229件中 71 - 80件表示
  • 又野誠治

    又野誠治から見た少年院少年院

    米軍基地に勤務するイタリア人の父親と日本人の母親の間に生まれた。高校時代に暴力事件を起こし少年院に入る。出所後上京し、文学座に加わる。1983年にテレビドラマ『太陽にほえろ!』8代目新人刑事役の座を掴みレギュラー出演。同じ山口県出身ということもあり、松田優作を意識した演技が見られる。実際『太陽にほえろ!』出演当初にはジーパン刑事との類似性が話題になった。だが他の新人刑事のようにブレイクのきっかけを掴むまでには至らず、『太陽-』終了後は刑事ドラマの凶悪犯役やVシネマでの活動を主としていた。又野誠治 フレッシュアイペディアより)

  • 守護天使 (小説)

    守護天使 (小説)から見た少年院少年院

    横浜の最強愚連隊「外道会」の会長。アイドルとみまがうばかりの美貌を持つホストだが、その本性は女を食い物にして金を巻き上げる外道。元締めであるヤクザに納める上納金の調達に追われており、そのためならどんな汚い手段も厭わない。かつて麻美と付き合っていたが悪行が祟って少年院に入れられており、警察に密告した麻美を憎んでいる。守護天使 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 綾瀬母子殺人事件

    綾瀬母子殺人事件から見た少年院少年院

    1989年5月16日、検察官は、Aは主導的立場の殺人実行犯と見なして逆送致による刑事処分、Bは従属的立場の殺人実行犯と見なして長期の少年院送致、Cは従属的立場の幇助犯と見なして短期の少年院送致が適切な処遇であるとの意見を付けて、3人を家庭裁判所に送致し、3人の身柄は警察の留置場から少年鑑別所に移管された。綾瀬母子殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • サード (映画)

    サード (映画)から見た少年院少年院

    関東朝日少年院の鉄格子の中で、少年達は朝早くから点呼、掃除、食事、探索等の日課を黙々とこなす。高校野球の三塁手として活躍した妹尾新次、通称サードもその少年達の一人であった。少年達が待ちこがれる社会福祉団体SBCがやってくる。3か月に一度やって来るこの日だけが、若い女性に接する事ができるのである。SBCとのソフトボールの試合中、一人の少年が院に送られてくる。サードの仕事仲間で数学IIBだけが取得の、IIBと呼ばれている少年である。ある日、農場で一人の少年が逃走した。誰とも口をきかなかった、緘黙と呼ばれる少年である。その騒ぎにまぎれて院の生活になじめないIIBも逃走を図るが、やがて連れ戻される。サードはそんなIIBを殴り倒す。走っていくならどこまでも走れと、無言で語るサードの表情には、確固とした決意が読みとれた。サードの頭の中に在るのは夢。ここへ護送される途中に垣間見た祭りの町を、走り抜けることであった。彼が「九月の町」と名付けたその町は、彼が少年から大人へと成長するときに、彷徨しながら通りすぎる青春だった。サード (映画) フレッシュアイペディアより)

  • カインの末裔 (映画)

    カインの末裔 (映画)から見た医療少年院少年院

    医療少年院で孤独な10年間を過ごした棟方(渡辺一志)は、貨物列車で石灰石が運び込まれるように電子部品を組み立てる小さな工場へたどり着く。牧師の松村(田口トモロヲ)、従業員の毛(古田新太)、下請け工場主の妻(内田春菊)、松村の娘ゆかり(楊サチエ)、善良そうな人間に潜む醜さや当たり前の日常を支える不条理が次々と浮き彫りになっていく中、テレビリモコン型改造拳銃の製造という秘密の仕事を命じられた棟方。彼によって生み落とされたピストルは、この町の歯車を狂わせていく。カインの末裔 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ショートパンツ

    ショートパンツから見た女子少年院少年院

    TPOに合わせて多種多様なものが存在するが、夏季用の衣服として用いられる場合が多い。また動きやすさを活かして、子供服や、体操着などのスポーツウェア、女子刑務所・女子少年院の制服にも多く採用されている。ショートパンツ フレッシュアイペディアより)

  • 水谷川優子

    水谷川優子から見た少年院少年院

    東京都生まれ。指揮者で日本の交響楽団の祖であった祖父・近衛秀麿の遺志により6歳からチェロを始める。19歳でアレクサンダー・シュナイダーによりニューヨーク・ストリング・セミナーに招聘され、カーネギー・ホール、ワシントンセンターなどで演奏。過去にザルツブルク室内楽弦楽団、ザルツブルク・ゾリスデン首席奏者を務めた。独奏及び室内楽でヨーロッパ各地の音楽祭へ出演する傍ら、日本国内でも2003年より本格的に公演活動を開始。カザルスホール、王子ホール、サントリーホール、紀尾井ホールなどでのリサイタルや欧州からの共演者と室内楽公演を行なっている。少年院、障害者福祉施設、ホスピスなどでの演奏会における福祉活動が評価され、2002年より財団法人倶進会からの助成を受けている。現在は日本と欧州に拠点を持つ。水谷川優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小野直広

    小野直広から見た少年院少年院

    1954年4月 法務省に心理職として採用。矯正施設(少年院・少年鑑別所・矯正研修所など)に勤務小野直広 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥会事件

    飛鳥会事件から見た少年院少年院

    大阪府高槻市の被差別部落に生まれ育った小西邦彦は少年院や刑務所を経て山口組系金田組組長金田三俊のボディガード兼運転手になったが、上田卓三の後ろ盾を得て、1969年6月、飛鳥支部第1回定期大会で部落解放同盟大阪府連飛鳥支部の支部長に選出された。支部長就任の動機について、2006年10月6日の大阪地裁における小西邦彦の初公判の検察側冒頭陳述では「同和問題が大きな社会問題となっていたことから、暴力団構成員よりも金もうけがしやすく、絶大な権力が手に入るなどと考え」たためであると指摘された。当時小西は、酒梅組の元組員である西成支部長と共に部落解放同盟行動隊の双璧の強腕とされていた。飛鳥会事件 フレッシュアイペディアより)

  • ギャングスターズ 明日へのタッチダウン

    ギャングスターズ 明日へのタッチダウンから見た少年院少年院

    アメリカ合衆国のとある少年院。ここに収監されている少年ギャングたちは、出所後もその大半が再び犯罪に手を染めるか、抗争によって命を落とすかといった悲惨な更生状況であった。保護観察官のショーン・ポーターはそんな現状を打開すべく、更生プログラムとして少年院内でアメリカン・フットボールチームを結成する。当初チーム内は対立ばかりであったが、練習を通じて次第に結束力を高めることに成功する。しかし、出場した高校リーグで大惨敗を喫してしまったメンバーは、フットボールへの熱意を失いかけるも、ショーンの呼びかけによって再び闘志を燃やすのであった。ギャングスターズ 明日へのタッチダウン フレッシュアイペディアより)

229件中 71 - 80件表示

「少年院」のニューストピックワード