285件中 61 - 70件表示
  • 高校生首切り殺人事件

    高校生首切り殺人事件から見た初等少年院少年院

    Aは初等少年院を出所したのち、進学して大学院を修了し弁護士となった。一方、被害者遺族は精神を病み家庭崩壊寸前の状態に陥っていた。Aの父親は、Bの遺族に対し和解金計720万円を毎月2万円ずつ支払うとの示談書を交わしていたが、40万円ほどを払って以降は支払いを滞らせ、1998年に死亡した際には680万円が未払いのままであった。高校生首切り殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 草加事件

    草加事件から見た少年院少年院

    逮捕された5人は少年審判で犯行を否認したが、浦和家庭裁判所は同年9月、5人を初等・中等少年院へ送致し、1人を児童相談所に送るという保護処分を出した。少年らは抗告したが東京高等裁判所は抗告を棄却、最高裁判所も1989年7月に再抗告を棄却し、同処分が確定した。草加事件 フレッシュアイペディアより)

  • マイ・ルーム

    マイ・ルームから見た少年院少年院

    美容師のリーはレーサーだった夫と離婚後、女手ひとつで2人の子どもを育てている。ある日、もうすぐ18歳で反抗期の長男ハンクが家を放火して全焼。住む家を失ったリーは次男チャーリーと少年院(病院と呼んでいる)から一時保釈されたハンクを連れて、20年ぶりに家族そろってフロリダの実家へ。ベッシーは寝たきりで痴呆状態の父マーヴィンと叔母ルースの面倒をみて、結婚もしていない。そんな家族を見捨て、家出したリーとの間には複雑な感情がある。母を嫌い、反抗的だったハンクだが、ベッシーの誠実な優しさに次第に心を開いていく。骨髄移植の検査を受けることを拒否していたが、主治医のウォーリー医師の検査で母と弟が不適合だと知り、自分も検査を受ける。リーはベッシーとハンクの信頼関係に嫉妬を感じ、姉妹はお互いの感情をぶつけあうが、やがて打ち解ける。ベッシーは自分の初恋を語り、リーは姉のかつらを洒落た髪形にカットした。一家はディズニー・ワールドへ。リーは感情に任せて、いつまでも母より父を慕うハンクに、父親があなたを虐待したことが離婚の理由だったと明かす。ベッシーが発作に襲われて吐血。その晩、ハンクはベッシーに置き手紙を残して家出。母の自分ではなく、姉に宛てられた息子の手紙を見たリーは姉に心配をかけまいと手紙を隠す。ハンクが戻ってきた。「黙っていなくならないように」と注意すると「分かった」という。医師のウォーリーから電話があり、残念ながらハンクも不適合と告げた。死の不安を越えて和解した家族は父の部屋に集まる。ベッシーは父を喜ばせるためにいつもやっているように、太陽を鏡に反射させ壁に光を舞わせる。その光の中で、家族は新しい絆を見つけていく。マイ・ルーム フレッシュアイペディアより)

  • シンデレラは眠らない

    シンデレラは眠らないから見た少年院少年院

    一方、父親を刺殺して少年院送りの犯歴がある剛の過去を抹消させて秘書室長に祭り上げた、剛の中学の同級生で愛人でもある営業企画室長の小池理香子は、影で剛と共謀してレンブラントの乗っ取りを進めていた。剛は都と婚約する事でレンブラントを乗っ取ろうとしていたが、瑶子の登場で計画が狂い始め、やがて剛と瑶子は次第に互いの孤独を分かち合い、紫や都の反発を押し切って急遽結婚する事になった。シンデレラは眠らない フレッシュアイペディアより)

  • 大竹市強盗殺人事件

    大竹市強盗殺人事件から見た少年院少年院

    1964年1月17日、広島家庭裁判所より中等少年院送致の処分が下される。大竹市強盗殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • ガラスの牙

    ガラスの牙から見た少年院少年院

    コミュニティFMのDJとしての顔も持つ保護司が、少年院の収監少年のためのパッケージ番組を作っている、という実話のドラマ化である。ガラスの牙 フレッシュアイペディアより)

  • 守護天使 (小説)

    守護天使 (小説)から見た少年院少年院

    横浜の最強愚連隊「外道会」の会長。アイドルとみまがうばかりの美貌を持つホストだが、その本性は女を食い物にして金を巻き上げる外道。元締めであるヤクザに納める上納金の調達に追われており、そのためならどんな汚い手段も厭わない。かつて麻美と付き合っていたが悪行が祟って少年院に入れられており、警察に密告した麻美を憎んでいる。守護天使 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • カイミロア (砲艦)

    カイミロア (砲艦)から見た少年院少年院

    1887年3月28日就役、乗員の内24名は少年院に収容されていたハワイ人の若者をわずか1ヶ月の訓練で養成したものであった。少年院には音楽が更生プログラムとして設けられていたことから軍楽隊を兼ねる者もあり、少年院出身でロイヤル・ハワイアン・バンドに所属するチャールズ・パリカプ・カレイコア(Charles Palikapu Kaleikoa)がリーダーとなった。艦長にはジョージ・E・ グレズリー・ジャクソン大佐(George E. Gresley Jackson)が就任した。カイミロア (砲艦) フレッシュアイペディアより)

  • カール・パンズラム

    カール・パンズラムから見た少年院少年院

    1891年にミネソタ州でドイツ系移民の子に生まれ、貧しい農場の一家で育った。12歳から住居不法侵入や窃盗で2度少年院に送られており、反抗的な態度で体罰が絶えなかった。さらに少年院を出て放浪中の14歳のとき浮浪者たちの集団強姦に遭うなどの経験から、「力こそ正義」の世界に向けた怒りと憎しみを募らせていったという。16歳で年齢を偽って陸軍に入隊しているが、入隊早々に命令不服従を繰り返して営倉送りとなり、最終的には衣服類や金の襟ボタンを盗んで脱走しようとした容疑により入隊からわずか数カ月で軍法会議へ送致され、当時の陸軍長官ウィリアム・H・タフトに3年の懲役を言い渡されている。それから13年後、パンズラムはコネティカット州ニューヘイヴンのタフトの邸宅に押し入り、4万ドル相当の宝石と国債を盗み出して一矢報いている。カール・パンズラム フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜少年院

    岐阜少年院から見た少年院少年院

    岐阜少年院(ぎふしょうねんいん)とは、岐阜県各務原市各務にかつて存在した初等・中等少年院である。1986年に廃止された。岐阜少年院 フレッシュアイペディアより)

285件中 61 - 70件表示

「少年院」のニューストピックワード

  • 足腰の体力がある限り続けたい

  • 切れ味勝負の馬だから

  • 変わりなく来ている。新馬からいいところのあった馬で、伸びしろはあると思う