285件中 71 - 80件表示
  • 暴力追放青森県民会議

    暴力追放青森県民会議から見た少年院少年院

    電話や面接等の相談内容により、警察、弁護士会、刑務所、少年院、鑑別所、保護観察所、保護司会等と連携して暴力団から離脱するための支援を実施。暴力追放青森県民会議 フレッシュアイペディアより)

  • ホゴカン 熱血保護司・村雨晃司の事件簿

    ホゴカン 熱血保護司・村雨晃司の事件簿から見た少年院少年院

    少年院を出て晃司の工房で見習いとして職人の道を歩んでいた青年。ある日の夜、晃司の工房に強盗に入った、昔の仲間の喜多川に強盗の手助けを誘われるが固辞し、止めに入ってもみ合ううちに刺されて死亡してしまう。ホゴカン 熱血保護司・村雨晃司の事件簿 フレッシュアイペディアより)

  • カインの末裔 (映画)

    カインの末裔 (映画)から見た医療少年院少年院

    医療少年院で孤独な10年間を過ごした棟方(渡辺一志)は、貨物列車で石灰石が運び込むための電子部品を組み立てる小さな工場へたどり着く。牧師の松村(田口トモロヲ)、従業員の毛(古田新太)、下請け工場主の妻(内田春菊)、松村の娘ゆかり(楊サチエ)、善良そうな人間に潜む醜さや当たり前の日常を支える不条理が次々と浮き彫りになっていく中、テレビリモコン型改造拳銃の製造という秘密の仕事を命じられた棟方。彼によって生み落とされたピストルは、この町の歯車を狂わせていく。カインの末裔 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 山形マット死事件

    山形マット死事件から見た少年院少年院

    だが、その後児童相談所に送致された1人を除く6人の生徒は、犯行自供を撤回し、犯行の否認やアリバイの主張をし始めた。これに対して1993年8月23日、山形家庭裁判所は、逮捕された上級生3人に対し、刑事訴訟における無罪に相当する非行なしを理由とする不処分の決定をした。一方、補導された同級生3人に対しては同年9月14日、2人に初等少年院送致、1人に教護院送致の保護処分が決定された。これに対し3人は処分取り消しを求め仙台高等裁判所に特別抗告するが、「アリバイは認められない」として抗告は棄却された。それに対し最高裁判所へ再抗告もしたが、再び棄却された。山形マット死事件 フレッシュアイペディアより)

  • エル・ヘフェ

    エル・ヘフェから見た少年院少年院

    覚せい剤と偽札の所持で少年院に服役していたことがあり、その少年院でドラムのエリック・サンディンと出会う。エル・ヘフェ フレッシュアイペディアより)

  • 訓練所

    訓練所から見た少年院少年院

    少年院 - 職業訓練を実施する技能訓練所訓練所 フレッシュアイペディアより)

  • とべない翼

    とべない翼から見た少年院少年院

    一人の高校生が経済的な事情から窃盗事件を起こし、少年鑑別所を経て少年院に送致され、様々な人物に出会い、ものの見方や捉え方が変化/成長していく様を描いた作品。とべない翼 フレッシュアイペディアより)

  • 東松山都幾川河川敷少年殺害事件

    東松山都幾川河川敷少年殺害事件から見た少年院少年院

    Bは甲とは別の定時制高等学校に在籍していたが、少年院に送致される事件を起こしていた。少年院退院後にカラーギャングに参加し、高校は甲の通っていた県立高校に転校した。母親が元暴走族で覚せい剤取締法違反での逮捕歴もある。弟のDを含め兄弟はすべて異父兄弟で、両親がいないことが多く祖父母が兄弟を育てていた。幼少期から他人の家に上がり込み、冷蔵庫の中を物色するなどしていたという。小学校高学年ころから、友人宅のゲーム機を盗むことや万引きを行うようになり、中学2年あたりから、喫煙やゲームセンターで同じ中学生に「金持ってんの?」などと脅して現金を巻き上げようとする行為を行ったり、バイクを盗んで乗り回すといった非行を繰り返すようになったといい、当時同居していた母親の交際相手からは「あまり早く帰ってくるな」といわれていたとされる。東松山都幾川河川敷少年殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 熱笑!! 花沢高校

    熱笑!! 花沢高校から見た少年院少年院

    最終決戦で北大阪の虎"頭(ヘッド)"の天界君土を倒した後、自首して少年院に収容されるが、自分たちを称える人々の声援を聞き「漢の花道」と言わしめられるほど成長した。熱笑!! 花沢高校 フレッシュアイペディアより)

  • 相続廃除

    相続廃除から見た少年院少年院

    家庭裁判所はこの申立てに対し慎重に審議する傾向にあり、実際に相続廃除が認められた事例はそれほど多くない。また、相続廃除は遺言で行うことも可能であるが(民法893条)、推定相続人が異議申立てをすると認められない場合がほとんどであり、推定相続人が一切の異議を申し立てないか、重大な犯罪行為を犯して刑務所や少年院などの更正施設に収容されているようなことがなければ、相続権が剥奪されることは稀である。相続廃除 フレッシュアイペディアより)

285件中 71 - 80件表示

「少年院」のニューストピックワード