229件中 41 - 50件表示
  • 安藤昇

    安藤昇から見た少年院少年院

    15歳で感化院に、18歳で多摩少年院に収監されるなど、荒れた少年時代を送った。予科練の試験に合格し恩赦で少年院を退院、三重海軍航空隊に入隊後海軍飛行予科練習生へ配属。1945年(昭和20年)6月、神奈川県久里浜の伏龍特攻隊に志願し配属が叶い生死を伴う苛酷な訓練を受けるも、2ヶ月後に終戦となり、除隊。1946年(昭和21年)、法政大学に入学するが、翌1947年(昭和22年)退学し、仲間達と共に愚連隊(不良青少年グループ)を作った。安藤昇 フレッシュアイペディアより)

  • 一瞬の夏

    一瞬の夏から見た少年院少年院

    大和武士は岡山県の少年院で本作品を読み、ボクサーになることを決意した。一瞬の夏 フレッシュアイペディアより)

  • 喜連川温泉

    喜連川温泉から見た少年院少年院

    日帰り入浴施設は以下4軒ある(早乙女温泉を除く)。「きつれがわ」は最初の温泉併設の道の駅である。温泉スタンドも存在する。なお、「喜連川少年院」にも温泉が供給されているという。喜連川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • カスケーズ女子工場

    カスケーズ女子工場から見た少年院少年院

    その後も、カスケーズ女子工場の敷地は、少年院や感染症の隔離病院、さらには、1888年からは産婦人科病院の機能も追加され、使用されてきたが、カスケーズ女子工場の産婦人科病棟は1896年に閉鎖された。カスケーズ女子工場 フレッシュアイペディアより)

  • 準少年保護手続

    準少年保護手続から見た少年院少年院

    保護観察所、児童自立支援施設、児童養護施設又は少年院の長は、保護処分の継続中の者について、保護処分の取消事由があることを疑うに足りる資料を発見したときは、その旨の通知をしなければならない(同条3項)。準少年保護手続 フレッシュアイペディアより)

  • 熱笑!! 花沢高校

    熱笑!! 花沢高校から見た少年院少年院

    天界を倒した後、自首して少年院に収容されるが、自分たちを称える人々の声援を聞き「漢の花道」と言わしめられるほど成長した。熱笑!! 花沢高校 フレッシュアイペディアより)

  • シンデレラは眠らない

    シンデレラは眠らないから見た少年院少年院

    一方、父親を刺殺して少年院送りの犯歴がある剛の過去を抹消させて秘書室長に祭り上げた、剛の中学の同級生で愛人でもある営業企画室長の小池理香子は、影で剛と共謀してレンブラントの乗っ取りを進めていた。剛は都と婚約する事でレンブラントを乗っ取ろうとしていたが、瑶子の登場で計画が狂い始め、やがて剛と瑶子は次第に互いの孤独を分かち合い、柴や都の反発を押し切って急遽結婚する事になった。シンデレラは眠らない フレッシュアイペディアより)

  • 島秋人

    島秋人から見た特別少年院少年院

    1934年、現在の北朝鮮で生まれた。父親は旧満州(現在の中国東北部)や朝鮮で警察官をしていたが、その経歴ゆえに戦後公職追放の憂き目に会い、母親も結核に罹患したうえに栄養失調で死亡し貧しい暮らしをしていた。自身も脳膜炎や蓄膿症、中耳炎など複数の病気に罹患し、それゆえ学業成績も不良であった。中学校卒業後、職業を転々とし強盗殺人未遂事件といった刑法犯を重ねるなど非行少年となり、特別少年院送致となり20歳まで収容されていた。少年院退院後、頭痛が続くことから労働意欲がなくなり刑務所に入る為に雨宿りした空き家を放火し懲役4年の判決を受けて服役、しかし刑務所で「ヒステリー性性格異常」と診断され医療刑務所から出所したのは1958年10月であったが、そのまま翌年2月まで精神病院に入院した。島秋人 フレッシュアイペディアより)

  • 脳みそプルン!

    脳みそプルン!から見た少年院少年院

    石井先生の幼い息子。乳児ながら妄想が激しく、物事を悪い方にばかり考える。後に不良化し、改造三輪車を乗り回したりミルクを飲んで酔っ払ったりした。途中から保育園に預けられるが、少年院と勘違いしていた。脳みそプルン! フレッシュアイペディアより)

  • 大津市障害児暴行致死事件

    大津市障害児暴行致死事件から見た少年院少年院

    2001年(平成13年)8月、母親がAとBと保護者計5人を相手どって9500万円(訴訟中に1億円に修正)の損害賠償を求めて提訴。2003年(平成15年)6月26日、少年院を出たAとBが和解協議の席に出席して初めて遺族に直接謝罪。同年7月3日、計6000万円支払うことで和解成立。大津市障害児暴行致死事件 フレッシュアイペディアより)

229件中 41 - 50件表示

「少年院」のニューストピックワード