前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 少年院

    少年院から見た家庭裁判所

    少年院(しょうねんいん)は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容するための施設(少年院法1条)。懲役や禁錮の言い渡しを受けた16歳に満たない者のうち、少年院での矯正教育が有効と認められたものを、16歳に達するまで収容することもできる(同法1条、少年法56条3項)。これを「少年院収容受刑者」という。少年院は警察や裁判所に前歴が残るだけで前科は公に出ない。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た少年法

    少年院(しょうねんいん)は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容するための施設(少年院法1条)。懲役や禁錮の言い渡しを受けた16歳に満たない者のうち、少年院での矯正教育が有効と認められたものを、16歳に達するまで収容することもできる(同法1条、少年法56条3項)。これを「少年院収容受刑者」という。少年院は警察や裁判所に前歴が残るだけで前科は公に出ない。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た法務省

    法務省矯正局が管轄する(少年院法3条)。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た医療

    少年院は、収容者に矯正教育を授ける(同法1条)。少年院の矯正教育は、在院者を社会生活に適応させるため、生活指導、教科(義務教育で必要な教科、必要があれば中等教育及び高等教育に準ずる教科)、職業補導、適当な訓練、医療を授けるものとされている(同法4条)。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た児童自立支援施設

    素行不良の幼少者を収容し、従来の生活環境から切り離して教育を施す施設としては、少年院以外にも児童自立支援施設(旧称・教護院)があるが、児童自立支援施設は、家庭裁判所の保護処分以外にも、知事や児童相談所長といった児童福祉機関による児童福祉法上の措置として入所する場合があるのに対して、少年院は、家庭裁判所の保護処分による入院しか行われない点が異なる。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た矯正教育

    少年院(しょうねんいん)は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容するための施設(少年院法1条)。懲役や禁錮の言い渡しを受けた16歳に満たない者のうち、少年院での矯正教育が有効と認められたものを、16歳に達するまで収容することもできる(同法1条、少年法56条3項)。これを「少年院収容受刑者」という。少年院は警察や裁判所に前歴が残るだけで前科は公に出ない。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た少年保護手続

    少年院(しょうねんいん)は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容するための施設(少年院法1条)。懲役や禁錮の言い渡しを受けた16歳に満たない者のうち、少年院での矯正教育が有効と認められたものを、16歳に達するまで収容することもできる(同法1条、少年法56条3項)。これを「少年院収容受刑者」という。少年院は警察や裁判所に前歴が残るだけで前科は公に出ない。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た中等教育

    少年院は、収容者に矯正教育を授ける(同法1条)。少年院の矯正教育は、在院者を社会生活に適応させるため、生活指導、教科(義務教育で必要な教科、必要があれば中等教育及び高等教育に準ずる教科)、職業補導、適当な訓練、医療を授けるものとされている(同法4条)。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た禁錮

    少年院(しょうねんいん)は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容するための施設(少年院法1条)。懲役や禁錮の言い渡しを受けた16歳に満たない者のうち、少年院での矯正教育が有効と認められたものを、16歳に達するまで収容することもできる(同法1条、少年法56条3項)。これを「少年院収容受刑者」という。少年院は警察や裁判所に前歴が残るだけで前科は公に出ない。少年院 フレッシュアイペディアより)

  • 少年院

    少年院から見た職業

    少年院は、収容者に矯正教育を授ける(同法1条)。少年院の矯正教育は、在院者を社会生活に適応させるため、生活指導、教科(義務教育で必要な教科、必要があれば中等教育及び高等教育に準ずる教科)、職業補導、適当な訓練、医療を授けるものとされている(同法4条)。少年院 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「少年院」のニューストピックワード