229件中 61 - 70件表示
  • カール・パンズラム

    カール・パンズラムから見た少年院少年院

    1891年にミネソタ州でドイツ系移民の子に生まれ、貧しい農場の一家で育った。12歳から住居不法侵入や窃盗で2度少年院に送られており、反抗的な態度で体罰が絶えなかった。さらに少年院を出て放浪中の14歳のとき浮浪者たちの集団強姦に遭うなどの経験から、「力こそ正義」の世界に向けた怒りと憎しみを募らせていったという。16歳で年齢を偽って陸軍に入隊しているが、入隊早々に命令不服従を繰り返して営倉送りとなり、最終的には衣服類や金の襟ボタンを盗んで脱走しようとした容疑により入隊からわずか数カ月で軍法会議へ送致され、当時の陸軍長官ウィリアム・H・タフトに3年の懲役を言い渡されている。それから13年後、パンズラムはコネティカット州ニューヘイヴンのタフトの邸宅に押し入り、4万ドル相当の宝石と国債を盗み出して一矢報いている。カール・パンズラム フレッシュアイペディアより)

  • スウェットパンツ

    スウェットパンツから見た少年院少年院

    刑務所や少年院、少年鑑別所ではかつての囚人服に代わって活用。スウェットパンツ フレッシュアイペディアより)

  • 桂才賀

    桂才賀から見た少年院少年院

    全国の刑務所、拘置所、少年院への慰問活動を積極的に行っていることで有名である。もともとは、笑点メンバー時代の1983年に妻の実家のある沖縄県の沖縄少年院に慰問に行ったのが最初で、その後北海少年院、久里浜少年院と慰問に訪れるが、この3つの少年院の院長が偶然にも同一人物(人事異動で沖縄→北海道→久里浜と転勤していた)だったという縁もあり、久里浜少年院の慰問の際に篤志面接委員の委嘱を受けて承諾。以後、少年院はもちろん、少年院で関係を持った職員達が刑務所や拘置所に異動したこともありそちらへの慰問も行うようになっていく。桂才賀 フレッシュアイペディアより)

  • ギャング・オブ・ニューヨーク

    ギャング・オブ・ニューヨークから見た少年院少年院

    1846年、"ネイティブ・アメリカンズ"と"デッド・ラビッツ"の抗争は熾烈を極め、ついにファイブ・ポインツを利権を賭けて最後の戦いが始まる。壮絶な戦いの末、"デッド・ラビッツ"のリーダーであり、少年・アムステルダムの父親でもあったヴァロン神父が"ネイティブ・アメリカンズ"のリーダー、ビル・ザ・ブッチャーに殺され、抗争は"ネイティブ・アメリカンズ"の勝利に終わった。アムステルダムも捉えられ、少年院に投獄されてしまう。監獄の中、アムステルダムは一人、ビル・ザ・ブッチャーへの復讐を誓った。ギャング・オブ・ニューヨーク フレッシュアイペディアより)

  • 千葉紘子

    千葉紘子から見た少年院少年院

    山脇学園短期大学卒業時に中学校教員免許を取得しており、歌手活動に加え、少年の育成にも携わっている。1983年に法務省の篤志面接委員、1990年には保護司に就任し、全国各地の少年院などを慰問や院生のカウンセリングを行っている。2002年には瀬戸山賞、その他法務大臣表彰を6回受けている。また、2003年には矯正協会副会長と東京家庭裁判所家事調停委員に就任している。千葉紘子 フレッシュアイペディアより)

  • 矯正局

    矯正局から見た少年院少年院

    矯正局は、刑事施設(刑務所・少年刑務所・拘置所)・少年施設(少年院・少年鑑別所)・婦人補導院の管理監督及び被収容者の処遇方法の調査研究を行う組織である。矯正局 フレッシュアイペディアより)

  • ガラスの牙

    ガラスの牙から見た少年院少年院

    コミュニティFMのDJとしての顔も持つ保護司が、少年院の収監少年のためのパッケージ番組を作っている、という実話のドラマ化である。ガラスの牙 フレッシュアイペディアより)

  • 脱走

    脱走から見た少年院少年院

    日本では刑務所や留置場からの脱獄は逃走罪となり最高1年の懲役、手錠や収容房を破壊しての脱走は加重逃走罪となり最低3ヶ月最高5年の懲役に処される(刑法第97・98条)。また、少年院等に関しては、少年院法第十四条にて連れ戻しに関しての規定が定められている。なお、2011年に少年院から鉄格子を切断して脱走した少年の例では、建造物損壊罪の容疑で指名手配が行われた例がある。脱走 フレッシュアイペディアより)

  • ソデクソ

    ソデクソから見た少年院少年院

    1966年、マルセイユにて創業した。企業の社員食堂の運営、病院や学校の給食、病院内の食堂、学生食堂のほか、軍事施設(駐屯地や基地)、矯正施設(刑務所、少年院、拘置所など)内のフードサービスの運営を手がけることが特徴である。こうしたサービスの提供を足がかりに、人材派遣、訓練、機器のメンテナンスなどのマネジメントサービスへも進出している。ソデクソ フレッシュアイペディアより)

  • アルヴィン・バーク・ジュニア

    アルヴィン・バーク・ジュニアから見た少年院少年院

    プロレスデビュー前は不良であり15歳の時に武装強盗で少年院に6ヶ月半送致された。その後も再び武装強盗と誘拐の容疑で16歳ながら大人として刑罰を受け9年6か月の間刑務所に服役していた。服役期間は9年6か月だが、服役中の態度によっては刑期が最長18年となる重い判決であった(以前、この関係で日本をはじめ、一部の国で入国が難しいと自身で語っていた)。出所後の2002年にプロレスデビュー。アントニオ・バンクスのリングネームでCCWやXWAなどの団体でヘビー級王座を勝ち取った。また、TNAのPPVなどでも試合をした。アルヴィン・バーク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

229件中 61 - 70件表示

「少年院」のニューストピックワード