOされた。極悪卑劣なその性格もさることながら、大橋・勝嗣を全く問題にせず太尊とも互角の勝負を繰り広げるなど喧嘩に関してもかなりの強さを誇る。また、敗北を何よりも嫌う。ろくでなしBLUES フレッシュアイペディアより)

  • スクール☆ウォーズ

    スクール☆ウォーズから見た少年院少年院

    少年院上がりの不良。賢治を暴力で激高させて即刻クビにさせるという作戦を企む。父を北海道の炭鉱での落盤事故で失っており、母は水商売として働いている一方、亮が問題を起こす度に警察にもらい下げるの連続で心底うんざりしている。「乱世会」という暴力団まで背後に付け、賢治たちと抗争を繰り広げた。しかし、賢治が彼を必死に更生させようと苦心する姿に徐々に心動かされ始め、賢治に武器を持って決闘を挑むが敗北。「俺、ラグビーやっときゃよかったかな……」と改心した。卒業式の日には、賢治にブランデーを置いて去って行った。卒業後はトラックドライバーに。社会人ラグビーチーム「浜っ子クラブ」に入る。卒業後は温和な性格となっており、大三郎を刺した犯人に殴りかかった清川を制止している。12月11日生まれ。スクール☆ウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • スケバン刑事 (ドラマ第1作)

    スケバン刑事 (ドラマ第1作)から見た少年院少年院

    関東北少年院に送られていた時、少年院を訪れた暗闇指令と神恭一郎から、一度だけ特命を受け、刑事となる事を引き受ける。その後、退学処分となった鷹ノ羽学園に舞い戻り、サキの父である夫・俊也殺しの罪を着せられた母親ナツの死刑の無期延期を条件に以後スケバン刑事となった。武器は桜の代紋が入った重合金のヨーヨー。左利きである理由は、少年院での仲間のリンチにより、右手の骨を潰された事が原因である。カワサキ・GPZ250に搭乗している。スケバン刑事 (ドラマ第1作) フレッシュアイペディアより)

  • 田原総一朗

    田原総一朗から見た少年院少年院

    「出発(その1)〜少年院をでたMの場合」、少年院で撮影してくれる少年を探したがなかなかみつからず、ようやく見つけた少年を、スタッフの安田哲男が保証人になって退院させた。田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ松本

    ゴルゴ松本から見た少年院少年院

    2011年からボランティアで少年院での「命の授業」と題した活動を始め、メディアにもたびたび取り上げられるようになる。2015年にはこの活動をまとめた著書『あっ!命の授業』を出版。ゴルゴ松本 フレッシュアイペディアより)

  • 石元太一

    石元太一から見た特別少年院少年院

    東京都世田谷区出身(出生は東京・浅草)、世田谷区立烏山中学校卒業、16歳から「関東連合」系の暴走族「千歳台ブラックエンペラー(構成員3名)」の総長(第16代目)を担い、10代の時期の大半を少年鑑別所や中等少年院、ならびに特別少年院などで過ごした。父親は暴力団組員であった。10代で非行の道に走って以降、「関東連合」にあって、「現役」と呼ばれる世代の中心として抗争や「関東連合」絡みのトラブルに関わってゆくこととなった。石元太一 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸連続児童殺傷事件

    神戸連続児童殺傷事件から見た中等少年院少年院

    成人の刑事裁判と異なり、少年審判は非公開であり、審判の内容は公開されず、審判の結果も公開されないか報道されない事例が大部分であり、多くの人々に注目された事件の審判の結果(初等少年院、中等少年院、医療少年院への送致など)が公開され報道される程度であるが、この事件は人々からの注目度が著しく高かったので、家庭裁判所は例外的に精神鑑定の結果を公開した。神戸連続児童殺傷事件 フレッシュアイペディアより)

  • ライフ (漫画)

    ライフ (漫画)から見た少年院少年院

    その後は入院生活を続けていたが、病室でとあるニュースを目にしたことがきっかけで病院を抜け出し歩と再会。自身を警察に告訴するよう依頼する。最終回では、歩の告訴により少年院に送致され、歩の言葉を励みに更生の道を歩み始めた。ライフ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 桂才賀

    桂才賀から見た少年院少年院

    少年院などへの慰問活動の際の共通の話題づくりのためにと自動車やバイクのレースに興味を持ち、国内B級、国内A級のライセンス、公式審判員の資格も取得。富士スピードウェイでの「富士フレッシュマンレース」(のち「富士チャンピオンレース」)の審判員を務めたこともある。桂才賀 フレッシュアイペディアより)

  • 女子高生コンクリート詰め殺人事件

    女子高生コンクリート詰め殺人事件から見た少年院少年院

    警視庁少年二課・綾瀬署は4月1日付で、A・B両名を東京地方検察庁に送検し、盗みなどの容疑で少年院に収容されていた当時17歳の無職少年ら3人も犯行に加わっていたとみて、3人の逮捕状を請求して取り調べ、うち1人を逮捕した。女子高生コンクリート詰め殺人事件 フレッシュアイペディアより)

285件中 11 - 20件表示

「少年院」のニューストピックワード

  • ゆっくりゆっくり休んでね

  • 只々心から感謝しています

  • Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020