285件中 81 - 90件表示
  • ほずにゃむ

    ほずにゃむから見た少年院少年院

    ところが高校中退直後の時期、彼に逮捕状が出ていることを知るに至り、同棲生活の舞台であった部屋を引き払い、友人宅に潜伏しながらふたりきりでの逃走を企てていたところ、あえなく彼が逮捕され、2年間の少年院送致と5年間の国外退去処分、計7年間もの“島流し”が確定するに至る。ほずにゃむ フレッシュアイペディアより)

  • 人違いバラバラ殺人事件

    人違いバラバラ殺人事件から見た少年院少年院

    その女性(以下A子、出会った当時は19歳)とは1950年頃、Fの地元の山梨県塩山市(現在の甲州市)のダンスホールで出会った。A子の優しさゆえの親交をFは自分に対して好意を持っていると勘違いした。そのためA子の両親に結婚を前提にした交際を申し入れた。しかしFは地元では職業を転々として定職につかず窃盗の前科があり少年院にいたことが知れ渡っていた。そのためA子の両親は「定職がなければ認める訳にはいかない」と婉曲的に断っていた。しかしFは定職に就けば許してもらえると都合よく解釈し上京した。しかし生来の性分のためか仕事を転々として長続きせず、1年後の1953年7月に再びA子の両親の前に現れたが、そのような状況ではFの申し出を許すはずも無かった。そのためA子の両親は結婚は無理だと断り、A子を埼玉県に住む姉のもとに避難させた。またA子もFに対してうんざりしていた。人違いバラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 矯正 (法学)

    矯正 (法学)から見た少年院少年院

    日本での矯正施設には、刑務所、少年刑務所、拘置所、少年院、少年鑑別所及び婦人補導院が含まれる。矯正 (法学) フレッシュアイペディアより)

  • ソウル20人連続殺人事件

    ソウル20人連続殺人事件から見た少年院少年院

    犯人は韓国全羅北道生まれの男ユ・ヨンチョルで、中学1年生の時(14歳)に父を亡くし、中学卒業後は工業高校に進学したが、高校2年生の時に窃盗事件を起こして少年院送致となり高校を中退、それ以来転落人生を歩むことになった。ソウル20人連続殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • コゼット

    コゼットから見た少年院少年院

    本名:ガブリエル・ラスコー。1834年生まれの浮浪児。サン・ジュリアン・ル・ボーヴル教会の近くで生まれ育った。父親は囚人(すでに逝去)、母親はミミ・ラスコー。祖母はアカダラケ伯爵夫人。ラ・プティット・ロケット監獄(=現代日本でいうところの少年院)に収容されたことがある。10歳の時の事件が原因で鼻を骨折、今も鼻が曲がっている。コゼット フレッシュアイペディアより)

  • 嫌われ松子の一生

    嫌われ松子の一生から見た少年院少年院

    幼い頃に父親が不審な死を遂げており、母の手ひとつで育てられた。血の繋がりがない妹がいる。人となじめない性格で仲間から外れて行動していた。中学生のころには、問題児の烙印をおされ、修学旅行のときに、松子が教師の座を追われる原因となった窃盗事件を起こす。家にきて白状するよう促した松子に対してシラをきり、松子が脅迫してきたと学校に通報する(これが原因で松子は職を追われる)。その後は傷害事件を起こし少年院に入り、出所後は東京で覚せい剤の密売をするなど、極道を歩む。一方で密売の現場を押さえられたことから、スパイとして厚生省の麻薬取締役官(池谷)に報告を入れ、自らも覚せい剤を使用していた。組長の愛人が行きつけていた美容室「あかね」で松子と偶然再会、自分が松子をとても愛していることを告げ同棲生活をはじめるが、松子に覚せい剤の密売をしていることを突き止められ、気絶するまで暴力をふるってしまう。それでも自分と過ごすことを選んだ松子に心を動かされ、密売から足を洗う決意をするが、スパイであることが組織にばれ、追われる身となる。殺される寸前で警察につかまることで組織から逃れることはできたが、出所を待っていた松子の一途さに恐ろしさを感じ、松子から離れる。心の弱さから再び覚せい剤に手を染め、妄想の中、人生を狂わせた張本人である田所文夫を殺害、14年間服役する。面会に訪れた田所の孫娘の言葉に戸惑いを覚えるも、聖書に書かれていた言葉の真意を、教誨(刑務所の宗教教育)の牧師に諭され、田所の孫娘や松子に神が宿っていたことを悟る。出所後は松子を探し、人生を狂わせたことへ謝罪をするため、内田あかねを通して、沢村めぐみに会うが、松子が住んでいる場所を突き止めることはできなかった。最終章では被告人の初公判を笙とともに傍聴している。嫌われ松子の一生 フレッシュアイペディアより)

  • 脱走

    脱走から見た少年院少年院

    日本では刑務所や留置場からの脱獄は逃走罪となり最高1年の懲役、手錠や収容房を破壊しての脱走は加重逃走罪となり最低3ヶ月最高5年の懲役に処される(刑法第97・98条)。また、少年院等に関しては、少年院法第十四条にて連れ戻しに関しての規定が定められている。なお、2011年に少年院から鉄格子を切断して脱走した少年の例では、建造物損壊罪の容疑で指名手配が行われた例がある。脱走 フレッシュアイペディアより)

  • 喜連川温泉

    喜連川温泉から見た少年院少年院

    喜連川城跡を中心に、温泉施設が点在している。もとは丘陵地帯に位置する農村のため、観光客目当ての旅館街や歓楽街は形成されていない。「喜連川少年院」にも温泉が供給されているという。喜連川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 中津少年学院

    中津少年学院から見た少年院少年院

    中津少年学院(なかつしょうねんがくいん)は、大分県中津市にある法務省矯正局の福岡矯正管区に属する少年院である。初等・中等・特別・医療少年院の機能を有する。中津少年学院 フレッシュアイペディアより)

  • 京都医療少年院

    京都医療少年院から見た少年院少年院

    京都医療少年院(きょうといりょうしょうねんいん)は、京都府宇治市にある法務省矯正局に属する少年院。全国に5箇所ある第三種少年院(旧称・医療少年院)の1つである。定員は144名。医療法上の病院である。京都医療少年院 フレッシュアイペディアより)

285件中 81 - 90件表示

「少年院」のニューストピックワード